2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ポーランドの旅 - 第6日・§1 - | トップページ | ポーランドの旅 - 第6日・§3 - »

2018年7月 9日 (月)

ポーランドの旅 - 第6日・§2 -

6月2日(土) sun

Dzień dobry🎵

 

ワルシャワ滞在 shoe shoe shoe dash dash dash

                                                            

bus → ワルシャワ旧市街へ

 

* 昼食 @HONORATKA

ショパンも通ったというレストラン「ホノラトカ」

Img_7037

Img_7038

Img_7040

Img_7041

Img_7042

delicious 野菜とチーズのサラダ delicious ズラジィ・ザヴィヤネ(ピクルスの牛肉ロール) delicious べりーのピューレ

 

Img_7043                                

 

 

旧市街(歴史地区)

旧市街はワルシャワが首都になる以前からあった14~15世紀の街並みが残る地区。

Img_7031001_2

第二次世界大戦時、街の85%が空襲により破壊されたが、

Img_7045


                           

 

爆撃後の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_7051


弾丸の跡が残るドア 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真や絵画、文献を参考に市民の熱意と努力により、ほぼ戦前と同じ状態に復元された。

Img_7044

Img_7052

Img_7055


その人々の熱意が評価され、1980年「ポーランドの歴史地区」として世界遺産登録された。

 

* 旧王宮とジムクンド三世像 → 旧市街広場 → 聖ヤン大聖堂 → バルバカン →キュリー夫人博物館

Img_7032_2

旧王宮前に建つジムクンド三世像

ジムクンド三世・・

1596年、首都をクラコフからワルシャワに遷都した王。

 

 

 

 

Img_7050_2


旧市街広場に建つ人魚像

右手に剣、左手に盾を持つ勇ましい姿・・

ワルシャワの紋章になっている。

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                             clip ワルシャワという街の名前の由来・・

昔、ワルスとサワという漁師夫婦がヴィスワ川で漁をしていると人魚が網にかかった。

夫婦はこの人魚を家に連れ帰ったが、人魚はにヴィスワ川に帰りたいと言うのでヴィスワ川に帰してあげた。

するとその日から大漁になり、魚を買い求める人々で町は大賑わい・・・・。

「ワルシャワが発展したのは、この人魚のおかげ」という伝説があり、

ワルシャワという名は、この夫婦の名前である「ワルス(Wars)」と「サワ(Sawa)」からきた・・ と言われている。

 

Img_7063


* 聖ヤン大聖堂 (14世紀創建)

ワルシャワ最古の教会の一つ。

歴代ポーランド王の戴冠式や最初の憲法の発布式が行われた。

 

 

 

 

 

 

 

Img_7054_2


* バルバカン (15~16世紀建立)

     旧市街北側の入り口

 

 

 

 

Img_7056001


* キュリー夫人博物館

  1867年、ワルシャワで生まれ。

  ソルボンヌ大学卒業後、女性初のノーベル賞受賞者。

  1903年、ノーベル物理学賞(夫と連名)

  1911年、ノーベル化学賞(単独)

 

 

* にぎわう旧市街広場

Img_7049_2

Img_7058_2

Img_7064

Img_7059

Img_7057

Img_7060

日本人(?)が写っている写真があった。

(いつごろのものかは聞きそびれた・・

 

 

 

 

 

 

 

               続く・・・・。

 

« ポーランドの旅 - 第6日・§1 - | トップページ | ポーランドの旅 - 第6日・§3 - »

2018年・ポーランド(2)」カテゴリの記事

コメント

♯ Date: Mon, 9 Jul 2018 18:06:56 +0900 (JST)

===================================================

2枚目のお写真の絵は、ショパン?
なんか、サラサラヘアーのイメージが・・・
リーゼント、そうだったのでしょうか?

野菜チーズのサラダ、大好きです、

・・シェフ?なんか似てませんか・・

キューリー夫人、本は読んだことあります、

大道芸人、多いんですかね、
難しい体勢の彼・・つい最近ねたを知りました、 

今日も、ありがとうございました、 by yamaoji

★yamaojiさん

なんとなく悪人顔に見えますね。
他の場所で見た写真や望郷の思いからは、我々が想像するとおりの繊細さを感じました。
ヘアーは天パーなのかも。

野菜もチーズも豊富で美味しかったです。
ズラジィ・ザヴィヤネ(牛肉のロール煮)も、見た目は???でしたが美味しい。
毎度、yamaojiさんには目の毒で、、、ごめんあそばせね bleah

えっ!?こんなところにyamaojiさんが・・・ と、思わずシャッターを、、、

人形かと思ったら人間でした。
お尻のところに棒があるわけでなし、、 不思議です。
休日を大いに楽しんでいる様子がうかがえました。

チェンライの少年たち、全員無事救出されましたね。
この時期にしては雨も少なかったのでしょうか?
それにしても、素晴らしい仕事ぶり!scissors

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポーランドの旅 - 第6日・§1 - | トップページ | ポーランドの旅 - 第6日・§3 - »