2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

国外旅・ロシア(2)

2017年8月25日 (金)

ロシア世界遺産紀行 - 第9日~10日・其の2 (最終回)-

7月16日(日) cloud sun 24℃

 

モスクワ shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe  → airplane → 成田

 

 

* 昼食 @KORCHMA

Img_6124

Img_6120

Img_6123

Img_6126

delicious サラダ delicious ボルシチ delicious ビーフストロガノフ delicious デニッシュブレッド delicious チャイ

 

→ ボロヴィツカヤ塔より再びクレムリンへ 

Img_6118001

 

* クレムリンの赤い星(直径3m)

1937年のロシア革命20周年を記念して、

トロイツカヤ塔・ボロヴィツカヤ塔・ヴォドヴズヴォドナヤ塔・スパスカヤ塔・ニコリスカヤ塔の先端に、

ウラル山脈から採掘されたルビーで作られた「赤い星」が輝く。

Img_6074

Img_6128007


                              

 

 

← 城壁の先端は独特の形をしており、

  「ツバメの尻尾」と呼ばれている。

 

 

* 武器庫(宝物殿)・ダイヤモンド庫

セキュリティーチェックを受け、武器庫とダイヤモンド庫に入室。

pencil 武器庫

   エカテリーナ2世の赤いドレス エリザヴェータの戴冠式用ドレス 歴代皇帝の王冠

      ダイヤと宝石の玉座 イワン雷帝の象牙の玉座 イワン雷帝の毛皮の帽子

   ピョートル大帝の巨大な衣装とブーツ(いかに大男だったが分かる) 

       総主教の祭服 金の提香炉 福音書ケース 粒パールと宝石の聖像の縁飾り

   馬車 各国からの贈り物 etc... etc........

pencil ダイヤモンド庫

   歴代の皇帝・女帝が集めた宝石の数々 

   エカテリーナ2世の戴冠式の王冠・・ ダイヤモンド5000個・重さ1.9㎏

   王笏のダイヤモンド・・ 189.62㌌

       ルビー サファイア エメラルド 金塊 銀塊 etc... etc......

001

001_2

001_3

003

     ※ カメラ等禁止のため画像はウエッブサイトより拝借

 

へぇ~ w(゚o゚)w ほぉ~ Σ(゚д゚;) Σ(゚□゚(゚□゚*) と、お宝の数々に言葉もない。

で、出口はどこ?

何人か集まったところで 睨みを利かせていた(?) 警備の男性が、おもむろにドアを・・・

 

 

→ モスクワ・シェレメチェヴォ空港へ

 

Img_6133

 

* 19:20 SU262 モスクワ(シェレメチェヴォ空港) 出発

Img_6135

Img_6137
                                                                                                                              

Img_6136

 

Спокойной ночи  (-ω-)Zzzz...。○...。oо○...。oо○ 

 

 

7月17日(月)   

 

Img_6138

 

Img_6139

 

* 10:18 成田 到着    sun 35℃ (暑いーーーーーーーーーーー  coldsweats02

 

 

Cпасибо  ╰(✿´⌣`✿)╯  До свидания 
 
 
Img_6121003


yu-ko
さん(添乗員) お世話になりました。
 
 
 ※ 旅の記録、参考にさせていただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;: :;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:;: :;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
 
 
 
  * お土産
 
Img_6153_3
 
 
 
改めてロシアの凄さ(?)を思い知らされた旅だった。 

2017年8月24日 (木)

ロシア世界遺産紀行 - 第9日~10日・其の1 -

Доброе утро

 

7月16日(日) cloud sun 24℃

 

モスクワ shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe  → airplane → 成田

 

* 朝食を美味しく delicious いただいて、モスクワ市内へ Let's go dash

 

クレムリン

Img_6068

赤レンガの城壁は20個の塔を持つ。

ソ連崩壊後もロシア連邦大統領府が置かれ、ロシアの政治、宗教、文化の中心である。

 pencil 「クレムリン」とは・・

       城壁に囲まれた要塞を意味するロシア語で、ロシアの多くの都市にある。

 

002

 

→ トロイツカヤ(三位一体)塔より入場

Img_6072001

Img_6073



* 元老院(ロシア連邦大統領府)

ドーム屋根にロシア国旗。

Img_6078

 

* イワン大帝の鐘楼 (17世紀・高さ81m)

* 大砲の皇帝 (1586年・重さ40t・一度も使われたことがない)

Img_6079

 

* 鐘の皇帝 (重さ200t)

消火中の冷却でひびが入り、下に落ちた破片は11t。

Img_6082

 

* アルハンゲルスキー聖堂

大天使ミカエルを祀る。

5つのドーム(中央は金色)を持ち、ロシア大公と皇帝の納骨所。

イコノスタスの裏にイワン雷帝と息子のイワンとフョードルの棺がある。

Img_6083

 

* ブラゴベシェンスキー聖堂(受胎告知聖堂)

9つの金色ドームを持つ、イワン大帝の自家用礼拝堂。

Img_6088001

 

* ウスペンスキー大聖堂

かつてのロシア帝国の国教大聖堂。

金色の5つのドーム、外壁にはフレスコ画が描かれている。

Img_6084001

Img_6087003

 

* パトリアーシェ宮殿(総主教の宮殿)

17世紀ロシアの工芸博物館になっており、

総主教の祭服や聖具、ゴブレット(顔は王、体は鶏)、粒パールや宝石の聖母のイコンの冠の飾り

デルフトタイルのストーブ、エカテリーナ2世に贈られた200㎏の銀桶や家具etc... を展示。

* 十二使徒教会

金鍍金した彫刻木で作られたモスクワバロック様式の五段のイコノスタス。

Img_6094

 

 

→ スパスカヤ塔からクレムリンを出て「赤の広場」へ

 

Img_6092002

 

 

赤の広場

Красная площадь(クラースナヤ・プローシシャチ)

聖ワシリー寺院とグム百貨店に囲まれた広場。

ロシア語の「クラースナヤ(赤い)」は「美しい」の意味で、ロマノフ王朝時代から「赤の広場」と呼ばれていた。

 pencil ソ連時代、5月1日のメーデーと11月7日の革命記念日にはパレードが行われていた。

 

* 聖ワシリー寺院

モンゴルとの戦いに勝利した記念として、イワン雷帝により1560年建立。

独特の形、色彩の9つのドームは、それぞれ教会になっている。

Img_6099

Img_6102


中央塔は高さ46m

 

 

 

 

 

 

Img_6104

Img_6106

寺院前には、1612年にモスクワをポーランドから解放したミーニンとポジャルスキーの像。

Img_6101002

 

* グム百貨店

レーニンの命により1921年に開設された国立百貨店。

Img_6098002

Img_6114_2

Img_6111_2

アイスクリームが有名・・

Img_6109_3

Img_6110003

→ ヴァスクレセンスキー門より赤の広場を出る

Img_6116

Img_6117_2


                                

 

 

 ← モスクワの道路の基点標

 
                                

 

                                
 

          続く・・・。

 

2017年8月17日 (木)

ロシア世界遺産紀行 - 第8日・其の3 -

7月15日(土) cloud sun 24℃

 

モスクワ shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe

 

 

モスクワ川 ディナークルーズ

 

ノヴォスパスキー橋そばから乗船し、2時間余りのクルーズ。

ノヴォスパスキー修道院 ~ ヴァダアトヴォードヌィ運河 ~ 結婚式の橋 ~ ピョートル大帝の記念碑

~ トレチャコフ美術館 ~ クルィームスキー橋 ~ 雀が丘でUターン

救世主キリスト大聖堂 ~ クレムリン ~ 赤の広場・聖ワシリー寺院 ~ スターリン様式のアパート etc.....

 

白夜なのでまだまだ明るい。

 

Img_6057

Img_6056                                                          

Img_6053

 

* ピョートル大帝の記念碑(ロシア艦隊300年記念像)

Img_6055_2

 

* 雀が丘(モスクワ大学)

Img_6062


* クレムリン

Img_6058_2

 

* 結婚式の橋

Img_6048_2

Img_6012


 昼間、この橋を渡った。

 結婚式用の写真を撮る花嫁・花婿が何組も・・

 

 

 

 

 

 

 

* 夕食 @船内

Img_6046

Img_6049

Img_6052001

delicious サラダ delicious チキングリルとポテト delicious シュークリーム delicious チャイ

 

 

白夜とは言え、それでもまあ夜も更けて・・

 

Img_6065

 

 

 

Спокойной ночи  (-ω-)Zzzz...。○...。oо○...。oо○ 

2017年8月16日 (水)

ロシア世界遺産紀行 - 第8日・其の2 -

7月15日(土) cloud sun 24℃

 

モスクワ shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe

 

モスクワ大学

モスクワ南東の「雀が丘」に位置する。

1755年、科学者ミハイル・ロモノーソルの建言によって創設された。

  pencil正式名称は「M.V.ロモノーソル・モスクワ国立総合大学」

       1953年完成の超高層(高さ236m)の建物は、「スターリン様式」の代表作。

Img_6007001

                                                                                                                                 

 

* 昼食 @IL YA MUROMEC

入り口でパンと塩の歓迎。

Img_6001001

Img_6002

Img_6003

Img_6004

delicious コールスローサラダ delicious サリャンカ(スープ) delicious ペリメニ(水餃子) delicious ポテトフライ

delicious サワークリームのケーキ delicious チャイ

 

 

トレチャコフ美術館

ロシアの豪商パーヴェル・トレチャコフとセルゲイの兄弟が収集した、18世紀以降の絵画を展示。

入り口にトレチャコフ像。

 pencil 1893年、トレチャコフはコレクションをモスクワ市に寄贈し、自ら館長になり入場無料で開館。

        トレチャコフ死後も収集は続けられ、革命後は国立美術館となる。

Img_6013

 

Img_6016_2 

 ピョートル大帝の姪・アンナ

 祖父・ミハイルロマノフ

 娘・エリザベータ

 孫たち

 エカテリーナ2世

 等々・・

 肖像画がいっぱい

Img_6017

Img_6023 


 「ロプヒナの肖像」 ボロヴィコフスキー作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_6025_2


 「民衆の前に現れたキリスト」 イワーノフ作

    製作に20年。

    画家自身やゴーゴリ―の姿も描かれている。                                   

                                                               

 

 

Img_6030001

 

  「不平等の結婚式」 プーキレス作

   年寄りに嫁がねばならぬ事情・・

    若い花嫁の何とも言えぬ表情・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「プーシキン」 「トルストイ」 「ムソルグスキー」 の肖像画

Img_6024_2

Img_6040_2

Img_6041_2

 

Img_6036_2


 「見知らぬ女」 クルムスコイ作

 

Img_6039


Img_6031_2



 「トロイカ・親方の弟子が水を運ぶ」 

     ペーロフ作

  

 

 

 

「トロイカ」というと・・

♪走れトロイカ~ ほがらーかに 鈴の音高く~ ♪ の陽気なイメージを持っていたので、

この3人の表情に胸が絞めつけられた。

Img_6032_3

元々の「トロイカ」は、金持ちに恋人を奪われた若い馭者の悲しみを歌った哀切な歌・・ という。

「悲しみ・哀切」という言葉を聞き、

トロイカ 🔁 3頭 🔁 3人 が、頭の中でグルグル回り、ますます切なくなったのだった。

 

戦争の絵、サマルカンドやモスクワの風景画 等々・・

10万点を超えるというコレクションに coldsweats02 (Σ((oÅO艸*) wobbly

 

 

* 聖二コラ教会(美術館付属の教会)

イコン「ウラジーミルの聖母」

 pencil 1155年、コンスタンティノープルからキエフに運ばれたとされている。

    12世紀後半にはウラジーミルに移され、1395年以降モスクワで長く崇拝されていた。

       「ウラジーミルの聖母」と呼ばれ、このイコンの力で何度も国の危機を救ったと伝えられている。

    後世修復が加えられ、オリジナルは二人の顔面に残るだけとされている。

12c_vla001_2                                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ※ 撮影禁止のため画像はWEBサイトより

 

 

 

 

       続く・・・。

 

2017年8月15日 (火)

ロシア世界遺産紀行 - 第8日・其の1 -

Доброе утро

 

7月15日(土) cloud sun 24℃

 

モスクワ shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe

 

朝食前、散歩に出る。

ホテル前の道路を渡り、地下歩道を通って鉄道駅へ・・

Img_5957

重厚で端正なリーシスキー駅。

Img_5951

建物を入ってすぐのところに、荷物のエックス線検査と金属探知検査があり・・

(外階段を上り直接プラットホームに・・ のペテロザヴォーツク駅とは大違いである。

当然のことながら、ここから先へ入ることはできない。

Img_5953

奥にチケット確認(?)カウンターらしきものが見える。

Img_5954

なるほどなあ、、、、

駅構内から外に出て振り返ると、高架道路の向こうにホテルが見える。

Img_5958
                                                            

 

* 朝食 delicious (画像なし

 

bus → コローメンスコエへ

 

車窓より・・

Img_5959

Img_5982001

Img_5962001_2

Img_6000001


 ガガーリン像

 「地球は青かった」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コローメンスコエ公園

モスクワの南、モスクワ川沿い広がる345haの緑豊かな自然保護公園。

14~17世紀に歴代のロシア皇帝の離宮があったところ。

 

* スパスキエ門

Img_5965


* 前門(宮殿門)鐘楼

Img_5977

 

* ヴォズネセーニエ教会(主の昇天教会)  

1532年、イワン雷帝の誕生を祝しヴァシーリー3世が建てた教会。

(左は聖ゲオルグ教会と鐘楼。

Img_5974001

八角形の尖塔型屋根を持つ。

石と煉瓦の白が緑の芝生に映え、とても美しい!

Img_5970

 

緑豊かな庭園内には・・

Img_5976

ピョートル大帝が住んだという小屋(アルハンゲリスクより移築)や実物大(2.13m)のピョートル大帝像。

Img_5979001

菩提樹や樹齢700年の樫の木、薬草園がある。

Img_5964

Img_5978

 

 

 ノボデビッチ修道院

16世紀、ヴァシーリー3世の命により建てられた女子修道院。

(ピョートル大帝の3ヶ月だけ妻だった女性や姉も、この修道院に入っていたという。

Img_5986

Img_5988

 

* ウスペンスカヤ教会

赤い壁のモスクワバロック様式。

Img_5992_2


スモレンスキー聖堂と鐘楼は修復中

 

 

 

 

 

Img_5989

ホール内に「ウラジーミルの聖母(複製)」とイコン。

Img_5995

イコン博物館には、イースターエッグ、修道女の持ち物、黒い衣服、17世紀のタイルペチカetc...                              

Img_5994                                                                     

城壁外の湖越しに見るノボデビッチ修道院。

Img_5999

チャイコフスキーは、この湖を散策しながら、「白鳥の湖」の構想を練ったという。

が・・

今では超高層ビルが林立。

Img_5996
                                                                                                                            

 

   続く・・・。

2017年8月12日 (土)

ロシア世界遺産紀行 - 第7日・其の3 -

7月14日(金) cloud sun 23℃

 

スズダリ shoe shoe shoebus → ボゴリューボヴォ shoebus → ウラジミール shoe shoe shoebus → モスクワ

 

* 昼食 @農家レストラン

Img_5911


ユリヤさんのお宅

 

 

 

 

 

Img_5909

Img_5910

Img_5904

Img_5905

Img_5907

Img_5908

delicious サラダ(ピクルス・トマト・キャベツ・ニンジンetc....) delicious キノコとヌードルのスープ 

delicious ポーク・マッシュポテト delicious リンゴのピロシキ delicious ハーブティー delicious リンゴジャム

子供たち(男の子と女の子)がお料理を運んできてくれる。

(ロシア料理・・ どれも美味しくいただけたが、このお昼が一番美味しかった。

 

bus → ボゴリューボヴォへ

 

シベリア鉄道のボゴリューボヴォ駅の跨線橋を渡る。

殆ど列車を見ることはないというが、長い長い長ーーーーーーーーい貨物列車の通過に遭遇。

Photo_2


ウラジオストク方向から・・

 

 

 

 

 

Photo


モスクワ方向へ。

 

 

 

 

 

跨線橋の上から見えるバガリュープスキー公の宮殿と修道院。

Img_5914

Img_5916


遠くに見えるポクロヴァ・ナ・ネルリ教会をめざし、草原の中を20分ほど歩く。

Img_5917

Img_5923

                              

* ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会

(女子修道院で「神様の好きなところ」という意味。

Img_5924001

その優雅なたたずまいから「白鳥の教会」「白衣の花嫁」と称される。

 

bus → ウラジミールへ (モスクワの北東170km)

  pencil 「黄金の環」を代表する町。

    ウラジミール・スズダリ公国の首都として栄えたが、1238年、モンゴル軍によって町は破壊された。

    それ以降、ロシアの支配権はモスクワに移っていった。

 

* ウスペンスキー大聖堂

城門、聖堂とも白い石灰岩でできている。

12世紀、府主教座 がモスクワに移るまではロシアの大聖堂の最高位にあった。

(エカテリーナ2世の寄付により修復。

天井アーチに、アンドレイ・ルブリョフ(ロシアで最も尊敬されるイコン画家)によるフレスコ画「最後の審判」

奇跡を起こした「ウラジミールの聖母」 も、ここに置かれていた。

Img_5930

Img_5931

Img_5935


ウラジミール公の騎馬像

                             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

* 聖ドミトリエフスキー寺院

白い石灰岩の外壁一面に美しいレリーフ。

Img_5937

 

 

bus → モスクワへ

 

Img_5948

 

 

* 夕食 @SUVOROV

Img_5943

Img_5944

Img_5945

delicious シーザーサラダ delicious ポークストロガノフ delicious アプリコットパイ delicious チャイ

 

hotel HOLIDAY INN SUSCEVSKY

Img_5947                                 

 

 

Спокойной ночи  (-ω-)Zzzz...。○...。oо○...。oо○ 

2017年8月 9日 (水)

ロシア世界遺産紀行 - 第7日・其の2 -

7月14日(金) cloud sun 23℃

 

スズダリ shoe shoe shoebus → ボゴリューボヴォ shoebus → ウラジミール shoe shoe shoebus → モスクワ

 

クレムリン(要塞)

カーメンカ川に架かる小橋を渡り・・

Img_5855

城壁内へ。

大主教宮殿(昨夜の夕食レストラン・博物館)

Img_5860

鐘楼で10時の鐘が鳴る。

 

* ラジヂェスト・ヴェンスキー聖堂(聖母生誕)

石灰岩の白い外壁・青地に金の玉葱型ドームが美しい、スズダリで現存する最古の教会。

(下部分のみ13世紀。上部は16世紀。

Img_5858

Img_5863_2


13世紀当時の線刻金象嵌の黄金の門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい聖堂内・・ (13世紀、16世紀、17世紀

Img_5865

Img_5864

Img_5868                               

 

スパソ・エフフィミエフ修道院

城壁に囲まれた要塞のような男子修道院。

(17世紀

Img_5883

Img_5889

 

* ウスペンスカヤ(12使徒)教会

Img_5884001

11時 bell 鐘楼のベルコンサート。

男性が両手足を駆使し、鐘から伸びるロープを操り、、、、 素晴らしい音色 lovely

Img_5887_2

 

* スパソ・プレオブラジェンスキー聖堂

4つの緑色のドームの中心に金色のドーム。

Img_5891                                                  

Img_5892

Img_5893

Img_5896

祭壇前で4人の修道士が讃美歌を歌うのを聞く。

清らかな声、、、、 lovely

Img_5894

 

* 庭園

Img_5898


薬草

ハーブ

カリンカ

リンゴの木 etc....

 

 

 

Img_5874_2

Img_5878

Img_5899

Img_5900

 

* カーメンカ川の向かい側に建つポクロフスキー女子修道院

Img_5881001_2
                                                                                                                              

 

                     続く・・・。

2017年8月 8日 (火)

ロシア世界遺産紀行 - 第7日・其の1 -