2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

2020年・京都(芦生研究林と美山)

2021年1月22日 (金)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -3日目 ・4-

11月13日(金)

ホテル 🚃 → 大原  👟 👟 👟  🚃 → 京都駅 🚄 → 東京駅

 

昼食 @「ゆば泉」

Img_0497

Img_0498

Img_0499

Img_0500

Img_0501

Img_0502

Img_0503

💕 湯葉スープ 湯葉の前菜3種 温湯葉 湯葉と味噌のグラタン 

  湯葉・魚・モミジの天麩羅 ちりめん山椒ご飯 湯葉プリン 温豆乳

 

🚃 →  岩倉具視幽棲旧宅へ

 

岩倉具視幽棲旧宅

Img_0505

Img_0506

Img_0508

遺髪碑

Img_0513

対岳文庫

Img_0515

 

🚃 →  京都駅へ

 

17:13 京都駅発「のぞみ240号」

19:24 東京駅着

 

 

ご夫婦一組 ・友人同士一組(女性)・ 1人参加8名(全員女性)・ 添乗員Sさん (計13名)

コロナがここまでになるとは思いもしなかった頃の旅・・・

 

 

       お仕舞い。

 

2021年1月19日 (火)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -3日目 ・3-

11月13日(金)

ホテル 🚃 → 大原  👟 👟 👟  🚃 → 京都駅 🚄 → 東京駅

 

魚山大原寺(ぎょざんたいげんじ)勝林院

天台声明発祥の寺・・・とか。

Img_0485

 

実行院

勝林院を本堂にいただく僧房の一つ。

Img_0474

契心園(回遊式庭園)

Img_0477

Img_0483

不断桜(初秋から翌年春にかけて花を咲かせる)

Img_0476

Img_0484

編鐘(へんしょう)中国の雅楽で用いられていた音律の基準音を定める楽器

Img_0480

香川県の讃岐石(サヌカイト)で作られた声明を練習するための楽器

Img_0482

 

宝泉院

実光院と同じく勝林院の僧房。

額縁庭園(柱と柱の空間を額に見たてて観賞する)

Img_0489

Img_0488

Img_0490

Img_0491

 

👟 👟 👟 → 大原駐車場へ

 

Img_0492

Img_0495

Img_0496

 

🚃 →  食事処「ゆば泉」へ

 

 

   続く・・・。

 

2021年1月18日 (月)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -3日目 ・2-

11月13日(金)

ホテル 🚃 → 大原  👟 👟 👟  🚃 → 京都駅 🚄 → 東京駅

 

三千院

Img_0446

Img_0448

聚碧園(池泉観賞式庭園)

Img_0451

有清園(池泉回遊式庭園・苔の大海原と紅葉が有名)

Img_0459

Img_0455

Img_0457

Img_0464

Img_0465

往生極楽院(杉木立の中、苔の大海原に浮かぶように建つ)

Img_0460

Img_0463

可愛いお地蔵さま

Img_0469

Img_0470

Img_0471

 

 

👟 👟 👟 → 実光院・宝泉院へ

 

Img_0473

 

 

     続く・・・。

 

2021年1月16日 (土)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -3日目 ・1-

11月13日(金)

ホテル 🚃 → 大原  👟 👟 👟  🚃 → 京都駅 🚄 → 東京駅


朝食(洋食?

Img_0418

 

🚃 大原へ

 

大原は高野川の上流、比叡山の北西麓に位置する山里。

Img_0421

Img_0420

 

寂光院

天台宗の尼寺。

聖徳太子が父・用明天皇の菩提を弔うために推古2年(594年) 創建。

Img_0426

Img_0432

2000年5月9日、火災により本堂焼失。

(2005年再建

Img_0440

回廊式庭園

Img_0436

Img_0433

千年姫小松(樹齢千年 火災により枯れ死

Img_0438

諸行無常の鐘楼

Img_0439001

雪見灯籠(豊臣秀吉寄進

Img_0434

狐雲(茶室

Img_0442

 

Img_0441

 

👟 👟 👟 → 大原女の径を歩いて三千院へ

 

Img_0445

Img_0444

 

 

        続く・・・。

 

2021年1月 6日 (水)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -2日目 ・3-

11月12日(木)

ホテル 🚃美山・芦生の森  👟 👟 👟  🚃ホテル

 

 青空トイレを済ませ、再びハイキングスタート~ 💨 💨 💨

 

* 大カツラ保存木(研究林のシンボル的巨木

(樹高38.5m 胸高直径3.4m

Img_0379

着生木と呼ばれ、なんと約13種類の木々・植物が着生している。

(春には山桜の花が咲くそうで、木々が芽吹く春から新緑の頃の姿を見てみたいなあ ・゚♡゚・・゚♡゚・

Img_0373

Img_0378

 ↓ ガイドの高御堂さん(左)と三船さん(右)

Img_0376

下谷と上谷が合流して由良川源流となるところを眼下に見て・・

Img_0386

紅葉の林の中を進む。

Img_0389 

Img_0392

Img_0396

長治谷作業所に到着!

Img_0401

ご褒美に(?)美山牛乳をいただく。

Img_0399

マイクロバスに乗り・・

Img_0402

河鹿荘に到着。

靴についた泥を洗い落とし、殺菌スプレーをかけて(入域前も)研究林ハイキング終了!

Img_0404

 

🚃 京都市内へ

 

夕食 @ホテル内「桃李」

Img_0408

Img_0409

Img_0410

Img_0412

Img_0414

Img_0415

Img_0416

 *.(๓´͈ ˘ `͈๓).* 

冷菜3種 湯葉とエノキのスープ 白身魚の蒸し物 イカのオイスター炒め

豚肉甘酢炒め 中国粥 杏仁豆腐  (ビール 紹興酒 桂花酒 白酒...etc 飲み放題!

 

 

    おやすみ~(-ω-)Zzzz...。oо○...。oо○...。oо○

 

 

2021年1月 5日 (火)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -2日目 ・2-

  ◆ 11月12日(木)

ホテル 🚃美山・芦生の森  👟 👟 👟  🚃ホテル

 

👟 👟 👟 青空トイレを済ませ、再びハイキングスタート~ 💨 💨 💨


Img_0356

毒のある植物(バイケイソウなどなど)は鹿も食べないとか・・・

Img_0350

(沢?)を渡る。

(ヤマメがいるぞ!

Img_0351

Img_0352

トチノキ平保存林

Img_0354

Img_0353 

Img_0358

再び川(沢?)を渡り・・

Img_0360

宮の森へ。

Img_0365 

Img_0366

スギやトチノキの巨木・・

Img_0369

Img_0370

(ツキノワグマ)に樹皮を剥がれた木々・・

Img_0362

Img_0390

Img_0391

 

 

   続く・・・。

 

2020年12月24日 (木)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -2日目 ・1-

11月12日(木)

ホテル 🚃美山・芦生の森  👟 👟 👟  🚃ホテル

 

朝食

Img_0317

 

🚃 → 美山芦生の森へ

 

国道162号線(昨日と同じ道)を北上 🚃 💨💨💨

真っ直ぐ伸びた北山杉に朝靄がかかる。

Img_0320

Img_0321

美山自然文化村・河鹿荘到着。

専用のマイクロバスに乗り換え、クネクネ道を1時間10分。

芦生研究林(京都大学フィールド科学教育センター森林ステーション芦生研究林)については → こちら

Img_0322001

芦生研究林・下谷林道コースの出発点ケヤキ峠(標高780m)到着。

Img_0325

Img_0323

コースの説明を受け、準備体操をしハイキングスタート!

ケヤキ峠 👟 👟 👟  トチノキ平保存林 👟 👟 👟  大カツラ 👟 👟 👟  長治谷作業所  🚃  芦生 🚃  美山自然文化村

(歩行距離・約4km 標高差・約150m 歩行時間・約4時間

Img_0326

Img_0327

Img_0332

熊がいるそうで ↓ 熊対策のため木の幹にテープが巻かれている。

Img_0328

Img_0333

ウリハカエデ・コミネカエデ・ハウチワカエデ・テツカエデ・イタヤカエデ...etc

サルナシ・ツルアジサイ・キハダ・ミズネ・ブナ...etc

紅葉の仕組み ・・ なるほど~

Img_0339

Img_0330

Img_0336

Img_0338

キノコ...いろいろ

Img_0329

Img_0387

Img_0337 

Img_0517_20201208145701

Img_0340

Img_0344

Img_0343

 

 

昼食

Img_0346

*.(๓´͈ ˘ `͈๓).* 

地元食材のお弁当 (鹿肉コロッケ 鹿肉のしぐれ煮 鮎の甘露煮 焼き魚 卵焼き  

Img_0349

ガイドの三船さん(右)と高御堂(左・たかみどう)さん

Img_0348

 

 

 

   続く・・・。

 

 

2020年12月22日 (火)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -1日目 ・2-

11月11日(水)

東京駅 🚄 → 京都駅 🚃 → 美山 👟 👟 👟  🚃 → 京都市内 🏢*からすま京都ホテル*  

 

夕暮れ迫るころホテル到着。

Img_0299

 

夕食前に「錦市場」へ。

Img_0306 

Img_0302

Img_0304

地域クーポンでお漬物、湯葉を購入。

変に土産物屋っぽい店が多くなり、京都市民の台所という昔ながら風情はあまりない。

昔ながらの店は6時には店を閉め始める。

 

夕食 @ホテル内「入舟」

Img_0307

Img_0309

Img_0310

Img_0311

Img_0312

Img_0313

Img_0315

Img_0316

   *.(๓´͈ ˘ `͈๓).* 

Img_0308001

 

 

 

  おやすみ~(-ω-)Zzzz...。oо○...。oо○...。oо○


 

 

2020年12月21日 (月)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -1日目 ・1-

11月11日(水)

東京駅 🚄 → 京都駅 🚃 → 美山 👟 👟 👟  🚃 → 京都市内 🏢*からすま京都ホテル*  


8:00 東京駅発「のぞみ207号」

10:15 京都駅着

 

🚃 →  美山かやぶきの里へ(約1時間半

 

国道162号線で北へ向かう。

周山街道(若狭と京都を結ぶ西の鯖街道)の入り口高尾から京都府の中部に位置する南丹市に入る。

 

昼食 @旅館いそべ

Img_0260

Img_0254

*.(๓´͈ ˘ `͈๓).* 

地鶏鍋 湯葉刺し 天ぷら...etc

 

👟 👟 👟 美山かやぶきの里散策スタート

美山「北」集落の50戸のうち39棟が茅葺き屋根で、

(ひな壇状の土地に茅葺き屋根の民家が建ち並び、懐かしい日本の原風景そのものである。

国の重要伝統的建造物保存地区に選定(1993年12月) された。

現在は約100人ほどの人々が暮らす静かな集落・・

古くは鯖街道の一本が通っており行商の人々で賑わっていた。

(が、、、今は観光客で賑わっている。

Img_0263

Img_0266

茅葺き屋根は20年に1回は葺き替えが必要で、その費用は800万~1000万円かかるとか・・・。

国から80%の補助があるそうだが大変な額である。

 

美山民族資料館(築200年

母屋、納屋、蔵の3棟からなる典型的な北山型の建物。

Img_0272

Img_0274

Img_0276

Img_0278

Img_0279

北山型屋根の特徴

①入母屋造り

②板壁・建具は板戸

③屋根に千木(ちぎ)と雪割りを乗せる

 千木は「馬乗り」、雪割りは「烏(からす)どまり」とも呼ばれる。

Img_0280001

 

防火用放水銃(62基設置

普段は三角屋根の格納庫に収納されており、電力を使わず水圧で稼働する。

年2回(5月20日と12月1日)点検のため一斉放水される。

一斉放水の様子は → こちら

Img_0267_20201217152901

Img_0270_20201217151801

 

ちいさな藍美術館(築220年

藍染作家の新道弘之氏が私設美術館として2005年に開館。

Img_0290

1階藍染作業場

藍染め液の寿命は約3か月とのことだった。

Img_0289

2階の屋根裏部分には世界の藍染めコレクションが展示されている。

Img_0286

Img_0282

Img_0287

Img_0283

Img_0284

 

知井八幡神社(創建1071年。現在の本殿は1767年再建

知井九ヶ村の総社として祀られている。

本殿には細かい彫刻が施されており、京都指定文化財になっている。

Img_0292

 

静かな集落をゆっくり散策しながらバスへ。

Img_0273

Img_0291

Img_0296

Img_0295

Img_0294

 

 

🚃 →  同じ道を京都市内へ



   続く・・・。

 

その他のカテゴリー

o(`ω´*)oワンッ♪ ぶらサライ サライの徒然(過去ブログ) 過去の旅 2004年・南インド 2005年・香格里拉・麗江 2006年・イエメン 2006年・青蔵鉄道(チベット) 2007年・イラン 2007年・少数民族(中国・ベトナム国境) 2008年・シリア・ヨルダン 2009年・バングラデシュ 2009年・フェルガナ(ウズベキスタン) 2010年・キプロス 2010年・モンゴル 2011年・イスラエル(1) 2011年・イスラエル(2) 2011年・シチリア 2012年・スイス(1) 2012年・スイス(2) 2012年・2013年・2016年・広島 2013年バルト三国(1) 2013年・バルト三国(2) 2013年・バルト三国(3) 2014年・ギリシャ(1) 2014年・ギリシャ(2) 2014年・九州 2014年・京都 2015年・北イタリア-ドロミテ・チェルビニア(1) 2015年・北イタリア‐ドロミテ・チェルビニア(2) 2015年・北イタリア‐ドロミテ・チェルビニア(3) 2016年・ブルガリア(1) 2016年・ブルガリア(2) 2016年・国東半島 2016年・高岡 2017年・ロシア(1) 2017年・ロシア(2) 2017年・瀬戸内アート巡り 2018年・ポーランド(1) 2018年・ポーランド(2) 2018年・高野山 2019年・ピレネーとバスク(1) 2019年・ピレネーとバスク(2) 2019年・ピレネーとバスク(3) 2019年・ピレネーとバスク(4) 2019年・下田 2019年・熊野古道(伊勢路) 2020年・京都(芦生研究林と美山)