2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ポーランドの旅 - 第1日- | トップページ | ポーランドの旅 - 第2日・§2- »

2018年6月15日 (金)

ポーランドの旅 - 第2日・§1-

5月29日(火)

Dzień dobry🎵

 

グダニスク滞在

グダニスク(グダンスク)

  バルト海に面したポーランド最大の港湾都市。

  琥珀産業の中心地で人口約50万人。

  997年に宣教師アルベルトが訪れ布教活動を行い、このことが街の起源とされる。

  1308年にドイツ騎士団領となり、以後、ハンザ同盟都市として繁栄。

  1793年から第一次世界大戦まではプロイセン領。

 

* 朝ご飯を美味しくいただいてレッツゴー

Img_6694

 

 

ヴィステルプラッテ

 第2次世界大戦勃発の地。

1939年9月1日早朝、ドイツ軍艦シュレスヴィヒ・ホルシュタイン(入港5日目)が予告なく攻撃を開始。

(1939年当時はグダニスクという名前ではなく、自由都市ダンチヒという名前で国際連盟の保護下に置かれていた。

圧倒的に優勢なドイツ軍は12時間以内の陥落を見込んでいたが、ポーランド軍は7日間持ちこたえた。

(ドイツ軍3000人に対しポーランド守備隊は僅か186人・・

Img_6699

Img_6698


                            

 

← 対岸に平和祈願の戦没者慰霊塔がある。

 

 




                                                         

車窓より

* エネルガ・スタジアム(観客席数43000席)

 UEFA EURO 2012大会のために新設された琥珀色のサッカー競技場。

Img_6697

* 旧ソ連時代の長さ1㎞にもおよぶ公営住宅・・ その当時は9000人が居住していたとか・・・

Img_6701

* こちら、今風マンション・・

Img_6700

 

 

 

オリーバ大聖堂 (ベネディクト派修道院付属教会)

12世紀創建。

15世紀にゴシック様式大聖堂として再建、17世紀にバロック様式で改築。

Img_6712

Img_6703

* 聖母子像を掲げた主祭壇

Img_6706

Img_6709

Img_6710


* パイプオルガンコンサート

パイプオルガンは3台で構成されており、パイプ総数は7876本で107の音色を出す。

音楽に合わせて天使の持つ楽器や星が動く仕組みになっている。

定時にパイプオルガン演奏が行われており、聖堂内は既に満員・・ 冷たい床に座って聴く。

素晴らしい音色にうっとり~

Img_6705

Img_6707

 

大聖堂の入り口付近にいたカワイ子ちゃんたち

Img_6711

 

 

    続く・・・。

 

« ポーランドの旅 - 第1日- | トップページ | ポーランドの旅 - 第2日・§2- »

2018年・ポーランド(1)」カテゴリの記事

コメント


♯ Sent: Saturday, June 16, 2018 1:57 AM

============================

ドイツ騎士団・ハンザ同盟・・・・

プロイセン領・・・なんか、学生のときに、

眠い目をこすり・こすりやっとの思いで

寝ないで聞いていたことを思い出しました・・・

3台のパイプオルガン・・・

良いでしょうね・・・  

今日もありがとうございました、  by yamaoji.

★yamaojiさん

バルト三国でも感じましたが、この辺りは歴史的に色々あるんですね。
世界史は難しい、、、(;´Д`A ```

パイプオルガンの音色は素晴らしかったです。
冷たい床に座って聴いていたら現地ガイドが、隣にある小さなチャペルで聴いてごらんなさいと。
そこで聴こえてくるバッハの「トッカータとフーガ」は、
また違って聴こえ、心が洗われるというのはこういうことかと思ったことでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポーランドの旅 - 第1日- | トップページ | ポーランドの旅 - 第2日・§2- »