2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ぶらサライ

2017年4月17日 (月)

お花見 ~ 高尾・南浅川

今年の桜・・ cherryblossom

開花宣言は早かったが、その後の足踏みが長く、なかなか満開情報がでなかった。

森林総合研究所・多摩森林科学館 のページで開花状況を連日確認。

天気予報もヨシ!となり、 二婆でお花見に行く。

 

4月12日(水)

 JR高尾駅は爺婆で大混雑、、、

駅前のコンビニで riceball riceball を購入し、緩い坂道を15分ほど上って行く。

入園料、4月は400円(通常期は300円)である。

 

Img_5296

Img_5297

Img_5301

Img_5302

 

丘陵地に、咲き終わり、5分咲き、満開の桜 cherryblossomcherryblossomcherryblossom

暑くも寒くもない青空の下、桜を見ながら riceball riceball を頬張る。

しかし、未だ蕾の桜、未だ冬芽の桜木多数あり。

5月中旬くらいまで楽しめるようだ。

 

お腹もくちくなったところで、武蔵野陵墓地 へ。

厳かな雰囲気が漂う。

Img_5303_2


昭和天皇陵は桜が満開。

 

 

 

 

 

 

心身ともに清々しくなったところで、陵南公園、南浅川沿いの桜 cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom へ。

 

Img_5304

Img_5305


綾南公園を抜け南浅川方面を見ると・・ 

典雅な橋が見える。

Img_5306

昭和11年(1936年)に設置されたコンクリートアーチ式の橋で、武蔵陵墓地への参道となっている。

御陵参道の橋であるため、

威厳ある形式と周辺の自然との調和を考慮したデザインが施されているのが特徴です。

  とのこと。

なるほど、、、 と納得したが、その橋の名が「南浅川橋」とは、、、 ちょっと、、、 ねぇ、、、、

 

Img_5307

 

南浅川沿いの cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom

Img_5308

Img_5310

Img_5312

Img_5313

 

子ども達が川辺で石投げをして遊んでいるのを見る。

懐かしさを誘う光景だった。

お喋りをしながら西八王子駅まで歩き、駅前のスタバでアイスコーヒーとサンドイッチで再びお喋り。

楽しい一日だった。  

 

2016年12月 4日 (日)

サントリーホール「♪バックステージツアー」

11月24日(木)

朝から snow が降ったこの日、サントリーホールのバックステージツアーに行く。

 

東京で11月に積雪が確認されたのは、気象庁が気象観測を始めた1875年以来初めて。

11月の降雪は、千葉市は初めて、横浜市、甲府市では1962年以来54年ぶり、

宇都宮市、水戸市では1985年以来31年ぶり、前橋市、熊谷市では2002年以来14年ぶり・・ とのこと。

 

Img_5080

予定していた時間より30分早く家を出るが、現地へは集合時間ぎりぎりに到着。

 

まずは外観を見学。

 

* パイプオルゴール

Img_5072
正面玄関の上壁から現れ、

正午とコンサートの開場を知らせる。

オルゴールを回しているのは、

葡萄畑の番人である老人と少年の人形。

(バックステージツアー参加者のために10時半に現れてくれる。

 

 

 

* モニュメント「響」 (五十嵐威暢作)

Img_5099

真上から見下ろすと「響」の形。

(と言われても、我々には見下ろすことはできないのであるが。

 

 

 

 

 

* シャンデリア (石井幹子作)

Img_5079
数千個のクリスタルガラス(スワロフスキー)が三角形の面を構成。

蒸留されたアルコールの一滴一滴を表している。

 

 

 

 

 

* ホワイエの壁面

Img_5078


壁画・・ 宇治山哲平の最晩年の作

ステンドグラス・・ 三浦啓子作

 

 

 

 

 

 

* ブルーロズ(小ホール)

Img_5076


エントランスに咲く青い薔薇

(須田悦弘作

 

 

 

 

Img_5075

薔薇柄の椅子

寄木細工の床

 

 

 

 

 

 

いよいよ * 大ホール のバックステージへ。

 

Img_5084_2

 

指揮者の楽屋

 

 

 

 

 

Img_5083_2                                                            

ソリストの楽屋

 

 

 

 

 

Img_5082_2

 

 

 

 

 

 

Img_5085

 

 

 

 

 

Img_5087 
Img_5086

小澤征爾のサイン

左・・ バーンスタイン

右・・ ロリン・マゼール

左下・・ 武満徹

右下・・ 内田光子

 

Img_5088 
Img_5089 Img_5090_2
                                                            

 

バックステージツアー後、パイプオルガンコンサート。

Img_5091_2
♪ J.Sバッハ : イタリア協奏曲 BWV971 第1楽章 

♪ ハイラー : タンツ・トッカータ 

♪ シューマン : バッハの名による6つのフーガ 

♪ リスト : バッハの名による前奏曲とフーガ

                                  

 

 

Img_5093


葡萄柄の椅子                                

 

 

 

 

 

 

コンサート終了後、ツアー参加者は大ホールの舞台へ立つことができる。

Img_5096

Img_5098                                

 

参加者全員で「🎶 ドレミの歌」を歌い、サントリーホールの素晴らしい残響を体感する。

Img_5097

 

バックステージの詳細は サントリーホール公式ブログ「♪バックステージツアー」 を。

サントリーホールの歴史

 

                                                                                                                       ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

ホテルオークラでランチ restaurant wine cafe

Img_5100

Img_5101

 

帰るころには雪(霙?)も止み帰途に就く。

楽しく happy01 贅沢な lovely 一日だった。

 

 

2016年10月28日 (金)

江戸東京たてもの園

10月19日(水)

年金月恒例の「三水会」

この会は、年金月の第三水曜日(第三水曜日は15日より前になることはない)に集まろうと始まった会である。

高校を卒業して半世紀余・・・

大方は古希を迎えた爺婆が、毎度あーでもないこーでもないと・・・

今回は小金井公園の 「江戸東京たてもの園」 散策。

武蔵小金井駅に男7人女7人の計14人の昔ワカモノが集合。

その昔、開かずの踏切で悪名高かった駅も、とっくの昔に高架駅となり、

なんとまあ小奇麗な駅周辺となりにけり~ eye sweat01

 

Img_4864

 

徒歩にて玉川上水べりを歩き小金井公園へ向かう。

第三水曜日はシルバーデーで65歳以上は無料とのこと。

(まあここは、都立小金井公園内の施設であるからして通常でも200円であるが・・・

 

園内には復元された建物が点在しており、

基本的にそのどれも出入り自由で外見のみならず、中の造りも堪能できる。

(主だった建物にはボランティアガイドが常駐。

 

Img_4863

Img_4855

Img_4856_2


高橋是清暗殺の間

 

 

 

 

 

 

 

Img_4854

Img_4850

Img_4851



Img_4858

Img_4860

Img_4861

Img_4859

 

爺連は、その後の飲み会が楽しみで建物には気もそぞろ。

 

いい加減のところで駅近くの居酒屋へ移動。

飲み会はパスの女子・・

飲み会から参加の男子・・

例によって例のごとく盛り上がり、9時過ぎに散会。

 

江戸東京たてもの園を見て回るのに3時間余りでは無理。

春になったらゆっくり一日かけて回りたいと思う。

2016年8月16日 (火)

広島・原爆の日

8月5日から2泊3日で広島へ行く。

 

8月6日、灯篭流し。

Img_4756

 

オバマ大統領の折り鶴。

Img_4751

 

 

本来の目的は「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」参加だが、

(この式典、英語では HIROSHIMA PEACE MEMORIAL CEREMONY となっている。

ボランティアガイドさん(あらかじめ予約)西国街道コース(瀬野川より北側) を2時間半歩いたり、

三段峡 をハイキングしたり、二葉の里歴史の散歩道 を歩いたり・・・・

当日、翌日の平和公園の様子etc...... etc......

ちょっとどこかに手が触れたのか、あっという間に画像が ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・; shock 消えてしまった。

残念!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・crying

 

 

2016年3月22日 (火)

国立散歩

◆ 3月12日(土)

国立市観光まちづくり協会(NPO法人)の友人に誘われ参加する。

 

JR矢川駅 → 南養寺 → 滝乃川学園 → 郷土文化館 → 古民家 → さとの家→ 城山(じょうやま)

→ 谷保(やぼ)天満宮 → JR谷保(やほ)駅 → JR国立駅

 

緑濃い学園都市と里山の自然が両方楽しめる国立市。

面積は約8K㎡(日本で3番目だか4番目に小さい市とか・・

小さな村が大学(一橋大学)の移転をきっかけに発展してきた、平和で暮らしやすい学園都市です。

 

Img_4106

 

◉ 滝乃川学園

我が国初の知的障害の人々のためのキリスト教系福祉施設。

本館(国登録有形文化財)でお話を伺う。

Img_4096

礼拝堂に移動し・・

Img_4097

天使のピアノとフルートによるミニコンサート。

Img_4098

 

何年か前、美智子様がお忍びでお出でになり、弾かれたというピアノ・・

どうぞ弾いてみてください・・  とな。。。 ……(ノ゚ο゚)ノ !!(゚ロ゚屮)屮   coldsweats02

エルガーの 🎶 愛の挨拶 を、ほんのちょっこっと弾かせていただく。 (;゚∇゚)/ coldsweats01

感激~ happy02 happy02 happy02 

 

◉ 本館・天使のピアノについては こちら

◉ 礼拝堂については こちら

 

4時解散。

その後、さる場所にて有志数名で大いに盛り上がったのは言うまでもない。

 

 

2015年11月 4日 (水)

東海道五十三次ウォーク・第6回

10月23日(金)

「戸塚から藤沢宿」 (行程約7.7km)

JR戸塚駅(10時05分出発) shoe shoe shoe → 澤邉本陣跡 → 冨塚八幡宮

→ 戸塚宿(上方)見附跡 → 大坂 → お軽勘平の碑 → 原宿一里塚跡 → 諏訪神社

→ 昼食 → 遊行寺 → 江の島道 → JR藤沢駅(15時30分到着)

 

1


澤邉本陣跡

(後ろのお宅は「澤邉さん」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo


冨塚八幡宮

(山頂の古墳を「冨塚」と呼び、

「戸塚」の地名の起こりともいわれている。

 

 

 

                                            
Photo_5


戸塚宿(上方)見附跡

 

 

 

 

 

 

Photo_6
                             

 

 

大坂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_7                                  

 

Photo_8


お軽勘平戸塚山中道行の碑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_9


原宿一里塚跡

(江戸から11番目

 

 

 

 

 

 

delicious 昼食 @ ヨンドン・韓国家庭料理

Img_3351_2


Img_3352

Img_3354                                 

 

upwardright  江戸方見附跡

       ここから「藤沢宿」に入る。

 

Photo_10


遊行寺坂

 

 

 

 

 

 

Photo_11


遊行寺

(鎌倉時代後期、四代呑海上人が開山。

 

 

 

Photo_12


遊行寺橋

歌川広重の「藤沢宿」にある橋(当時は大鋸橋)

手前に江の島道一の鳥居がある。



                 

 

2015年11月 2日 (月)

東海道五十三次ウォーク・第5回

9月25日(金)

「保土ヶ谷宿から戸塚宿」 (行程約10km)

JR保土ヶ谷駅(10時15分出発) shoe shoe shoe → 金沢横丁道標 → 本陣跡 → 権太坂 → 境木

→ 品濃一里塚 → 東戸塚(昼食) → 江戸方見附跡 → 大橋 → JR戸塚駅(15時30分到着)

 

                         

Photo                                                         

金沢横丁道標

金沢・鎌倉へ行く分岐点。

 

 

 

 

 

 

Photo_2


本陣跡

苅部家(明治初年に軽部家に改正)がつとめた。

 

 

 

 

Photo_4


一里塚・上方見附跡

 

 

 

 

 

 

Photo_5


権太坂

江戸を出て最初の難所といわれる。

 

 

 

 

 

Photo_6


境木

武蔵国と相模国の国境。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

delicious 昼食@海のめぐみ食堂

Img_3262                                                                  

 

 

Photo_7

日本人によるハム作り始まりの地。
                                

 

 

 

 

 

 

Photo_8


江戸方見附跡

戸塚宿の入り口。

 

 

 

 

 

Photo_9


大橋

歌川広重が描いた「東海道五十三次戸塚」は、この橋のたもと。

 

 

 

 

 

「戸塚宿」

朝4時頃に発ち、夕暮れには宿に入る(男の足で約10里)のが一般的とされていた。

江戸からちょうど10里に位置することから、ここで泊まる人が多く大きな賑わいをみせた。

 

 

Img_3270

 

 

2015年7月 5日 (日)

6月のあれこれ・・ 続きの続き

6月17日(水)

年金月第三水曜日恒例の例の会 @吉祥寺

今回は「〇×高校卒業50周年記念同期会」となった。

70名余の参加。

幹事さん、お疲れさまでした。

しかしまあ、それにしても、、、 思えば遠くへ来たもんだ、、、、、、 (;´Д`A ```

(参加のお返事のあった先生の訃報を聞く。皆でご冥福を祈る。)

 

6月20日(土)

召天者合同記念会 @救世軍清瀬病院

Imgmain_2

 

6月26日(金)

東海道五十三次ウオーク(第4回)

「神奈川宿から保土ヶ谷宿」 (行程約7km)

shoe shoe shoe 東神奈川駅(10時出発) → 金蔵院 → 熊野神社 → 高札場 → 成仏寺

 → 淨龍寺(イギリス領事館) → 宗興寺(ヘボン施療所) → 権現山 → 洲崎大神 → 甚行寺(フランス公使館)

 → 昼食(@横浜「桃花苑」) →橘樹神社 → JR保土ヶ谷駅(2時30分到着)

 

 Img_2289


高札場

 

 

 

 

 

 

Img_2290


成仏寺(浦島太郎涙石

 

 

 

 

 

Img_2291


宗興寺(ヘボン施療所)

(ヘボン・・ ヘップバーンとか、、、、

 

 

 

 

Img_2292


洲崎大神

(頼朝が安房国の安房神社の神を招いたと伝わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Img_2297


田中家

(その昔、お龍さんが働いていたとか、、、

 

 

 

 

 

Img_2294_2                           

Img_2303

Img_2307                                 

 

Img_2310


橘樹神社

(京都祇園八坂神社を勧請して創建








                                   

 

 

 

 

 

Img_2299


浦島太郎伝説の亀さん

 

 

 

 

 

Img_2313


お侍

 

 

 

 

 

Img_2311

昔の人の一日の旅程、この辺りまでだったとか・・・ ヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!coldsweats02

やれやれ ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ お疲れさま~

 

   

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。 ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 

梅雨の晴れ間のある日の西の空

Img_2318

Img_2319
                                                                                                                         

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。 ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 

     ※ 明日(6日) ドロミテ・アオスタ へ・・・  しばらく留守します。

2015年7月 3日 (金)

6月のあれこれ・・ 続き

6月6日(土) 

奥多摩むかし道 を歩く。

行政センター 8時集合 bus → 青梅市 bus → 奥多摩駅

shoe shoe  → 奥多摩むかし道(10km・約4時間) shoe  →奥多摩湖 

Img_2256

Img_2260_2

Img_2259

Img_2262

Img_2266

Img_2269

Img_2271_2


 座り込んで本を読む金次郎(?)さん

 本を覗き込むと・・ 何も書いてなかった

    `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bus → 青梅市 bus → 行政センター 3時解散

予報では雨が心配されたが、まずまずの空模様で楽しく歩くことができた。

 

6月11日(木)

M子、Y代と 「富浦ビワ食べ放題・鎌倉散策と東京湾クルーズ」

7時50分出発 bus →東京湾アクアライン・海ほたる bus → 富浦(ビワ食べ放題) bus →金谷(昼食)

ship →久里浜 busshoe shoe 鎌倉

Img_2272_4


 海ほたる 

 

 

 

 

 

 

「ビワ王子」のタスキをかけたオニーサンの説明を聞き、いざいざーーーーー!

Img_2274

Img_2275

金谷出港

Img_2278

鎌倉

Img_2280

Img_2282

Img_2283_2


 海の家建築中

 

 

 

 

 

 

bus → 19時30分帰着


2015年7月 1日 (水)

6月のあれこれ

あっという間に6月も終わった。

一年の折り返し・・

年毎に月日の経つのがますます早くなる。

 

H_2


 お互い年取ったねえ、、、、、

  (ノω・、)  (/□≦、)  (u_u。)ハァ~

 

 

 

 

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。 ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。 

 

とりあえず6月のあれこれを記録しておこう。

紙の日記を見ると・・ 

6月は 暑さこの上なし で始まったようだ。

 

6月3日(水) ~ 4日(木)

F子と「備中松山城と世界遺産・姫路城、天空の山城・竹田城跡」へ。

羽田空港 airplane 9時30分発(JAL111便) → 伊丹空港 airplane 10時40分着

Img_2212
                                                       

ツアーバスbus で竹田まで行き、小さいバスに乗り換え、徒歩でshoe shoe shoe 竹田城 へ。

Img_2221

日本のマチュピチュとも称される威風堂々とした山城・・

ポスターなどで見る "雲海に浮かぶ幻想的な姿" は、やはりポスターでしか見ることはできないのである。

03_tokujounounkai


                                                            

 

 ←画像は観光パンフレットより拝借

                                                               

 

とはいえ、今もなお当時の威容(南北約400m、東西約100m)を誇る山城であるということに間違いなし!

 

一路 bus bus bus 岡山へ。

 

夕食後、散歩がてらホテルから岡山駅まで歩いていき、路面電車で岡山城へ行く。

路面電車を「城下」で降り、人の気配の無い地下通路をうろうろ・・

なんとか地上に出るも真っ暗で、またしてもうろうろ・・

彼方にボーっと浮かぶ天守閣が見えやれやれ・・

街灯も無い人っ子一人おらぬ道・・ 

Img_2223

 

6月4日

ツアーバス bus で備中高梁へ。

Img_2238

小さいバスに乗り換え、徒歩でshoe shoe shoe 備中松山城 へ。

現存天守を持つ山城として日本一の高さを誇る。

Img_2232

Img_2233

Img_2236

 

一路 bus bus bus 姫路へ。

姫路城(別名「白鷺城」) 見学。

Img_2240

Img_2248

Img_2247

案外空いており、ゆっくり(3時間滞在)見学できた。

 

伊丹空港 airplane 20時20分発(JAL138便) → 羽田空港 airplane 21時30分着

 

城だけに特化した良いツアーだった。