2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

国外旅・少数民族(中国・ベトナム国境)

2010年1月29日 (金)

中国・ベトナム国境の少数民族(2007年3月)

ゆりかご

「おんぶ」と「だっこ」
東アジアは、断然「おんぶ」が優勢な文化(?)です。

7e941183.jpg
80f6efba.jpg
820f888f.jpg













2c4e45a0.jpg
ea0672dc.jpg
dbd42278.jpg
              

霧の村

adf29d14.JPG
38cafb60.jpg










赤ザオ族 (中国では紅頭ヤオ族
サ・パから車で約1時間ほど走ったところにあるターフィン村。
物凄い霧で何も見えない。
バスを降りると霧の中から赤ザオ族の女性達が・・・・
女性は18歳になったら頭髪を剃るそうで..中国の紅頭ヤオ族は結婚したら..
やはり赤い頭巾を被っています。
年配者は厚い..というか何枚も?..赤い布を被っています。
写真ではあまりよく分かりませんが、腰当の刺繍が素晴らしいです。

赤ちゃんをおんぶした若い母親
単語を並べただけではない英語を話します。
「何処で習ったの?」と訊くと、「ツーリストから」と。
肩から提げたバックには、
自分で刺繍したクッションカバーとかマフラーとか小さな布切れが入っています。
買って欲しいのだろうけれど、それを強く言うことができないのです。
そして、子供は今おんぶしている1人だけでいいと言います。
この子から手が離れればサ・パの街に下りて行き、お土産売りをして働けるからと。
なんとも清らかな24歳でした。
 
 

働き者のおばあちゃんたち

35dfdf06.JPGハニ族 
家の外の陽だまりで組み紐作り。
ハニ族の女性は勤勉です。
他の民族に比べて男尊女卑が激しいらしい。



7b704501.JPG紅頭ヤオ族
孫のお守りをしながら野菜売り。
カラフルな刺繍が施されたズボン、銀の飾りがついた赤いトンガリ帽子。
女性は結婚すると頭髪を剃るのだそうです。



a8dc8a03.JPG旱タイ族
中庭で洗濯中。
入り口にはブーゲンビリア(中国語では三角梅)が咲き乱れていました。
いかにも南国の民族って感じ。



a264acfc.JPG花モン族 
背負ってきたのは、筍と生姜と野菜と豆。
売ったり買ったりの日曜市での売れ行きは・・・
あまり芳しくなさそうだったけれど、おばあちゃん大丈夫?



ad99a5f0.JPG黒イ族 
長い髪を三つ編みにして頭の上にのっけた元気な70才。
袖カバーを着けて、これから畑へ行くところ。
まだまだ働きます!
 
 
 

子供は未来への希望です

ea285644.JPG◆ 普家寨 (黒イ族
イ族の中でもひときわ貧しい小さな村
明るく人なつっこい子供たち




b7de306e.JPG◆ 金水河村 (タイ族
吊り橋を渡って・・・・
沼で蛙と遊んでいた賢そうな女の子たち




b61974ce.JPG◆ 躍進村 (ミャオ族
山の斜面に日干し煉瓦を積み上げただけの家
外国人を見て不思議そうな顔の子供たち





この子供たちにも近い将来、
沢山の知らなくてもいいことを知る日がやってくるのか・・・・
 
 

山の上で考えた

ハニ族 海抜1400~2000mの山地に居住。
紫やピンク、水色、緑色の上着に藍染めのズボンを穿いている。
帽子の銀やビーズの飾りが美しい。

bc79093b.JPG
eca2dafa.JPG






多依樹の棚田(元陽で一番有名な棚田)で日の出を待つ。
ゆで卵売り(一つ1元)の子供たちと赤ちゃんをおんぶした大人たち。
手にした白い容器にゆで卵が入っています。
日本人は決して買いません。不潔だとか高いとか言って。
そのくせ飴やお菓子をばら撒くように与えるのです。
当然、子供たちは我先にと奪い合いの喧嘩になります。
中国人観光客や外国人は、口にはしないけれど卵を買ってあげます。
当然、私のも買ってと沢山の子供たちに取り囲まれます。

考えさせられる光景です。
どちらがどうとは言えないけれど・・・・・

e164a0c2.JPG
b09ae2d7.JPG
 
 

人間の業?

1d22f582.JPG
491a83d9.JPG






910cc870.JPG
20e870d9.JPG






建水→(111㎞)→元陽
元陽→(220㎞)→金平
金平→(200㎞)→河口

走っても走っても山の遥か向こう、何処までも広がる棚田。
高低差300m.. 最大傾斜75度.. 3000段..
息を飲む光景です。
果たして、人間のなせる業だったのでしょうか?

元陽・金平地区の棚田は、フランスの人工衛星写真によって発見(?)されました。
この地区に電気が引かれ外国人に開放されたのは、ほんの10年ほど前のことだそうです。
 
 

お洒落な孔雀

花モン族 バック・ハー(ベトナム)
8edec1aa.JPG
fdb8b1c2.JPG






17bda738.JPG
カラフルな刺繍とパッチワーク。
肩当にぶら下がる沢山のビーズ。
バック・ハーのサンデー・マーケットは必見です。





ミャオ族 蔓耗(中国雲南省 ベトナムとの国境近く)
5e361424.JPG
d4f7c6bf.JPG






スカートの感じが花モン族と似ているようで違います。
オカーサンの隣で水タバコを吸うオトーサン。
二人の間には、ちょっと険悪な雰囲気が・・・・・
 
 

山の彼方の

85c3a947.JPG 
 空遠く





8f4a6d51.JPG
 美しい人々の





2dfa52b8.JPG
住むという






黒モン族(カットカット村
吊り橋を渡り石段を登った山間の小さな(15世帯)集落。
畑には藍染めのための藍草が栽培されている。


モン族 (中国ではミャオ族と呼ばれる
「空の民」と呼ばれ、中国雲南省、ベトナム北部、タイ北部に住む。
男たちは勇猛さで知られ、インドシナ戦争ではフランスに、ベトナム戦争ではアメリカに利用されゲリラ戦に投入された。
女性は「お洒落な孔雀」と呼ばれ、独自の刺繍文化を持っている。
 
 

機内への液体持込み制限

2007年3月1日より、日本出発の全ての国際線への新たな機内持ち込み制限導入。

①100ml以下の個々の容器で
②1㍑以下(目安・縦横合計40cm以内)のジッパー月無色透明プラスチック袋に
③1人1袋まで、検査トレーへ
※対象となるのは、ペットボトル・化粧品・エアースプレー等の液体物、ジェル、エアゾール類です。

※入りきらない液体物は、スーツケースに入れてカウンターへ。
※機内で必要な医療品・ベビーミルク等は、検査員に申告の上、別途持込み可。
※コート・ジャケット・パソコンは、別々に検査トレーへ。

※検査後、免税店等での液体物購入は可能ですが、海外での乗り継ぎの際に放棄していただく場合があります。
ヨーロッパ路線は、EU域外からの乗り継ぎに厳しいですね。


英国での航空機爆破テロ未遂事件があってから、機内持込み制限が一層厳しくなった。
混雑するだろうな・・・・ 
でも、安全のためです。イライラするのはやめましょう。

というわけで明日、中国とベトナムの少数民族を訪ねる旅へ出発します。
中越国境を歩いて越えます。

でわ!