2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

2019年・ピレネーとバスク(3)

2019年8月 2日 (金)

ピレネー と バスク地方 - 7目 (3)-

6月6日(木)

 🚌 サン・セバスチャン  → サン・ファン・デ・ガステルガチェ  👟 👟 👟  🚌 → ビルバオ  👟 👟 👟 

 

バス 🚌 でビルバオ市内に戻り、グッゲンハイム美術館前の広場で下車。

 

Img_8842

グッゲンハイム美術館のパピー (ジェフ・クーンズ作 高さ12m、重さ15t

シドニー現代美術館に展示されていた作品を、

グッゲンハイム財団がビルバオのグッゲンハイム美術館のために買い取り展示。

スティールの骨組みに土を詰め込み花を植え、

水遣りは内部に取り付けられた散水機によって定期的にされている。

時々、庭師がきて伸びすぎたところを剪定(ワンコだからトリミング?)するそう。

(花の植え替えは5月と10月、必要日数10日間 Σ(゚Д゚)ヒャーーー 必要経費10万€ \(◎o◎)/!

Img_8839

Img_8841

グッゲンハイム美術館(1997年開館・フランク・ゲーリー設計)

独特の外観は鯨がモチーフ・・

バスク地方は西洋式商業捕鯨発祥の地だそうで、この地に相応しいデザインとなっている。

Img_8843

Img_8992

翌日の観覧予約をする人のために正面入り口から入場。

モダンアートなのでちょっと?????というさんのアドバイス(?)に従い予約せず。

(後で聞いたところによると、「やっぱりちょっとねぇ、、、だった」とのことだった。

 

川沿いを歩きホテルへ。

Img_8848

Img_8837

 

🏢 BARCERO NERVION

Img_8971

Img_8972

 

部屋で暫し休憩の後、市街散策。

Img_8849

Img_8850

Img_8854

Img_8857

  ↓ バスク旗

イクリニャ(イクリーニャ)と呼ばれ、赤はバスク人、緑はゲルニカの樫の木、白は神を表す。

Img_8855

Img_8858

Img_8856

 

夕食

Img_8868 

Img_8869 

Img_8870

Img_8871  

Img_8872

💕 スープ 💕 サラダ(野菜たっぷり🎵) 💕 肉料理 💕 バスク(チーズ)ケーキ

 

やれやれ、今日もよく歩いたなぁ~ ~ ~ (;^ω^) ( ̄▽ ̄;)

Img_8865

 

 

     Buenas noches! Gabon!  (-。-)y-゜゜゜💤 💤 💤

 

2019年7月31日 (水)

ピレネー と バスク地方 - 7日目 (2)-

6月6日(木)

 🚌 サン・セバスチャン  → サン・ファン・デ・ガステルガチェ  👟 👟 👟  🚌 → ビルバオ  👟 👟 👟 

 

スペイン・バスクの中心都市ビルバオ到着~( ^ω^)・・・🎵

Img_8808

Img_8809

 

昼食 @ビルバオ

Img_8805

Img_8806

Img_8807

💕 サラダ 💕 パプリカ肉詰め(?) 💕 ライスプディング

 

ビルバオ = ビルボ

Img_8816

ビルバオ → スペイン語で「浅瀬」

ビルボ → バスク語で「2つの川沿い」 別名・ボーチョ「穴」

19世紀、産業革命で鉄鋼業で発展したが、その後、重工業は衰退・・

アートによる再生 → 観光業へとシフトし、工業都市から文化芸術都市へ。

Img_8846

 

小高い丘の上にある公園からビルバオの町を俯瞰 ・・

(ツインタワーは磯崎新氏設計

Img_8812

赤いゲートの橋の向こうに前衛的建築のグッゲンハイム美術館・・

Img_8814

 

 🚌 → ゲッチョ地区(ドッグだったエリア)

Img_8828

Img_8826

 

ビスカヤ橋(160m)

ネルビオン川に架かる世界最古(1893年建造)の運搬橋で、

ポルトゥガレテ地区とゲチョ地区を結んでいる。

Img_8819

ワイヤーで吊り下げられたゴンドラが、対岸のポルトゥガレテ地区からゆるゆると進んでくる。

Img_8823

Img_8824

到着したゴンドラに乗り込みポルトゥガレテ地区へ。

近くで見ると、ワイヤーはずいぶん細い・・ が、心配ご無用 👊

内戦時(1937年)を除いて崩壊したことがないそうだ。

Img_8831

  ゴンドラの中は ↓ こんな感じ

Img_8835

ポルトゥガレテの乗降場付近をぶらぶらし、次のゴンドラでゲチョ地区へ。

Img_8834

Img_8829

 

 

   続く・・・。

 

2019年7月30日 (火)

ピレネー と バスク地方 - 7日目 (1)-

6月6日(木)

 🚌 サン・セバスチャン  → サン・ファン・デ・ガステルガチェ  👟 👟 👟  🚌 → ビルバオ  👟 👟 👟 

 

   Hola!Kaixo!  

 

朝早く目が覚めたので散歩に出る。

ホテル前の道を渡り、

ウルメア川(源流はナバーラ州北部でビスケー湾に流れ込む )に架かる橋を渡り・・

Img_8765

振り向くとホテルが見える。

Img_8766

Img_8767

 

気持ち良い散歩の後、 朝食を美味しくいただく( ^ω^)・・・🎵

Img_8769

 

 🚌 サン・ファン・デ・ガステルガチェへ (約120km

 

Img_8770

Img_8771

 

サン・ファン・デ・ガステルガチェ へのスタート地点 Urizarreta 到着。

Img_8773

ビスケー湾に浮かぶ岩の島に建つ小さな礼拝堂・・

(バスク語で、ファン = ヨハネ  ガステル = 城 ガチェ = 岩

小さなモン・サン・ミッシェルと呼ばれるように、

小さな万里の長城 (?) のような道が造られる前は満潮時、島と本土は完全に分離されていた。

9世紀、修行の地として修道士が渡り、12世紀には女子修道院(テンプル女子騎士団)となった。

現在の礼拝堂は、難破船で生き残った船員たちによる奉納物を収蔵。

(漁業の無事を祈る礼拝堂とか・・・

Img_8775

石畳の山道を行き、  

Img_8779

階段(240段あまり・・段数は諸説あり)を登り、

Img_8795

Img_8781

   ↓ メンテナンス中

Img_8785

Img_8791

Img_8784

礼拝堂に辿り着く。

頂上の礼拝堂の鐘を3回鳴らすと願いが叶うというので、

ご多分に漏れず3回鳴らし「○○○○○○○」を願う。

Img_8788

Img_8793

 

階段を下り石畳を登り切ったところで、

足の長ーーーいスペイン娘が「一緒に写真を撮って🎵」と声をかけてくる。

自分たちのスマホでも撮り、お互いに見せ合って大笑いしている。

nihonjin asi mijikaine 🎵とでも言ってたのかな?

Img_8801

 

二股に分かれている展望台の分岐点も迷わず Urizarreta に戻り、

🍴 Eneperi のテラス席で島を眺めながら (。´・_・`)フゥ~ 一休みする。

Img_8803

 

 

 🚌 → ビルバオへ (約25km

 

 

    続く・・・。

 

 

2019年7月28日 (日)

ピレネー と バスク地方 - 6日目 (3)-

6月5日(水

ルルド 🚌 → ラ・モンジ 👟 👟 👟  🚌 → サン・セバスチャン 👟 👟 👟

 

🚌 → サン・セバスチャンへ (約240km

 

Img_8721

Img_8719

 

トイレ休憩したドライブインに Basque の文字・・

此処はフレンチバスク?スペインバスク?

とりあえず   Kaixo!

Img_8722 

初めてスタバを見る。

それも、、、、アイスコーヒー (゜o ゜)???  ですか?

Img_8723

 

🚌 はさらに走り・・ 

 

Img_8725

 

    Hola!

 

サン・セバスチャン (人口約20万人

Img_8727

サン・セバスチャンはバスク語で 💠ドノスティア。

(バスク語はロマンス語系。現在、約60万人の人が話す。

ビスケー湾の真珠 と称される高級リゾート地で、

中世(19世紀、ハプスブルグ家の王妃マリア・クリスティーナの保養地)より栄える。

 

🏢 SILKEN AMARA PLAZA

Img_8768_20190802085301

 

👟 👟 👟 → ホテルに荷物を置き旧市街へ。

Img_8731

この通りをまっすぐ行き・・

Img_8734

コンチャ湾に出る。

(コンチャ = 貝殻  大西洋のビスケー湾に面している。

Img_8735

ブエン・パストール・カテドラル

Img_8736

サンタマリア教会

Img_8737

Img_8738

違う通りに出ると・・

Img_8739

また教会、、、、、

もう何が何だか、今どこにいるのか・・ 分からないーーー  (~_~;)

Img_8741

Img_8742

通りの両側には、お土産屋さんやバルが並んでおり・・

Img_8734

Img_8740

何処に入っていいのやら、、、、、

Nさん(添乗員)について、とあるバルに入る。

Img_8743

Img_8745

たくさん並んだピンチョス・・

どれも美味しそうで (@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪. 選ぶのも一苦労 。

とりあえず指差して2品もらい、チャコリで乾杯~  ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

(チャコリ・・バスク地方土着のブドウ品種を使用したフルーティで爽やかな酸味の発泡白ワイン

Img_8746

Img_8749

注文の要領が分かったので次の店に移動し、

タコのなんとかとシシトウみたいなのを頼んで再びチャコリで乾杯~  ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

どの店も狭く、なにしろ騒々しい ・・ (。´・_・`)フゥ~=3. 

ほろ酔い気分になったところで、お店を覗きながらホテルまで歩いて帰る。

Img_8751

Img_8753 

 

まだまだ空は明るいが・・・

Img_8754

 

Img_8729

 

 

     Buenas noches! Gabon!  (-。-)y-゜゜゜💤 💤 💤

 

2019年7月27日 (土)

ピレネー と バスク地方 - 6日目 (2)-

6月5日(水

ルルド 🚌 → ラ・モンジ 👟  🚌 → サン・セバスチャン 👟

 

風雨 が強くなりスタッフが「全員中に入って!!!」

Img_8685

出入り口に鍵をかけ、ロープウエイも止まる。

Img_8698

下の階にギャラリー・体験スペースetc... があり、レストランが開くまで時間をつぶす。

Img_8691

Img_8692

Img_8694

Img_8696

 

昼食 @ル・ピック2877のパノラマレストラン

Img_8699

Img_8700

Img_8701

Img_8702

Img_8703

Img_8704

     ↓ 日本語のメニュー

Img_8761

💕 食前酒 💕 マスのグラヴラックス(塩漬けしたマスのフィレ・ディルと赤い果実) 

💕 豚背肉薄切り(ハチミツとしょう油のソース)💕 季節の野菜 💕 羊のチーズ 

💕 チョコレートケーキ 💕 ワイン 💕 コーヒー

    ↓ レストランのスタッフ

こんな日(?)に来てくれてありがとう♪ と、食前酒はスタッフからのサービスだった。

今シーズン最初の日本人客だったらしい。

Img_8706

山の上でこんなにオシャレな食事が提供されるなんてフランスはやっぱり違うなあ、、、、

と、ピレネー山脈の大パノラマを展望できなかった残念な気持ちも吹っ飛ぶ

    O・MO・TE・NA・SHI

(O・MO・TE・NA・SHI  は、日本だけの専売特許ではありません!

 

食事が終わるころロープウエイが動き始めたようだ。

(子供たちは何処で食事をしたのかな?

Img_8705

Img_8707

Img_8711

下に行くほど雨粒が大きくなる。

Img_8714

Img_8715

ロバちゃんも雨宿り~

Img_8717

 

 

    続く・・・。

 

2019年7月26日 (金)

ピレネー と バスク地方 - 6日目 (1)-

6月5日(水🌂

ルルド 🚌 → ラ・モンジ 👟  🚌 → サン・セバスチャン 👟

 

   Bonjour!

 


朝食をそれなりにいただいて… Let's go ~

の朝、2泊したルルドよ Au voir À bientôt

 

Img_8656

 

🚌 → ラ・モンジへ (約47km

 

Img_8657

Img_8661

ラ・モンジ(2214m)は ツール・ド・フランス 👤 💨 👤 💨 👤 💨 のコース。

この峠をものすごいスピードで走り抜けるのか、、、、、

Img_8664

Img_8718

 

Шロープウエイに乗り、ピック・ドゥ・ミディ展望台へ

Img_8665

Img_8668

Img_8669

Img_8671

ガスの間からほんの一瞬見えたピレネー山脈

Img_8673

ピック・ドゥ・ミディ展望台(2887m)到着。

Img_8674

有名な(?)空中展望橋(ネットより拝借

3

ガスに煙る橋に足を踏み出す・・

Img_8679

Img_8683

Img_9021

晴れていれば ↓ のような大パノラマ (こちらもネットより拝借

4

6

晴れていたら怖くて展望橋の先まで行けなかったかもしれない・・ ( ゚Д゚) (ノω・、) ブルブル~~~

 

Img_8685

Img_8690

 

 

      続く・・・。

 

 

その他のカテゴリー

o(`ω´*)oワンッ♪ ぶらサライ 過去の旅 2004年・南インド 2005年・香格里拉・麗江 2006年・イエメン 2006年・青蔵鉄道(チベット) 2007年・イラン 2007年・少数民族(中国・ベトナム国境) 2008年・シリア・ヨルダン 2009年・バングラデシュ 2009年・フェルガナ(ウズベキスタン) 2010年・キプロス 2010年・モンゴル 2011年・イスラエル(1) 2011年・イスラエル(2) 2011年・シチリア 2012年・スイス(1) 2012年・スイス(2) 2012年・2013年・2016年・広島 2013年バルト三国(1) 2013年・バルト三国(2) 2013年・バルト三国(3) 2014年・ギリシャ(1) 2014年・ギリシャ(2) 2014年・九州 2014年・京都 2015年…北イタリア-ドロミテ・チェルビニア(1) 2015年・北イタリア‐ドロミテ・チェルビニア(2) 2015年・北イタリア‐ドロミテ・チェルビニア(3) 2016年・ブルガリア(1) 2016年・ブルガリア(2) 2016年・国東半島 2016年・高岡 2017年・ロシア(1) 2017年・ロシア(2) 2017年・瀬戸内アート巡り 2018年・ポーランド(1) 2018年・ポーランド(2) 2018年・高野山 2019年・ピレネーとバスク(1) 2019年・ピレネーとバスク(2) 2019年・ピレネーとバスク(3) 2019年・ピレネーとバスク(4) 2019年・下田