2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 熊野古道・伊勢路 - 第2日 ・(5)- | トップページ | 熊野古道・伊勢路 - 第3日 ・(2)- »

2019年12月29日 (日)

熊野古道・伊勢路 - 第3日 ・(1)-

12月5日(木)

🏢熊野倶楽部 🚙 → 松本峠道  👟 👟 👟  → 松本峠 👟 👟 → 鬼が城跡

→ 獅子巌(ししいわ)👟  → 花の巌(はなのいわお)神社 🚙野市駅 🚃 → 名古屋駅  🚄 → 品川駅 

 

朝、ベランダからの眺め・・

Img_9572

昨夕、温泉で湯上りにもらった 大内山牛乳 目覚めの一本( ^ω^)・・・🎵 を飲む。

Img_9568

朝食@馳走庵

Img_9574

Img_9569

Img_9570

Img_9571

朝ご飯を美味しくいただいて・・

Img_9575

帳場・四方八(いわゆるフロント)に集合し、今日も元気に出発~

Img_9576

 

松本峠道

(約4㎞  / 約2時間 / 高低差約120m

登り口付近は平成の石段と石畳で過去との違いがよく分かる。

(最近の石畳は凸凹がなく滑らかなので苔がつかないとか、、、

Img_9579

江戸時代の石畳・・

1712年、徳川吉宗の時代に再建された。

Img_9581

Img_9582

石畳は周囲の岩を削って(山自体が岩山)造った。

乱層積が綺麗に残っている。

Img_9583

Img_9584

三角形の石(三石先生だから???

Img_9585

「洗い越し(側溝)」も綺麗に残っている。

Img_9586

明治元年~2年の石畳・・ 隙間がなく角がきれい。

(刑務所から出所するペナルティとして 囚人(マグロの漁場をめぐる騒動)によって造られたとか、、、

Img_9590

左に本来の石畳の峠道が埋もれている。

Img_9592

再び江戸時代の道・・

Img_9593

また明治時代の道・・

Img_9595

松本峠(標高135m)

孟宗竹(孟宗竹は島津斉彬によって中国からもたらされた)の林が美しい。

熊野で一番古い 元禄時代のお地蔵様・・

(妖怪と勘違いされ鉄砲で撃たれた跡が残っている。

後方に成仏するため生き埋めになったお坊様の墓・・

(成仏の方法・①生き埋め ②那智の滝から飛び下りる ③座禅を組んだまま ④焼身

Img_9596

此処にはかつて寺小屋がありにぎわったとか・・・

Img_9597

 👟 👟  鬼ヶ城跡へ

Img_9600

 

    続く・・・。

 

 

« 熊野古道・伊勢路 - 第2日 ・(5)- | トップページ | 熊野古道・伊勢路 - 第3日 ・(2)- »

2019年・熊野古道(伊勢路)」カテゴリの記事

コメント

この朝食は、ブッフェ?なのでしょうか?
だとしたら、このプレート、いろんなのおかずが・・・
お代わりOKだったら、、高得点です!
体は、相変わらずなのに、ほんと、口卑しい・・・
でも、ほんとうに美味しいそうです、し、
大好きな盛です、
今日も、ご馳走様&ありがとうございました、  by yamaoji

★yamaojiさん

朝からこんなに・・と自分でも驚く量です。
旅先ならでは!デス。
柔らかな薄いお味の海山の幸がたっぷりの和風のブッフェでした。
ご飯は芋粥にしました。
この味付けならyamaojiさん、いくらでもお代わりOK(^_-)-☆
「食い意地・欲」が一番大事、と母がよく言っていました。

明日は大晦日・・
何がどうというわけではないけれど、日本の年越しは一味違うような気がします。
この一年、心温まるお付き合いをありがとうございました。
新しい年も変わらぬお付き合いをお願いしますね。
良い年をお迎えください。
健康第一でね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊野古道・伊勢路 - 第2日 ・(5)- | トップページ | 熊野古道・伊勢路 - 第3日 ・(2)- »