2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 11月のこと | トップページ | 京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -1日目 ・2- »

2020年12月21日 (月)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -1日目 ・1-

11月11日(水)

東京駅 🚄 → 京都駅 🚃 → 美山 👟 👟 👟  🚃 → 京都市内 🏢*からすま京都ホテル*  


8:00 東京駅発「のぞみ207号」

10:15 京都駅着

 

🚃 →  美山かやぶきの里へ(約1時間半

 

国道162号線で北へ向かう。

周山街道(若狭と京都を結ぶ西の鯖街道)の入り口高尾から京都府の中部に位置する南丹市に入る。

 

昼食 @旅館いそべ

Img_0260

Img_0254

*.(๓´͈ ˘ `͈๓).* 

地鶏鍋 湯葉刺し 天ぷら...etc

 

👟 👟 👟 美山かやぶきの里散策スタート

美山「北」集落の50戸のうち39棟が茅葺き屋根で、

(ひな壇状の土地に茅葺き屋根の民家が建ち並び、懐かしい日本の原風景そのものである。

国の重要伝統的建造物保存地区に選定(1993年12月) された。

現在は約100人ほどの人々が暮らす静かな集落・・

古くは鯖街道の一本が通っており行商の人々で賑わっていた。

(が、、、今は観光客で賑わっている。

Img_0263

Img_0266

茅葺き屋根は20年に1回は葺き替えが必要で、その費用は800万~1000万円かかるとか・・・。

国から80%の補助があるそうだが大変な額である。

 

美山民族資料館(築200年

母屋、納屋、蔵の3棟からなる典型的な北山型の建物。

Img_0272

Img_0274

Img_0276

Img_0278

Img_0279

北山型屋根の特徴

①入母屋造り

②板壁・建具は板戸

③屋根に千木(ちぎ)と雪割りを乗せる

 千木は「馬乗り」、雪割りは「烏(からす)どまり」とも呼ばれる。

Img_0280001

 

防火用放水銃(62基設置

普段は三角屋根の格納庫に収納されており、電力を使わず水圧で稼働する。

年2回(5月20日と12月1日)点検のため一斉放水される。

一斉放水の様子は → こちら

Img_0267_20201217152901

Img_0270_20201217151801

 

ちいさな藍美術館(築220年

藍染作家の新道弘之氏が私設美術館として2005年に開館。

Img_0290

1階藍染作業場

藍染め液の寿命は約3か月とのことだった。

Img_0289

2階の屋根裏部分には世界の藍染めコレクションが展示されている。

Img_0286

Img_0282

Img_0287

Img_0283

Img_0284

 

知井八幡神社(創建1071年。現在の本殿は1767年再建

知井九ヶ村の総社として祀られている。

本殿には細かい彫刻が施されており、京都指定文化財になっている。

Img_0292

 

静かな集落をゆっくり散策しながらバスへ。

Img_0273

Img_0291

Img_0296

Img_0295

Img_0294

 

 

🚃 →  同じ道を京都市内へ



   続く・・・。

 

« 11月のこと | トップページ | 京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -1日目 ・2- »

2020年・京都(芦生研究林と美山)」カテゴリの記事

コメント

古き良き日本の原風景・・・ですかね、
白川郷のように、合掌造り とも違うんでしょうね、
軽井沢の民宿がわらぶき屋根だったのを思い出しました、
雪、滑らないでくださいね、      
今日も、ご馳走様でした、   by yamaoji

★yamaojiさん

雪の白川郷へ行ったことがあります。
滑り止めに荒縄を巻いた長靴に履き替えヨッコラヨッコラと(笑
名物の栃餅が美味しかったのを覚えています。

藍美術館では一番にミャオ族の衣装が目に入り、
中越国境の少数民族を訪ねた旅が思い出されました。

雪・・
日本海側から水上辺りまで物凄い雪です。
寒くてもいいから大雪だけは降らないでほしいと思う年の暮れ。

コロナの勢いも収まりそうもありません。
タイも増え始めたようですね。
今年のyamaoji家のクリスマスは如何なものに・・・?
yamaojiさんもまた一つ年を重ねられるのですね。

Merry Christmas & Happy Birthday ‼🎵

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月のこと | トップページ | 京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -1日目 ・2- »