2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

国外旅・北イタリア-ドロミテ・チェルビニア-(1)

2015年8月10日 (月)

北イタリア(ドロミテ・チンクエテッレ・チェルビニア・湖水地方) - 第5日・其の2 -

buongiorno

 

7月10日(金)

パルマ 滞在 shoe shoe shoe  shoe shoe shoe

 

→ トレキエッタ村へ bus dash

 

* 昼食 @アグリツーリズモ

Img_2701

Img_2691

Img_2693

Img_2688

Img_2692

Img_2695

Img_2696

Img_2697

Img_2698

Img_2699

delicious 生ハム delicious チーズとサラミのリゾット delicious チキンとチーズのパテ delicious ケーキ delicious エスプレッソ

 

Img_2700

                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→ パルマ市内へ bus dash 

 

→ フリータイム shoe shoe shoe shoe shoe

 

ホテルへ帰る人たちと別れ、ピロッタ宮殿でバスを降り、ファルネーゼ劇場、国立絵画館に行く。

ひっそりとしており、入場券をどこで買うのか・・・・

イタリア人らしい人が来たので後に続き、なんとか買う(8€と聞いていたが6€だった)ことができる。

 

* ファルネーゼ劇場 (1617年~1618年)

ファルネーゼ家に嫁いでくるメディチ家の王妃のために造られた額縁型劇場。

Img_2704_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間がなかったので木造で造られたといわれている。

木組みが美しい。

Img_2706_2                              

 

舞台の裏側と地下部分にはフレスコ画・立像が展示してある。

が、説明文がイタリア語でさっぱりわからない。

Img_2707

Img_2709                              

 

地下では舞台の木組みの奈落部分を見ることができる。

これまた素晴らしい!

 

 

→ 地下通路を通り絵画館へ

 

Img_2714

 

* 国立絵画館

Img_2722


「トルコの女奴隷」 * パルミジャニーノ

(どう見ても奴隷には見えないが・・・ 

 

 

 

 

 

Img_2715


「聖ジローラモのマドンナ」 * コレッジョ  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0357_2


「ほつれ髪の女性」 * ダ・ヴィンチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2721

Img_2716

Img_2724  

素晴らしい作品の数々・・・・ lovely lovely lovely lovely lovely

 

Img_2731

Img_2726
                                                                                                                           

しかしそれにしても、館員(警備)の姿をほとんど見ない。

こんなに無防備でいいのか、、、、 と、余所ながら思ってしまう。

 

ホテルへの帰路、有名なジェラートの店へ。

Img_2734

Img_2733


レモーネ(上)とピスタチオ(下)の2段重ね~

美味~ happy02

 

 

 

 

 

 

 

hotel STARHOTEL DU PARC 滞在

 

お昼を たらふく 食べたので 少しも 空腹を感じない。

お湯を沸かし、持参の梅干しとおしゃぶり昆布を入れた煎茶・お煎餅で夕食とする。

 

お風呂に入って、、、、、

 

Img_2624

 

 

buonanotte  (´△`)Zzzz・・・。o○ (´△`)Zzzz・・・。o○  

2015年8月 9日 (日)

北イタリア(ドロミテ・チンクエテッレ・チェルビニア・湖水地方) - 第5日・其の1 -

buongiorno

 

7月10日(金)

パルマ shoe shoe shoe  shoe shoe shoe

 

* 朝食(果物豊富で eye shineshineをいただいて delicious delicious delicious レッツ ゴー!

Img_2631_2

 

* パルマ

食と芸術の町、パルマ。

人口18万人。ローマ時代の植民都市。

1545年、ファルネーゼ家のパウルス3世が息子のピエール・ルイジに、この地を与えパルマ公国となった。

その後、ブルボン家、ナポレオンの混乱期を経て1847年までオーストリアのマリア・ルイーズが30年間統治。

彼女は市民から愛され、芸術の花が開き、

コレッジョ、アンテラーミ、パリミジャニーノ、トスカニーニ、ヴェルディなどの芸術家を生んだ。

 

 

* ピロッタ宮殿

パルマの領主だったファルネーゼ家のよって建てられた冬の宮殿。

(❛ピロッタ❜という球遊びを中庭で行ったことにより名づけられた。

(第2次世界大戦の際、駅に落とされるはずだった爆弾が誤って宮殿に落とされたため、一部が破壊されたままである。

宮殿内には国立絵画館、ファルネーゼ劇場、考古学博物館、図書館(マリア・ルイーズによって作られた)が入っている。

Img_2643

Img_2640_2


ピロッタ宮殿を貫くエミリア街道。

古代ローマ時代に開通。

現在も100km離れたミラノ、150km先のリミニに続いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

* ドゥオーモ

11世紀から12世紀にかけて造られたロマネスク様式の大聖堂。

ファサードはヴェローナ産のピンク大理石が用いられている。

Img_2647

Img_2653_2


入口の柱の下にあるライオン像

「悪」を象徴する牛と蛇を組み敷いている。

 

 

 

 

 

Img_2658

Img_2661

 

コレッジョの天井画 (1526年~1530年)

(コレッジョの天井画はバロックの手法を、神話画はロココ様式を先取りしていると言われている。

Img_2656_3

Img_2662


「聖母被昇天」

 

 

 

 

 

 

 

アンテラーミの「キリストの十字架降下」

Img_2659_2


キリストの右側 - 天国に召される人々

              左側 - 地獄に堕ちる人たち

 

 

 

 

 

 

* 洗礼堂 (1196年~1216年)

ピンク大理石で作られた八角形の建物。

Img_2652

Img_2664

 

フレスコ画の大部分はアンテラーミ作。

Img_2665

Img_2669

Img_2671

Img_2668
                                                              

 

* マドンナ・ディッラ・ステッカータ教会

ステファネーゼ家によって16世紀に建立。

Img_2675

Img_2679

 

フレスコ画はパルミジャニーノ作。

Img_2678

 

 

* ガリバルディ広場

Img_2673

Img_2687_2


市庁舎

 

 

 

 

 

 

Img_2672

 

♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪  ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪  ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪  ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪ ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪  ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪ ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪   ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

イタリアは美味しい~ (^^♪ (#^.^#)。。・゚♡゚・。。・゚♡゚・。。 ლ(╹◡╹ლ)

Img_2636

Img_2637_2

 

 

   続く・・・・・。

2015年8月 6日 (木)

北イタリア(ドロミテ・チンクエテッレ・チェルビニア・湖水地方) - 第4日・其の2 -

buongiorno

 

7月9日(木)

ホテルbus  →クレモナ shoe shoe shoebus マントヴァ shoe shoe shoe  → bus パルマへ

 

* 昼食 @ドゥオーモレストラン

Img_2588

Img_2585

Img_2586

Img_2587

delicious ポルチーニ茸のタリアテッレ delicious ポーク串焼き delicious ティラミス

 

→ マントヴァへ bus dash dash (クレモナから60㎞

 

* マントヴァ

ローマ時代の城塞都市で人口5万人。

12世紀の治水工事による3つの人口湖に囲まれた町。

 

* ドゥオーモ

5世紀頃に建てられた初期キリスト教会が前身で、894年の火災によって消失。

14世紀(1395年~1401年)にゴシック様式で再建さた。

Photo
                                                        

 

* リゴレットの家

マントヴァはヴェルディのオペラ「リゴレット」の舞台となった町。

Img_2589_2


「リゴレットの家」の中庭に立つリゴレット。

 

 

 

 

 

 

 

* ソルデッロ広場

Img_2591

 

* ドゥカーレ宮殿

14世紀から17世紀にかけて建てられたゴンザーガ家の宮殿。

ソルデッロ広場にあり、カピターノ宮殿、サン・ジョルジョ城、サンタ・バルバラ教会の3つの建物の集合体。

広さ3400㎡、部屋数500。

Photo_2

Img_2595

Img_2596

Img_2597

Img_2599

Img_2600


ゴンザーガ家の人々の肖像画

(天使や小人の姿も

 

 

 

 

 

Img_2609

Img_2610

Img_2616001    

Img_2612

Img_2615

素晴らしいフレスコ画の数々・・ lovely lovely lovely lovely lovely

 

Img_2619

Img_2617001_2

 

栄華を物語る大きな宮殿だった。

 

→ パルマへ bus dash dash (マントヴァから60㎞

Img_2622

 

 hotel STARHOTEL DU PARC

Img_2625

 

* 夕食 @ホテル

Img_2628

Img_2629

Img_2630

delicious ツナパスタ delicious 仔牛のオーブン焼き delicious アイスクリーム

 

 

Img_2626

 

 

buonanotte  (´△`)Zzzz・・・。o○ (´△`)Zzzz・・・。o○ 

2015年8月 5日 (水)

北イタリア(ドロミテ・チンクエテッレ・チェルビニア・湖水地方) - 第4日・其の1 -

buongiorno

 

7月9日(木)

ホテルbus  →クレモナ shoe shoe shoebus マントヴァ shoe shoe shoe  → bus パルマへ

 

* 朝食もそこそこに delicious 出発~

Img_2548


  hotel
FOUR POINTS SHERATON

 

 

 

 

 

 

 

クレモナまで高速道路で260kmの大移動 bus dash dash dash

 

* クレモナ

クレモナ出身の司教ニコロ・スフォンドラーティ1590年にグレゴリウス14世として教皇に選ばれた)が、

音楽普及に強い関心を持っていたことにより、16世紀半ばから18世紀半ばまでに、

アマティ一族、ガルネリ一族、アントニオ・ストラディヴァリという名職人達が次々と現れた。

クレモナはヴァイオリン製作の中心地としてヨーロッパ中に、その名が知れわたるようになった。

(現在も100以上のヴァイオリン工房があるとか。

 

* ドゥオーモ

Img_2578

ロマネスク様式 (1107年着工・ファザードはトスカーナ産の大理石)

薔薇窓の下は聖母マリアを真ん中に、クレモナの守護聖人であるイメーディオとオモボーノ。                                                                               

 

隣接するレンガ造りの鐘楼は高さ115m、イタリア国内で最も高い。

13世紀末建造。

Img_2579

Img_2580

天文時計(1583年設置)

惑星の動きと月相を示すことが出来る。

時計のメカニズムは当時のままだが、文字盤は1970年に描き直された。

 

 

 

 

 

 

* マツィーニ通り

16世紀から18世紀の建物が並ぶ街並み。

Img_2559

Img_2562

 

 

* ヴァイオリン博物館

5世紀に渡るクレモナにおけるヴァイオリン製作の歴史と楽器を展望することができる。

 

Img_2570_2

 

展示室は第1室から第9室まであり、安田さん(日本人女性) の丁寧なガイドで各展示室を見学。

 

第6室はストラディヴァリの工房で実際に使われていた道具、内枠、図面等が展示されている。

ジュゼッペ・フィオリーニ(ボローニャの楽器職人)が、後世に役立ててほしいと1930年にクレモナに寄贈した。

 

第5室は「宝石箱」となっており、アマティ、ストラディヴァリ、グァルネリの名器の数々・・・

出るのはため息ばかりである。

76a64c8f9cdf7a15a8bba3e184d2d3d6

Museum03

 

🎶 Auditorium Giovanni Arvedi

建築家バルー氏とビアンキ氏、音響設計家豊田泰久氏 の協力によるホール。

(設計のコンセプトは、460人の聴衆にホール全体と一体化したかのような感覚を味わってもらおうというもの。

Main_9                                                             

 

 

 

 

 

 

 

♫  ミニ・コンサート @Auditorium Giovanni Arvedi

ストラディヴァリのヴェスビオ(1727年製作)による演奏。

(愛称の「ヴェスビオ」は、胴体の色が火山の溶岩に似ていることから

演奏者 = ダミアン(頭モジャモジャの青年)

曲目 🎵カプリチョス = パガニーニ

    🎵愛の悲しみ 🎵愛の喜び 🎵美しきロスマリン = クライスラー

    🎵愛の挨拶 = エルガー

 

   lovely lovely lovely lovely  ・・・ 素晴らしい!

 

 

 

※ 館内は写真撮影禁止。画像はヴァイオリン博物館のページより拝借しました。

 

Img_2572_2


 ストラディヴァリ像

 

 

 

 

 

 

 

 

       続く・・・・・。

2015年8月 2日 (日)

北イタリア(ドロミテ・チンクエテッレ・チェルビニア・湖水地方) - 第3日・其の2

buongiorno 

 

7月8日(水)

ホテルbus  → ファルツァレーゴ峠 shoebus ポルドイ峠 → ロープウェイでサッソ・ポルドイ shoe shoe

bus カナツェイ村 → bus カレッツア湖 shoe shoe shoebus ボルツァーノ shoe shoe shoe 

 

→ ファッサ渓谷(1350m)、コスタルンガ峠(1758m)を越えてカレッツア湖へ bus dash

 

Img_2475

Img_2476

 


* カレッツア湖 (1520m)

ラテマール山(2864m)を背景に、エメラルドグリーンの美しい湖。

Img_2482

Img_2494

Img_2485

Img_2498_2

 

湖の遊歩道への地下道

Img_2499

Img_2502

 

Img_2505

Img_2504

                                                         

→ エガ谷を経由しボルツァーノへ bus dash

 

* ボルツァーノ

ドイツ語では「ボーゼン」と呼ばれているドロミテ街道西端の町。

オーストリア領であったため人口(10万人ほど)の70%がイタリア語、30%がドイツ語を話す。

Img_2530

 

* ドゥオーモ

マリアに捧げられたカテドラル

Img_2510

Img_2511

Img_2518

Img_2515

  

* ドメニカン教会

Img_2521

フレスコ画が美しい。

Img_2525

Img_2523

 

* エルベ広場

Img_2532

Img_2533

Img_2534

Img_2537

 

5000年前のアイスマン(1991年に氷河で発見)が展示されている考古学博物館は長蛇の列でパスする。

 

Img_2539

 

→ ホテルへ

 

 hotel FOUR POINTS SHERATON

 

* 夕食 @ホテル

Img_2542

Img_2543

Img_2544

Img_2546

delicious トマトスープ delicious 温野菜 delicious白身魚のソテー deliciousアップルシュトゥーデル(リンゴのパイケーキ)

 

Img_2541_3

 

 

buonanotte  (´△`)Zzzz・・・。o○ (´△`)Zzzz・・・。o○ 

 

2015年7月31日 (金)

北イタリア(ドロミテ・チンクエテッレ・チェルビニア・湖水地方) - 第3日・其の1 -

buongiorno

 

7月8日(水)

ホテルbus  → ファルツァレーゴ峠 shoebus ポルドイ峠 → ロープウェイでサッソ・ポルドイ shoe shoe

bus カナツェイ村 → bus カレッツア湖 shoe shoe shoebus ボルツァーノ shoe shoe shoe 

 

Img_2441_2


* もりもり食べて delicious 出発~

Img_2440

 

* ドロミテ街道

1895年から1905年にかけて開通。

イタリアとドイツを結ぶ交通の要所だった。

コルティナ・ダンペッツォからボルツァーノまで110km、33のヘヤピンカーブが続く。

Img_3225





                                     

 ← NAOMIさん(添乗員)より拝借

 

 

 

* ファルツァレーゴ峠 (2115m)

Img_2445

Img_2447_2


ラガツェイ山(2803m) ストリア山(2477m) 反対側に チンク・エトッリ(2137m) が見える。

Img_2446

 

→ 33のカーブを上り (珍しく車酔いする ||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||ゲェーーー ) ポルドイ峠ヘ bus dash dash

 

* ポルドイ峠 (2239m)

ドロミテ街道の真ん中辺りで最高所にある峠。

ロープウエイでサッソ・ポルドイ(2950m)へ。

Img_2451

 

* サッソ・ポルドイ (2950m)

3億年前、ドロミテを覆っていた海・・ これがサッソ・ポルドイの起源。

その後の噴火や堆積、岩のひび割れや隆起によって珊瑚色のテラスが形成された。

パノラマ展望台から、マルモラーダ山(3343m) サッソ・ルンゴ(3181m) の山並みを眺望。

イタリア語でサッソ(sasso)は岩山、パッソ(passo)は峠。

Img_2459

Img_2464

時おり霙まじりの小雨が降り  ブルブル(o+д+o)寒ぅ~~ ダウンジャケットを着る。

Img_2455_2

 

→ カナツェイ村(1465m)bus dash dash

27のカーブを下って、、、、、

カナツェイのあるトレンティーノ・アルト・アディジェ州(州都はトレント)

元々はチロル地方と呼ばれた地域。

神聖ローマ帝国の支配下の後、第一次世界大戦が終わるまではオーストリア・ハンガリー帝国の一部だった。

そのため、ドイツ語も公用語となっており、町の標識はイタリア語と共にドイツ語も表記されている。

Img_2472

 

* 昼食 @LAPERLA

Img_2470

Img_2467

Img_2468

Img_2469

delicious カズンツィエイ(ラビオリ) delicious ローストチキン delicious プリン

 

 

   続く・・・・・。

 

2015年7月30日 (木)

北イタリア(ドロミテ・チンクエテッレ・チェルビニア・湖水地方) - 第2日・其の2 -

buongiorno

 

7月7日(火)

ホテルbus  → トレチメ・ディ・ラヴァレード shoe shoe → トレチメ shoe shoe shoe shoe shoe

bus ミズリーナ湖 shoe shoe shoebus コルティナ・ダンペッツォ

コルティナ・ダンペッツォ・・ ヴェネチアから163km

 

→ ミズリーナ湖へ bus dash dash

 

* 昼食 @ミズリーナ湖湖畔

Img_2405

Img_2406

Img_2407

delicious  サラダ delicious ペンネ delicious ヒラメのフライ delicious ケーキ

 

* ミズリーナ湖 (海抜1754m)

周囲2.4kmの小さな湖(自然湖)。

景観の美しさから「ドロミテの真珠」と呼ばれ、ソラピス山(3205m)を間近に望む。

湖周辺の空気は呼吸器疾患に苦しむ人に適しており、気管支喘息の子供たちのための療養所がある。

Img_2415

Img_2424

深い木立の中、湖を一周・・ 気持ちいい~♪

と、雷thunderthunderthunderが、、、、

   

→ コルティナ・ダンペッツォへ bus dash dash

 

* コルティナ・ダンペッツォ (アンペッツォ地方のコルティナという意味)

人口約5900人。

ドロミテの山脈の麓、登山やスキーの拠点。

(1956年の冬季オリンピックで猪谷千春が銀メダル獲得!

1508年から第一次世界大戦終わり、イタリア統一が成った1918年まではオーストリア領だった。

 




  hotel ANCORA

Img_2428_2                                                             

 

 

 

 

Img_2430

Img_2429

 

* 夕食 @ホテル

Img_2433

Img_2434

Img_2438

   delicious  delicious  delicious  delicious

 

 

buonanotte  (´△`)Zzzz・・・。o○ (´△`)Zzzz・・・。o○

2015年7月28日 (火)

北イタリア(ドロミテ・チンクエテッレ・チェルビニア・湖水地方) - 第2日・其の1 -

buongiorno

 

7月7日(火)

ホテルbus  → トレチメ・ディ・ラヴァレード shoe shoe → トレチメ shoe shoe shoe shoe shoe

→ ミズリーナ湖 shoe shoe shoebus コルティナ・ダンペッツォ

コルティナ・ダンペッツォ・・ ヴェネチアから163km

 

* 朝食を美味しくいただいて delicious いざ出発~

Img_2328
 

 

* ヴェネト州

ヴェネト州の名産であるトウモロコシの畑、葡萄畑(ワインのイタリア国内生産量第2位)が広がる。

トンネルを抜けるとサンタ・クローチェ湖(人口湖)、ヴィットリオ村が見える。

Img_2329

Img_2342


緑の牧場、モミとカラマツの深い森から浮かび上がるドロミテ山脈。

 

 

 

 

道路沿いにイタリア・フランス・スイス・ドイツ・オーストリア・スペインの国旗がひるがえる。

Img_2345

Img_2344

 

 

* ドロミテ 2009年世界遺産)

Img_2347_2

ヨーロッパを横断するアルプス山脈の南側の分嶺で、イタリアの北東部にある。

2.5億年前の海底が隆起したもので、ドロマイト(苦灰石)の成分により灰色の岩肌をしている。

(ドロミテ・ドロマイト・・ 18世紀末,この鉱石を発見したフランスの地質学者ドロミウの名に由来。

 

Img_2353

Img_2364


ガイドのアンドレア

 

 

 

 

 

 

 

* トレチメ・ディ・ラヴァレード

Img_2371_2

* トレチメ


 左から

 オヴェスト 2973m

 グランデ 2999m

 ピッコラ 2857m

 

 

* アウロンソ小屋(2320m)

Img_2350

Img_2372

 

* 第一次世界大戦のイタリア戦没兵のための教会

(トレチメ初登頂者の碑・恐竜の足跡化石

Img_2369

 

* ラヴァレード小屋(2344m)

Img_2357

 

* フォルチェッラ・ラヴァレード(2454m)からの眺望

Img_2393

 

左方向はスイス、右方向はオーストリア

Img_2389_2

Img_2387

 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;: ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

一週間前に咲き始めたという花々

エーデルワイス アルペンローゼ エンツァン アルピナハマカンザシ ニーグラ(ヴァニラの香りがするラン)etc......

Img_2356

Img_2358

Img_2404

Img_2403



ヴァカンスを楽しむ人々

Img_2397

Img_2402

 

 

        続く・・・・。

 
 
   
 
 

2015年7月27日 (月)

北イタリア(ドロミテ・チンクエテッレ・チェルビニア・湖水地方) - 第1日 -

北イタリア(ドロミテ・チンクエテッレ・チェルビニア・湖水地方)12日間の旅

F018_3


 緑 - 美しい国土

 白 - 雪・正義・平和

 赤 - 愛国者の血・熱血

 

 

 

フランスの3色旗が起源で、イタリア統一運動(19世紀)のシンボルとされていた旗。

フランス国旗由来であるため、緑(フランス国旗は青)は「自由」、白は「平等」、赤は「博愛」を表すともいう。

 

7月6日(月)

成田 airplane → ローマ airplane → ヴェネチア

 

* 13:30 AZ785 成田出発

 

Img_2320

Img_2322

 

* 18:15 ローマ・フィミチーノ空港到着

 

→ 20:40 AZ1483 ヴェネチアへ

 

* 21:30 ヴェネチア到着

 

* 22:45 ルソットホテル到着

 

長ーーーーーーい一日、やれやれお疲れさま~ 

 

 

 

buonanotte  (´△`)Zzzz・・・。o○ (´△`)Zzzz・・・。o○