2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 熊野古道・伊勢路 - 第2日 ・(1)- | トップページ | 熊野古道・伊勢路 - 第2日 ・(3)- »

2019年12月20日 (金)

熊野古道・伊勢路 - 第2日 ・(2)-

12月4日(水)

 

🏠紀伊の松島  🚙 → 銚子川  👟  🚙 → 新鹿(あたしか)

→ 波田須(はだす)の道 👟 👟 👟 👟 👟  → 観音道  👟 👟 👟  → 大吹峠口 🚙🏢野倶楽部

 

 波田須神社

地域の人々が餅撒きをしたりする。

Img_9479

庚申塔

Img_9476

Img_9478

トタン屋根の社務所の裏手にご神体の岩がある。

Img_9477

徐福茶屋のテラスからの眺望

Img_9482

2200年前の秦時代の「半両銭(中国最古の穴あきコイン)」など(三石先生の私物)を見せていただく。

Img_9483

 

徐福の宮

赤い鳥居(楠)は三石先生寄贈。

徐福・・

秦の始皇帝の命により「不老不死」の薬を求め、船団を組んで日本へやって来た。

日本への初めての渡来人といわれており、その際にコインも持ち込まれた。

Img_9489 

小祠の横にある徐福の墓

Img_9485

JR東海の広告写真が撮られたところ。

Img_9490

眼下にJR紀伊線の波田須駅を見ながら(見えないが…)おたけ茶屋跡を通り、

(昭和の初めまで茶屋があり、おたけ婆さんの作る こけら寿司 が名物だった。

Img_9491

Img_9492

文字岩

西丹後守屋敷(洪水で流された)跡にある大きな石。

西丹後守・・

関ヶ原の戦いで西軍として戦うが敗戦し波田須に隠棲。

父を殺された遺子が仇討ちに来るが返り討ちにしてしまった自らを戒め「謹愼忍」と刻んだ。

Img_9493

大吹峠への指標を行き・・

Img_9495

Img_9497

大きな玉ねぎ状(表面がポロポロと剥がれる)の丸石

Img_9498

行き倒れた人(尾州の人)の墓

Img_9499

Img_9500

国道311号に出て、海の見える駐車場で お昼ご飯 ( ^ω^ )🎵

Img_9501

💕 熊野古道薬草弁当

荷姜飯(ガガ飯・ショウガとミョウガ) めはり寿司 押し寿司 茎漬けと生節のおにぎり 沖キスの揚げ団子 

サツマイモの茎の中華風炒め 鯖の南蛮漬け 徐福サイロ(サンマの昆布巻き) おさすり(まんじゅう) 

 

        続く・・・。

 

 

« 熊野古道・伊勢路 - 第2日 ・(1)- | トップページ | 熊野古道・伊勢路 - 第2日 ・(3)- »

2019年・熊野古道(伊勢路)」カテゴリの記事

コメント

こけら寿司、初めて聞きました、
こけらおとし、のこともちょっと覚えました・・・
でも、杮落とし こう書いて、こけらおとしと読む・・・
スマフォのアプリで四文字熟語を見直したばかりです・・・
今日も、ご馳走様&ありがとうございました、  
PS:今夜は、村の教会の方が来てクリスマスを祝います、
FB:yamaobaa,ぐぐって見てください、家内のところです、 by yamaoji

★yamaojiさん

箱寿司(押し寿司)だそうです。
押し寿司は彩りがきれいで、お祝いの感じがしますね。

歩け歩けでお腹も空き、お天気もいいし・・日本のお弁当っていいですよね。


奥様のFB、ググってみたのですが上手くいかないのでアドレスお願いできますか?
yamaoji家のクリスマスは行事が目白押しですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊野古道・伊勢路 - 第2日 ・(1)- | トップページ | 熊野古道・伊勢路 - 第2日 ・(3)- »