2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

国外旅・キプロス

2010年12月25日 (土)

キプロス(2010年11月

成田 ⇔ キプロス

* 11月20日 21:00 成田発 エティハド航空 (アラブ首長国連邦国営機。2010年3月28日成田就航

狭い機内に長時間、何するでなく座っていれば退屈で
(レオさまと渡辺謙の「インセプション」 なんだかわけのわからない映画で、ちっとも面白くなかったです
機内食しか楽しみはありません。

*夕食
821b7181.jpg 和風セットメニュー
 ・鱒寿司・漬物巻き
  ・蒸した春菊と椎茸
  ・鶏肉の照り焼き
  ・人参・椎茸・オクラの煮物
  ・玉子焼き
  ・御飯
  ・大福


*グッドモーニングb02091f3.jpg
 和朝食
 
・オクラ・海草・秋刀魚・蒲鉾
  ・漬物・ほうれん草入り玉子焼き
 ・焼き鯖・揚げ豆腐
  ・蓮根・人参・さやえんどう
 ・御飯
  ・味噌汁
  ・季節のフルーツ


341daceb.jpg アラカルト(AZがチョイス
  ・季節のフルーツ
  ・クロワッサンとジャム
  ・ミックスハーブオムレツ
 ・ポテト・アスパラガス・トマトソース
  ・ヨーグルト

 


11月21日 4:00 アブダビ着 時差-5時間(12時間の飛行

7ba67d10.jpg 




 アブダビ空港



長い乗り継ぎ時間を空港内カフェにて過ごす。

ユーロが使えます。
が、オツリはUAEディルハム (DH) できます。
乗り継ぎ通路の小さな売店でポテトチップス(ハッキリした値段は忘れた)を売っていて
そのオツリで1袋は買えるが2袋には2か3DH足りない・・・
「これだけしかないの。2個OK?」と身振りで示したら
「hou.....」と肩をすくめて2袋渡してくれた。
おまけにレシートまで。
どうなっちゃってるんだか・・・・・


 9:30 アブダビ発

532f114a.jpg

 すっかり中東食





 11:00 キプロス・ラルナカ着 さらに時差-2時間(日本を出てほぼ一日は経っている


さて。
のんびり楽しかった旅も終わり・・・


11月26日 14:30 ラルナカ発 19:30 アブダビ着 +2時間  


     22:00 アブダビ発


11月27日 12:40 成田着 (+5時間

*グッドモーニング
301c58e5.jpg 和朝食
  ・厚焼き玉子・野菜のピクルス
  ・蒸した車海老に胡麻をちらして海草と胡瓜のマリネ
  ・焼き鮭
  ・人参・絹さや
  ・フラグラントライス
 ・味噌汁


425dc904.jpg アラカルト

  ・葉野菜のサラダ
  ・鶏肉のタジン
  ・ベークドポテト・ラタトゥイユ
  ・ほうれん草のソテー
  ・温かいアップルクランブル 
  ・クラッカー




帰国便にマレーシア人の客室乗務員(男性)がいて

 スミマセーン ワフー アラカルト ドッチ シマスカ?

いちいち スミマセーン と言うのです。

問いかけの言葉として、そのような教育を受けたのかな?
確かに日本人は、モノを頼みたい時・呼びかける時、「すみません」を使うけれど・・・

なんだか笑える男の子だったのでした。
 
 
 
 
2010年12月26

War is Over, if you want it

昨日はクリスマスでした。

NHKの「海外ネットワーク」で世界のクリスマス風景をやっていていました。

キリスト教国であるなしに係わらず、どの国の風景も 楽しい楽しいクリスマス~♪
クリスマスは、世界中が一つになれる盛大なイヴェントかもしれません。

12月になると、
Happy Christmas War is Over~♪ と歌うジョン・レノンの声が聴こえてきますね。




.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○


ニコシアのグリーンライン


b450c692.jpg北ニコシア側から見たグリーンライン

南ニコシアのメインストリート(リドラ通り)につながっています。
ひっそりと見えますが、
両側とも賑やかな通りで、人々が賑やかに行き交っています。






e624fc38.jpgキレニア門と城壁

この向こうにバスのチェックポイントがあります。





歩いて越えてもバスで越えてもチェックは特に厳しくありません。
パスポートを見せるだけです。

   が、

「北」でトラブルに巻き込まれ何かあっても
日本は北キプロスを承認していないので国は対応してくれません。
(余程のことをしない限りトラブルが起きそうもないけれど
ということらしいので、ちょっとドキドキ・・・・


3ed47714.jpg「南」の女の子


80d56341.jpg「北」のおばあちゃん









この女の子がおばあちゃんになる頃、
いや、その前にキプロスも一つになっていることでしょう。
 
 

「南」と「北」を考える

昨日(12日・日曜日)の朝。

薄ぼんやりと寝床の中でスイッチを入れたラジオから
(土・日曜日以外はワンコの散歩に出ている時間です
ベトナム戦争時の反戦歌 「坊や大きくならないで」 が聞こえてきました。

NHKラジオ第一、毎週日曜日の6時20分頃
なぎら健壱の 「あの頃のフォークが聴きたい」 という番組です。


ベトナムのボブ・ディランといわれている チン・コン・ソン が
(Trinh Cong Son トリン・コン・ソンは英語読み
ベトナム戦争のさなかに作詞作曲した「坊や大きくならないで」


当時、彼は「南」では危険分子扱いで
この歌は戦争が終わった後も、しばらくの間封印されていたそうです。



それで、というわけではないけれど
南キプロスのラルナカでのことが思い出されたのでした。


 【聖ラザロ教会】

2bd310a7.jpg

5e615847.jpg
f106be8b.jpg










聖ラザロは、エルサレムの東の小さな町ベタリアで生まれたユダヤ人。
30歳で病死した4日後、イエスにより復活。
その後、彼を謀殺しようとするパリサイ人から逃れ、ラルナカへ辿り着いた。
この地で更に30年生き、60歳で2度目の死を迎えた。

「キリストの友人」「復活のラザロ」として知られています。


fb8f46bc.jpg教会の地下にある石棺

9世紀、彼の墓が発見され、
遺骨の半分はコンスタンティノーブルの皇帝レオ6世のもとへ。
半分がラルナカに置かれ、教会が建立された。
発見された石棺にはギリシャ語で「神の友人」と彫られており、
ラザロのものに違いないと信じられている。




その教会に程近いところ
ふと見上げると、尖塔の先に三日月と星が見える。


ガイドは何も言わないし、南側にモスク?・・ とも思った。
建物は塀で囲まれており、何人かの男の人が石を割っているような作業をしている。
釈然としないまま周りをグルグルしていたら
建物の2階の窓から男性が、「入っておいで」と手招きをする。


e73fe189.jpg831d1553.jpg
87661317.jpg











正真正銘のモスクでした。

手招きをした男性は、次の祈りの時間のために掃除機をかけていました。

その男性の話

私はパレスチナ人。家族と共にパレスチナからイラクへ脱出。
イラン・イラク戦争のときアメリカが介入。
独身だった自分だけがキプロスへ来た。58歳になりました。未だに独身です。

と、ひっそりと微笑みました。

何歳の時にキプロスへ来たのか聞きそびれたけれど

イラクにいる家族とは電話でコンタクトできている。
それなりに幸せ・・ と。

別れるとき、
アッ サラーム アレィクム! と言う私に
右手を胸にあて ワ アレィクム サラーム! と返してくれました。


ガイドは「南」のギリシャ系の中年女性でした。
「北」に入るには「北」のガイドを付けなければなりません。
が、「北」のガイドは一切話しません。
彼女が話させないのか・・・
それとも、それがルールなのか・・・

個人的に様々な思いがあるのだろうとは思うけれど
(それは、「北」の人にも言える
北(トルコ系)に対するガイドが公平でないように思ったりもしたのです。



.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○



       坊や静かにおやすみ 私の坊や
       来る日も来る日も いくさが続く
       坊や大きくならないで
       眠りなさい

       お前が大きくなると いくさに行くの
       いつかはきっと 血に染まるだろう
       坊や大きくならないで
       そっと眠りなさい

       青空とびかう鳥よ お前は自由
       いつかは坊や 平和が来るわ
       坊や大きくならないで
       そっと眠りなさい

       坊や大きくならないで
       そっと眠りなさい
       眠りなさい 眠りなさい



なぎら健壱は、高石友也の歌詞 の方が好き・・ と言ってました。
 

遥かに遠い国

青い海と青い空
温暖な気候と豊かな自然
愛と美の女神アフロディーテが生まれた島

四国の半分ほどの小さな島に
大多数のギリシャ系住民と少数のトルコ系住民が、南と北に分かれて暮らしています。

南北の境界線は「グリーンライン」と呼ばれており

 
地図上に線を引くとき、
 トルコのシンボルカラー赤とギリシャのシンボルカラー青を混ぜた色である緑を使ったこと
 緑は平和のシンボルカラーであることに由来。


1964年から国連平和維持軍によって安全が保たれています。

北キプロスはトルコ以外は国として承認しておらず
旅行者が南北を自由に往来・・検問所は5つ・・できるようになったのは2003年からです。

 78f5836f.jpg
南キプロスには
キプロス共和国の国旗とEUの旗





0b43c11f.jpg北キプロスでは
北キプロスの国旗(?)とトルコの国旗が・・・






旅行者には平和に見えても
民族間のわだかまりは根が深いように思えることも少なからずありました。

キプロス共和国の国旗は、白地に黄色で島(国)と緑のオリーブが配されています。

 黄色と緑色は、ギリシャ・トルコ両国にない色  白は両国に共通する色

オリーブと島は平和を祈る気持ちを表しているとのこと。

地図上に「グリーンライン」がなくなる日が一日も早くきますように。
南北の人々の間にも・・・



遠いです。
成田 → アラブ首長国連邦・アブダビ 12時間 (時差マイナス5時間
アブダビ → キプロス・ラルカナ 3時間30分 (時差さらにマイナス2時間

帰り。
アブダビ・成田間は北斗七星を左に見ながらの飛行でした。

63521afa.jpg



 眼下に雲より高い富士山