2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

国外旅・スイス(1)

2012年8月17日 (金)

ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第5日・§2 -

7月10日

サンモリッツ  →フルチェラス展望台 → フェックス谷 → シルス→ セガンティーニ美術館 → サンモリッツ

 

* フェックス谷

ピッツ・トレモッジャ、フェックス氷河の雄大な眺め。 

Dscn7254001

アルプ(牧草地)の広がる谷でピクニックランチするハイカー

 

* 昼食 @ホテル・フェックス 

Dscn7257
リベラrivella

・ホエー(乳清)が入っている

・炭酸飲料

・色はジンジャーエールのよう

・・・?????

というので頼んでみる。

なんとも不思議なお味 gawk

Dscn7259_4

Dscn7260_5

delicious ミックスサラダ delicious チキンのパスタ delicious アップルシュトローデル

 

* シルス

昼食後、馬車に乗ってシルスへ。

シルス・マリア ⇔ フェックス谷は、許可された住民以外の車の乗り入れ禁止されていて

ハイキング(2~3時間)か馬車便(約40分)になる。

Dscn7262

Dscn7264_2

Dscn7266_4

Dscn7267_2


                                                             

静かな谷に響く馬の蹄の音 時折聞こえるカウベルの音 かわいい集落

美しい大自然を満喫!

 

シルス到着後、2番のポストバスでセガンティーニ美術館へ。

 

* セガンティーニ美術館 

Segantini_museum

三連作「生」「自然」「死」

現在の美しく豊かなアルプスの風景とは程遠い画・・・

新田次郎の「アルプスの谷 アルプスの村」を読んで、その絵の意味するところを知る。

 

見学後、それぞれ歩いてホテルへ。

Dscn7276

部屋数22の小さなホテル。

夜8時を過ぎるとフロントには誰もいなくなり、玄関もロックされる。

帰ってくるのが8時過ぎになる場合

フロント横の壁にあるボードの部屋番号の下の左側の鍵穴に部屋のキーを差し込み、右側のキーを左(右だったかな?)回し抜き取る。それが玄関を開ける鍵になっている。

帰ってきたら右側の鍵穴に玄関キーを差し込み、右だったか左に回して部屋のキーを抜き、部屋の鍵穴にキーを差し込み、右だか左に回して door オープン~♪

となるわけです。

 

 

 

自由夕食だったので、これぞスイス!を味わうべくホテルからぶらぶらと湖畔を歩いてレストランへ。

Dscn7271

Dscn7272_4

Dscn7273_4

Dscn7274_3

delicious サラダ delicious ラクレット delicious チーズフォンデュ delicious チョコレートアイス

ワインをしこたま飲んで一人4000円弱(チップ込み)なり~

地元の人(?)で大賑わいのリーズナブルでフレンドリーなレストランだった。

 

今日も一日、満足満足~  happy01 happy01 happy01   

 

2012年8月15日 (水)

ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第5日・§1 -

7月10日

サンモリッツ  →フルチェラス展望台 → フェックス谷 → シルス→ セガンティーニ美術館 → サンモリッツ

 

* →フルチェラス展望台へのロープウエイ乗り場 →フルチェラス展望台

クリニックグードのバス停からエンガディンバス6番に乗り出発

Dscn7192

 

ロープウエイ乗り場

Dscn7194_2


イノシシに何か意味が?

                               

 

 

 

 

 

フルチェラス展望台へのロープウエイ(80人乗り)

Dscn7195


シルヴァプラーナ湖とシルス湖

雄大な山々

素晴らしい眺め!

 

 

 

 

約5分でフルチェラス展望台(標高2312m)に到着

Dscn7198 

Dscn7196


のんびりと草を食む牛たち。

まったくストレスなさそうで、さぞや美味しいミルクが出ることだろう。

(たくさんミルクが出る牛ほど大きなカウベルを付けている・・とか。

 

 

 

 

 * フルチェラス展望台 → フェックス谷

 ハイキングスタート!

Dscn7231_2

色とりどりの花が咲き乱れるフラワートレイル

他の地域に比べ、圧倒的に日照量の多いエンガディン地方は花々の宝庫 lovely

風に乗って聞こえてくるカウベルの音 taurusbell

 

→ 展望ポイント                                                        

Dscn7219_2

 

→ 谷奥の「ホテル・フェックス」を目指して下っていく。

Dscn7224_3

Dscn7230_2

 

「ホテル・フェックス」への道はこちらです... と、ワンコの道案内。

Dscn7244

Dscn7251_2

 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;: ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

アルプス三大名花

Dscn7221


エーデルワイス

 

 

 

 

 

Dscn7213


アルペンローゼ

 

 

 

 

 

Dscn7299


エンツィアン

 

 

 

 

 

日本では「アルプス三大名花」というが、「三大」という概念がないスイスに同じ表現はないそうです。

 

フェックス谷で出会った花 

・アルペンクローバー ・デイジー ・ロータスアルピナス ・アルペンローゼ ・勿忘草 ・アネモネ ・ゲンゲ 

・コケマンテマ ・西洋キンバエ ・コバイケ草 ・フウロ草 

・マンテスブルネレリア ・アルプストラガント ・ゲムゼブルツ ・春リンドウ ・ミミナグサ ・トリカブト 

・アザミ ・チョウノスケ草 ・ノコギリ草 ・悪魔の爪 ・サクシフルガ 

・ヌカコトラノオ ・エーデルワイス ・シュタインネルツ ・バニラオーキッド(好色男) ・太陽のバラ 

・ベンケイ草 ・アルペンアスター ・アルニカ ・バレリナモンタナ 

・テンジクアオイ ・チドリラン ・タカネバラ ・オダマキ ・エンツィアン ・マルタゴンリリー ・トウダイグサ 

・マツムシ草 ・ワレモコウ ・マンテマ ・釣鐘草 ・ブラウンクレー ・ハブラシ草......  etc.etc

 

ハイキングガイド(日本人女性・スイスに住んで17年)さん、凄い!

花の写真、いっぱい撮ったけど、どれがどれやら・・・ おまけにチョー古コンデジcameraでイマイチな写真

 

アルプスの花々検索してみたら素晴らしいページがありました。

どうぞ こちら をご覧になってください。

 

 

続く・・・・

2012年8月13日 (月)

ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第4日 -

7月9日

サンモリッツ → マローヤ → プロモントーニョ → ソーリオ → カスタセーニャ → サンモリッツ

オーバーエンガディンの村々を訪ね、ハイキングを楽しむ。

エンガディン(イン川 ・・ロマンシュ語ではエン川・・ の谷)

(ツェルネッツ付近を境に上流をオーバーエンガディン、下流をウンターエンガディンと呼ぶ。

 

 * マローヤ

アルプスの山々、自然、暮らしを描いた ジョバンニ・セガンティーニ が晩年の5年間を過ごした村。

Dscn7152                              

イン川の源流から流れ落ちる滝が遠くに見える。

 

Dscn7149


セガンティーニの家

 

 

 

 

 

 

                                                                    * マローヤ峠(標高1815m)

ポストバスは高低差356mある九十九折の道(ブレガリアの谷)を下っていく。

メラ川から地中海、イン川から黒海へ流れる分水嶺で、コモ湖、ユリア峠、さらにチロル地方までつながる道として古代ローマの記録にもある歴史街道・・とか。

 

* ヴィコ・ソプラノ

木造に石積みの屋根の古い家、スグラフィット装飾の伝統的な家々が並ぶ静かな村。

Dscn7159

Dscn7158_2

スグラフィット

壁に漆喰を塗り、上の層を削り取って模様を描き出す技法。ルネッサンス時代のイタリアで発展し、16世紀にヨーロッパ各地方に伝わったとされているが、それより前に、似たようなものがドイツの一部やスイス・エンガディン地方にあったともいわれている。描かれているモチーフは、かつてケルト民族の土地であったことを思わせるyぷな幾何学模様、牛や馬など動物の絵、家紋や職業をあらわす紋章。格言や家訓などがロマンシュ語で書かれている。

Dscn7156_2                                                             

 

* プロモントーニョ

ソーリオ村行きのポストバスを待つ。

 

* ソーリオ

18世紀の姿をとどめる古い石造りの家々・・・

セガンティーニが「天国の入り口」と称し愛した美しい村。

どこをどう切り取っても「絵」になる。

(新田次郎も「アルプスの谷・アルプスの村」に感動的に書いている。

Dscn7168

 

シオラ山群とベルゲル山群の間にポンタスカ氷河

Dscn7162_2

 

* 昼食

Dscn7171_3

Dscn7172_4                             

 

 

 

 

 

 

 

Dscn7174_2

delicious 野菜(カボチャ?)のクリームスープ delicious ビーフシチューとパスタ delicious アイスクリーム 

 

* ソーリオ → カスタセーニャ

お腹もくちくなったところで、ハイキングfootrunfootスタート~

Dscn7169

Dscn7153_2


野花がいっぱい

気持ちいい~~~ wink wink wink wink wink wink wink wink

 

 

 

 

 

 * カスタセーニャ

栗の産地で、栗を燻すためのカッチーナという小屋が点在。

Dscn7183


村を通り抜け、バスでサンモリッツへ。

 

ホテルに着いてやれやれ・・ と、部屋から湖を眺めると・・・

Dscn7185

サンモリッツ湖の向こうの山に薄い虹が架かっていた。

 

* 夕食

Dscn7323

湖畔のレストランにて

Dscn7189

Dscn7190_2

Dscn7191_4

delicious 春巻き delicious 鱒のグリルとポテト delicious ピーチメルバアイス

2012年8月11日 (土)

ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第3日・§2 -

7月8日

ルガーノ → ティラーノ → ポスキアーヴォ → サンモリッツ

 

ポスキアーヴォで昼食後、再びベルニナ線に乗りサンモリッツへ・・・

Dscn7098

写真を撮るのに皆必死 coldsweats02 coldsweats02 coldsweats02

何しろ美しい lovely lovely lovely

 

 

 

 

 

 

ポスキアーヴォ(標高1040m)からサンモリッツ(標高1820m)まで2時間弱。

窓の左右に3000~4000m級のベルニナ山群、雄大な氷河

迫力ある山岳風景が続く、見所満載のベルニナ線の始まり始まり~

 

Dscn7115

Dscn7137_4

 

* パリュ氷河

Dscn7127_3                             

 

* ラーゴ・ビアンコ と レイ・ネール

ルート最高地点(標高2253m)のオスピッツ・ベルニナ駅前(一般鉄道としてはスイスで最高所駅)にある。

Dscn7129_2

ラーゴ・ビアンコ(イタリア語で白い湖) 水力発電ダムとして作られた大きな湖。ポー川へ(地中海へ)

レイ・ネール(ロマンシュ語で黒い湖) イン川(黒海へ)流れる。

 

* モルテラッチュ氷河

Dscn7132_4             

 

* ポントレジーナ

レート・ロマンシュ語を話す伝統的な地域でベルニナ・アルプスの観光拠点。

ハイキングする人が多い。

Dscn7138001                                

 

* サンモリッツ到着

エンガディン地方を代表するサンモリッツ

Dscn7143


アルプスのリゾート地としては最も高い標高に位置。

年間平均322日の晴天率を誇り、太陽がシンボルマークになっている。

夏でも涼しく、カラッと澄み切った爽やかな空気は「シャンパンのような味がする」といわれている。

2012年8月 9日 (木)

ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第3日・§1-

7月8日 

ルガーノ → ティラーノ → ポスキアーヴォ → サンモリッツ

 

ルガーノ湖の橋を渡り南へ・・ キアッソを通過しイタリアへ入る。

 

* コモ、レッコを通過し

ベルリナ急行 の発着駅ティラーノ(スイスと国境を接するイタリア・ヴァルティリナ地方)到着。

Dscn7093

Dscn7094_2ベルニナ線は長いトンネルを掘らずにアルプスを越える。

1m進む間に7cm登る急勾配をラックレールを使わずに克服。

箱根鉄道はベルリナ線を手本に敷かれ、姉妹鉄道になっている。

 

 

 

* 町の中心に建つマドンナ聖所記念堂(マドンナ教会)

Dscn7090


聖母マリアが現れたと云われた場所に1505年建設開始。

ルネッサンス様式の漆喰細工の壁が素晴らしい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  * ベルリナ線に乗車し、いざ出発~

Dscn7095

Dscn7096


ティラーノの町の中

家々のすぐ近くを・・・ (江ノ電とか嵐電みたい

 

 

 

 

 

* プルジオ(スイスへの国境)近くには有名な360度ループ橋があり、高低差を調整。

Dscn7099                                  

Dscn7097


列車の一番後ろは自転車用

サイクリストは、その後ろの黄色い無蓋車に乗る。

(一般乗客も乗ることはできる

 

 

 

Dscn7103


人間と競争

人が走る速さとたいして変わらぬスピード

 

 

 

 

 

* ポスキアーヴォ谷

Dscn7114                                 

 

* ポスキアーヴォ

Dscn7110


標高1040m

この谷の中心の美しい町

 

 

 

 

 

* 昼食

Dscn7105                              

Dscn7106

Dscn7108

マッシュルームスープ ピソッケリ(そば粉のパスタ) モンブランアイス 

盛り付けがオシャレ~ lovely lovely lovely lovely lovely

美味しい~ happy02 happy02 happy02 happy02 happy02

 

 

続く ...

2012年8月 4日 (土)

ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第2日 -

7月7日 

ルガーノ → ベルザスカの谷 → ルガーノ

 

深い渓谷を流れる水は青く透きとおり、美しい村々が点在。

(ベルザスカの谷入り口ゴルドラ(標高226m)から再奥の村ソノーニョ(標高919m)まで25km

 

* コリッポ

Dscn7047_3                                                                                                                  
                                                                                                                                 

* ラベルテッツオ

Dscn7052_2
ポンティ・ディ・サルディ(跳躍の橋)

17世紀頃のローマ風の橋

 

 

 

 

 

 

 

* ブリオネ・ベルザスカ

Dscn7053_4                                                             

Dscn7054_6                                                             

 

 

* フラスコ                                                                                                                         

Dscn7066_2
                                

 

石造りの家々が並ぶ村の中心にある水汲み場                           

 

 

 

 

 

 

 

* ソノーニョ

ポスト・バスも此処までしか入れない美しい村。

Dscn7068_2

Dscn7079_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村の中心からさらに奥へ・・

「グロット」と呼ばれる田舎風レストランで昼食

豆と野菜のサラダ オッソブッコ(牛すね肉の煮込み)とポレンタ(トウモロコシの粉を練った料理) フルーツ

Dscn7072_2

Dscn7073_2                                                             

ポレンタはこの地方の名物料理らしいが、どうもお味は イマイチ だった

 

食後、さらに奥へ・・

Dscn7078_4

Dscn7075_3                                

 

 

 

 山羊さん、お通り~


                                                                    

 

 

 

 

 

同じ道をルガーノまで帰り

フニクラ(ケーブルカー)に乗ってサンサルヴァトーレ山(標高912m)へ。

Dscn7083 

Dscn7082
 

教会の展望台(?)から、ルガーノ湖畔に広がる市街、ブレ山、サン・ジョルジョ山(1097m)を眺望。

素晴らしい眺め!

 

ルガーノ湖(面積約50平方km)の入り江に開けたルガーノ・・

イタリアとの国境に位置し(イタリア語圏)、人口約57000人のティチアーノ州最大のリゾート地。 

2012年7月30日 (月)

ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第1日 -

7月6日(金) 

成田 → アムステルダム → ミラノ → ルガーノ

 

* 10:55 KL862 成田出発

Dscn7033_2

Dscn7036_5

昼食・夕食 和食をチョイス。

しめ鯖・・ 生ものが出たのには驚いた。

フルーツたっぷり、ワインも美味しい。客室乗務員もフレンドリーでいい感じ♪

(おやつ(?)に明治のバニライスクリーム

 

* 15:05 アムステルダム(スキポール国際空港)到着

  時差 -7時間 約11時間のフライト

シュンゲン協定 により、アムステルダムにて入国審査。

Dscn7037_2

 

* 17:20 KL1621 アムステルダム出発

Dscn7039_2

機内スナックのパッケージはオリンピック仕様・・ かわいい~♪

 

* 18:50 ミラノ(リナーテ空港)到着

荷物を受け取り、ルガーノへ向け出発~

コモを横目に湖水地方に入り1時間ほど・・

 

* 20:30 キアッソ通過

ルガーノ湖が見えてきた。

名実共にやっと スイス 入国!

 

* 21:00 ルガーノ到着

やれやれ、やっと着いた。 ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

 

ここに来るまで、一体全体、何時間かかっているんだ?

8時40分に成田空港第1ターミナルに集合だったのだから、単純に計算して、概ね20時間・・

集合時間が朝早いからと成田のホテルに前泊。

2時発のリムジンバスに乗るため1時前に家を出たのだから、軽く1日半は経っている。

 

 さすがに疲れたぜ ........ gawksleepygawksleepygawksleepygawksleepygawksleepygawksleepysleepysleepysleepy                                                       

2012年7月19日 (木)

天上世界

この同じ地球上の国とは思えぬ美しさ!

いやほんと、こんな天国みたいな場所 ・・って、まだ行ったことないけど・・ あるんですねえ。。。

この、美しさ・・ 雄大さ・・  

私の古いコンパクトデジカメやボキャ貧な言葉で言いあらわすこと、不可能なり!

 

Dscn7251

Dscn7344

 

オバーチャン ・・かなりなお年に見えた・・ がスタスタと、私たちを追い抜いていった。

ああほんと、天国の花園もさぞやと思われる~♪

Dscn7298

 

サンモリッツ湖に架かる二重の虹。

Dscn7320

2012年7月 4日 (水)

地上でもっとも美しい・・ と言われる

国土の約7割が山地で アルプスの国 と称される自然遺産の宝庫、スイス。

 

壮大な山の景色を仰ぎ見ながらハイキングを楽しみ、アルプスを彩る花たちに出会う旅。

 

   スイス最後の秘境 ベルザスカの谷

   絵本の世界 エンガディン地方

   ハイキング天国 ダボス

 

  Dscn7025_2

 

http://www.eurasia.co.jp/nittei/w_europe/wse0/index.html

 

ひょんなことから行くことになり、またしばらく留守します。

6日、出発。

朝早いので明日(5日)成田に前泊です。

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。 ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 

2_2


                                                  

 

 

 

   ┐(# ̄З ̄)┌