2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ロシア世界遺産紀行 - 第5日・其の3 - | トップページ | ロシア世界遺産紀行 - 第7日・其の1 - »

2017年8月 7日 (月)

ロシア世界遺産紀行 - 第6日 -

Доброе утро

 

7月13日(木) cloud18

サンクトペテルブルク airplane → モスクワ bus → セルギエフ・パサード shoe shoe shoebus → スズダリ

 

* 08:20 SU3 サンクトペテルブルク(プールコヴァ空港)出発

* 09:25   モスクワ(シェレメチェヴォ空港)到着

 

→ セルギエフ・パサードへ

 

◆ セルギエフ・パサード (モスクワから北東へ75km

「黄金の輪」と呼ばれる町の一つ。

  pencil黄金の輪とは・・

    モスクワを囲む美しい田舎町のことで、

    15世紀末にイヴァン雷帝による中央集権国家が確立されるまで、各諸公国の首都として栄える。

    それらは9世紀に興ったキエフ・ルーシの諸公国だったが、

    1240年、キエフ(現ウクライナ)陥落後、その中心はモスクワに移っていった。

 

* 昼食 @TRAPEZNAYA

Img_5780

Img_5781

Img_5782

Img_5783

delicious サラダ delicious マッシュルームのスープ delicious チキンとポテト delicious サクランボのクレープ delicious チャイ

 

 

トロイツェ・セルギエフ大修道院(聖セルギエフ三位一体修道院)

Img_5786

ロシア正教の総本山。

(現在、300人の男子修道士、700人の神学生が生活。

14世紀、セルギィ・ラドネシスキーによって創設された修道院(当初は木造教会)が起源とされる。

 

* 聖門(グスヤナ門)

門の両側に創立者の歴史が描かれている。

Img_5787

Img_5788

Img_5789

バロック様式の食道・宮殿(17世紀)は、柱に葡萄模様の彫刻が施されている。

中間に支柱がないアーチ天井のホール。

Img_5795

食堂付属のセルギエフ聖堂の黄金のイコノスタス。

Img_5794

Img_5793

 

* 大鐘楼

高さ88mの鐘楼。

87個の鐘が15分おきに鳴る。

Img_5796                                    

 

* ウスペンスキー大聖堂

17世紀、イヴァン雷帝の命で創建された聖母被昇天の聖堂。

(4つの青いドーム・中央の金のドームは聖霊の火炎を表現。

Img_5804

堂内の壁一面にフレスコ画が描かれており、巨大なイコノスタスを持つ。

Img_5798

Img_5801

Img_5799

Img_5802

 

* トロイツキー(三位一体)聖堂

1423年、聖人に列せられた聖セルギエフの墓所の上に建てられた。

(聖セルギエフの棺は250㎏の銀を使用。

Img_5797_2

修道院の中で最も古い教会で、大勢の巡礼者が訪れている。

Img_5803001

 

* 聖セルギエフ教会(僧院食堂)

Img_5791

 

広い院庭では、プリャーニク(蜂蜜のクッキー)やクワス(黒パンを発酵させた夏の飲み物)が売られている。

Img_5790
                                                           

この辺りはマトリョーシカの産地とのことだった。

Img_5784

 

 

bus → スズダリへ

 

途中、シベリア鉄道の線路を渡る。

Img_5805

 

* 夕食 @スズダリのクレムリン内レストラン・TRAPEZNAYA

Img_5860

Img_5808

Img_5809

Img_5810

delicious サラダ(サーモン入り具沢山のマヨネーズ和え) delicious 壺入りキャベツスープ 

delicious 壺入りシチュー(チキン・パンで蓋) delicious リンゴのタルト delicious チャイ

 

 

hotel PUSHKARSKAYA SLOBODA

Img_5815

Img_5814

 

 

Спокойной ночи  (-ω-)Zzzz...。oо○...。oо○...。oо○ 

 

« ロシア世界遺産紀行 - 第5日・其の3 - | トップページ | ロシア世界遺産紀行 - 第7日・其の1 - »

国外旅・ロシア(2)」カテゴリの記事

コメント

今回は、最初っから、ご飯・・・うれし量的には・・・ですが・・・

葡萄模様の・・・・・

ロッジ周辺にあり教会に家族で毎日曜行ってます、

で、第2週の日曜日に、

パンとワイン(子供がいるので葡萄ジュース)をいただいています、

で、この日に、月1回ですが、近所の低所得家族に、

昼食を出しています、もちろんタイ料理を、で、一緒に食べてます、

もう数年続いていてて、今では、上記のご家族(ほぼ農作業員)が、

作っている農作物を使っています・うれしい、繋がりだと感じています、

天井の高い荘厳な教会・・・この目で見れたら泣くと思います、

夕食も、ボリュームがありOKです、

今日も、本当にご馳走様でした、   by yamaoji.

★yamaojiさん

キリスト教会の救済精神って素晴らしいですね。
このところキリスト教地域に旅行することが多くなり、
教会の扉はいつでも開いている・・というのを見てきました。
見返りを求めない相互扶助というのかしら、、、、
yamaojiさんご夫婦は、ずっと前から実践されてきていますよね。
繋がりが繋がりを生む・・素晴らしい財産ですね。

東方教会はマリア崇拝なのでしょうか?
ブルガリア、ギリシャともに聖母子像を数多く拝しました。
荘厳な教会内部、奥さまもきっと涙されることでしょう。

毎食ボリューム満点で・・・私にはね(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシア世界遺産紀行 - 第5日・其の3 - | トップページ | ロシア世界遺産紀行 - 第7日・其の1 - »