2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月30日 (水)

12月のこと

 

Img_0572

Img_0571

 

 

📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖

 

Img_0569

Img_0567

Img_0573

Img_0568

 

...。oо○**○...。oо○**○ ...。oо○**○ ...。oо○**○ ...。oо○**○

 

コロナで始まりコロナで終わる令和2年・・・

令和3年は明るい兆しが見える年であってほしい。

 

良い年をお迎えください!

 

 

2020年12月24日 (木)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -2日目 ・1-

11月12日(木)

ホテル 🚃美山・芦生の森  👟 👟 👟  🚃ホテル

 

朝食

Img_0317

 

🚃 → 美山芦生の森へ

 

国道162号線(昨日と同じ道)を北上 🚃 💨💨💨

真っ直ぐ伸びた北山杉に朝靄がかかる。

Img_0320

Img_0321

美山自然文化村・河鹿荘到着。

専用のマイクロバスに乗り換え、クネクネ道を1時間10分。

芦生研究林(京都大学フィールド科学教育センター森林ステーション芦生研究林)については → こちら

Img_0322001

芦生研究林・下谷林道コースの出発点ケヤキ峠(標高780m)到着。

Img_0325

Img_0323

コースの説明を受け、準備体操をしハイキングスタート!

ケヤキ峠 👟 👟 👟  トチノキ平保存林 👟 👟 👟  大カツラ 👟 👟 👟  長治谷作業所  🚃  芦生 🚃  美山自然文化村

(歩行距離・約4km 標高差・約150m 歩行時間・約4時間

Img_0326

Img_0327

Img_0332

熊がいるそうで ↓ 熊対策のため木の幹にテープが巻かれている。

Img_0328

Img_0333

ウリハカエデ・コミネカエデ・ハウチワカエデ・テツカエデ・イタヤカエデ...etc

サルナシ・ツルアジサイ・キハダ・ミズネ・ブナ...etc

紅葉の仕組み ・・ なるほど~

Img_0339

Img_0330

Img_0336

Img_0338

キノコ...いろいろ

Img_0329

Img_0387

Img_0337 

Img_0517_20201208145701

Img_0340

Img_0344

Img_0343

 

 

昼食

Img_0346

*.(๓´͈ ˘ `͈๓).* 

地元食材のお弁当 (鹿肉コロッケ 鹿肉のしぐれ煮 鮎の甘露煮 焼き魚 卵焼き  

Img_0349

ガイドの三船さん(右)と高御堂(左・たかみどう)さん

Img_0348

 

 

 

   続く・・・。

 

 

2020年12月22日 (火)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -1日目 ・2-

11月11日(水)

東京駅 🚄 → 京都駅 🚃 → 美山 👟 👟 👟  🚃 → 京都市内 🏢*からすま京都ホテル*  

 

夕暮れ迫るころホテル到着。

Img_0299

 

夕食前に「錦市場」へ。

Img_0306 

Img_0302

Img_0304

地域クーポンでお漬物、湯葉を購入。

変に土産物屋っぽい店が多くなり、京都市民の台所という昔ながら風情はあまりない。

昔ながらの店は6時には店を閉め始める。

 

夕食 @ホテル内「入舟」

Img_0307

Img_0309

Img_0310

Img_0311

Img_0312

Img_0313

Img_0315

Img_0316

   *.(๓´͈ ˘ `͈๓).* 

Img_0308001

 

 

 

  おやすみ~(-ω-)Zzzz...。oо○...。oо○...。oо○


 

 

2020年12月21日 (月)

京都大学芦生研究林と美山かやぶきの里 -1日目 ・1-

11月11日(水)

東京駅 🚄 → 京都駅 🚃 → 美山 👟 👟 👟  🚃 → 京都市内 🏢*からすま京都ホテル*  


8:00 東京駅発「のぞみ207号」

10:15 京都駅着

 

🚃 →  美山かやぶきの里へ(約1時間半

 

国道162号線で北へ向かう。

周山街道(若狭と京都を結ぶ西の鯖街道)の入り口高尾から京都府の中部に位置する南丹市に入る。

 

昼食 @旅館いそべ

Img_0260

Img_0254

*.(๓´͈ ˘ `͈๓).* 

地鶏鍋 湯葉刺し 天ぷら...etc

 

👟 👟 👟 美山かやぶきの里散策スタート

美山「北」集落の50戸のうち39棟が茅葺き屋根で、

(ひな壇状の土地に茅葺き屋根の民家が建ち並び、懐かしい日本の原風景そのものである。

国の重要伝統的建造物保存地区に選定(1993年12月) された。

現在は約100人ほどの人々が暮らす静かな集落・・

古くは鯖街道の一本が通っており行商の人々で賑わっていた。

(が、、、今は観光客で賑わっている。

Img_0263

Img_0266

茅葺き屋根は20年に1回は葺き替えが必要で、その費用は800万~1000万円かかるとか・・・。

国から80%の補助があるそうだが大変な額である。

 

美山民族資料館(築200年

母屋、納屋、蔵の3棟からなる典型的な北山型の建物。

Img_0272

Img_0274

Img_0276

Img_0278

Img_0279

北山型屋根の特徴

①入母屋造り

②板壁・建具は板戸

③屋根に千木(ちぎ)と雪割りを乗せる

 千木は「馬乗り」、雪割りは「烏(からす)どまり」とも呼ばれる。

Img_0280001

 

防火用放水銃(62基設置

普段は三角屋根の格納庫に収納されており、電力を使わず水圧で稼働する。

年2回(5月20日と12月1日)点検のため一斉放水される。

一斉放水の様子は → こちら

Img_0267_20201217152901

Img_0270_20201217151801

 

ちいさな藍美術館(築220年

藍染作家の新道弘之氏が私設美術館として2005年に開館。

Img_0290

1階藍染作業場

藍染め液の寿命は約3か月とのことだった。

Img_0289

2階の屋根裏部分には世界の藍染めコレクションが展示されている。

Img_0286

Img_0282

Img_0287

Img_0283

Img_0284

 

知井八幡神社(創建1071年。現在の本殿は1767年再建

知井九ヶ村の総社として祀られている。

本殿には細かい彫刻が施されており、京都指定文化財になっている。

Img_0292

 

静かな集落をゆっくり散策しながらバスへ。

Img_0273

Img_0291

Img_0296

Img_0295

Img_0294

 

 

🚃 →  同じ道を京都市内へ



   続く・・・。

 

2020年12月 8日 (火)

11月のこと

 

今月もやっぱりコロナコロナコロナで過ぎた、、、(*´Д`)ハァ~

 

山は変わらず綺麗だ。

Img_0566

柿の葉がすっかり落ちて・・

Img_0562

その分、青い空が大きく見える。

Img_0561

 

地域発行のプレミアム商品券が当たる。

知り合いで当たったという人は1人だけ・・・

倍率は3倍近かったということだ。

1万円で1万5千円(1000円券10枚 + 500円券10枚)

お得過ぎる。

Img_0550

 

今月からセブンイレブンの移動販売車が月に一度来ることになったようだ。

限界集落・・・目前だものねぇ 😢 😢 :;(∩´﹏`∩);:

Dsc_0124

 

 

暖かい日が続く。

カレンダーもあと一枚、、、、

 

 

📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖

 

Img_0244

Img_0246

Img_0249

Img_0551

 

 

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »