2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ピレネー と バスク地方 - 7目 (3)- | トップページ | ピレネー と バスク地方 - 8日目 (2)- »

2019年8月 3日 (土)

ピレネー と バスク地方 - 8日目 (1)-

  6月7日(金)

🚌 ビルバオ → アルタミラ洞窟(サン・ティリャーナ・デル・マル )👟 👟 👟  🚌  ビルバオ 👟 👟 👟 

 

    Hola!Kaixo!  

 

今日も今日とて朝食を美味しくいただいて、、、Let's go!

Img_8877_20190802085701

 

🚌 → サン・ティリャーナ・デル・マル郊外にあるアルタミラ洞窟へ(約125km

 

Img_8946

 

アルタミラ洞窟

Img_8918

 旧石器時代末期(およそ200万年前) に描かれた洞窟壁画で有名。

1879年、この地の領主マルセリーノ・デ・サウトゥオラ侯爵の12歳の娘によって発見された。

牛・イノシシ・馬など、動物を中心とした壁画が写実的に描かれている。

1985年、「アルタミラ洞窟」として世界遺産に登録。

落石(約13000年前)によって洞窟の入り口が閉ざされ、

外気から遮断されたことにより状態良く保存されたと考えられている。

その後2008年に17ヶ所が追加登録され、

現在は「アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術」となっている。

 

* アルタミラ博物館

前庭にバスク旗・スペイン国旗・EU旗が風になびく。

Img_8879

Img_8881

Img_8882

   ↓ 館内

Img_8883

人類の進化???

Img_8886

Img_8887

Img_8888

Img_8889

  ↓ 手形(オリジナル)

Img_8895

  ↓ 洞窟内再現

Img_8897

   ↓ レプリカ

Img_8901

Img_8903

Img_8904

Img_8905

Img_8910

Img_8911

  ↓ 閉ざされたアルタミラ洞窟

外気による痛みを考慮し公開されていない。

(高松塚古墳を思う、、、、

Img_8916

のどかな風景・・

Img_8919

Img_8914

Img_8915

 

 

    続く・・・。

 

 

« ピレネー と バスク地方 - 7目 (3)- | トップページ | ピレネー と バスク地方 - 8日目 (2)- »

2019年・ピレネーとバスク(4)」カテゴリの記事

コメント

御野菜中心の朝食、ベーコン・生ハム?ですか、
美味しそうな色味のある皿の中ですm
日本だけ?生ハムっていう国は?
なんて聞いたことありましたが・・
動物の壁画・・どっかの教科書に載っていた・・・
定かではありません・・・
牛も放牧されてて、風の爽快感・涼しさを感じますよ
今日もありがとうございました、   by yamaoji

★yamaojiさん

生ハム・・↓検索してみました。

イタリア語でプロシュート、スペイン語でモンセラーノ。
プロシュートとハモンセラーノの違い
プロシュートは皮付きの状態で塩漬けしてから熟成させているので、塩分が低く甘みがある。
ハモンセラーノは皮を剥いで脂の状態で塩漬けし熟成させているため、塩分が強くなる。
全体的にスペイン産のほうが熟成期間が長く、より凝縮された味わいになるようです。

とありました。

プロシュートは日本でも馴染みのある言葉ですが、でもやっぱり、生ハムと言ってしまいますね。
この朝の多めの食事、実は訳ありなんですよ(笑

アルタミラ壁画は世界史の教科書に載っていたような気がします。
洞窟の天井に描かれていてく首が痛くなりました。
何万年も前の人類が、こんなにも写実的に描くことができたなんて驚きでした。

夏休みなのか、校外学習みたいな子供たちが何処へ行ってもいました。
外のベンチの子どもたちは、あんたがた何処さ、、、みたいな遊びをしていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピレネー と バスク地方 - 7目 (3)- | トップページ | ピレネー と バスク地方 - 8日目 (2)- »