2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ロシア世界遺産紀行 - 第3日・其の2 - | トップページ | ロシア世界遺産紀行 - 第4日・其の2 - »

2017年8月 1日 (火)

ロシア世界遺産紀行 - 第4日・其の1 -

→ サンクトペテルブルクへ

 

ペテロザヴォーツク train …━━━train …━━━ train → サンクトペテルブルク shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe

 

7月10日(日)

22時45分発の夜行寝台列車でペテロザヴォーツク出発。

一泊分の荷物を持って駅舎脇の階段を上りホームへ・・

Img_5578

我々の車両の車掌さんがにこやかに出迎えてくれ、チケットを見せて乗り込む。

大きな荷物はホームまでポーターさんが運んでくれたが、

列車の中へはこの段差を ヨッコラショ! と、自分で持ち上げるしかないのである、、、 (;´Д`A ```

Img_5579

2段ベッドが向き合う4人用のコンパートメントを2人で使う。

スーツケースをベッド下に押し込み・・

マットを敷き、シーツを掛け、枕をポンポンしてベッドメイキング終了~ good

Img_5581

先程の車掌さんが来て再度、チケットとパスポートの確認。

(公務員的(?)ロシア人は不愛想とよく言うが、そんなことは一切ない!

Img_5582

各車両にサモワールが設置されており、いつでも熱いお湯がもらえる。

(手前のスナックは有料。

向かい側が車掌さんの部屋になっている。

トイレと洗面所は後方にあり、清潔に保たれている。

Img_5584

 

そうこうしているうち、発車ベル bell も鳴らぬまま ガタンゴトン と動き出したのである。

 

train …━━━train …━━━ train →  Спокойной ночи  (-ω-)Zzzz...。oо○...。oо○...。oо○ 

 

 

7月11日(月) sun 24

 

Доброе утро

 

ガタンゴトンという寝台列車の懐かしい音・・・

思っていたより快適な列車の旅・・

ふと目覚めると夜は白々と明けていて、何駅だかわからないが(ボルコヴストロイ?)停車・・・

(乗り降りする人はなく、時間調整なのか?

キリル文字はアルファベットと違って全く見当がつかない。

  pencil キリル文字‥

      キリルとムフージュ兄弟(修道士)が聖書を訳すためギリシャ文字を基本に作った文字。

Img_5583

Img_5586

 

6時24分、サンクトペテルブルク・ラドガ駅到着。

Img_5589


駅近くの旧ソ連系の大型ホテル「モスクワ」にて、洗面と朝食。

Img_5590


                                                          

サンクトペテルブルク

1703年、ネヴァ川河口に位置する湿地帯だった地に、

ヨーロッパ進出の拠点となる都としてピョートル1世によって建設された。

北のベニス、北のパリと称される美しい都市。

(モスクワに次ぐ人口500万人のロシア第2の都市。

 

* 青銅の騎士像 (デカブリスト広場)

1782年、エカテリーナ2世が造らせたピョートル大帝の像。

Img_5593

綺麗に手入れされた広場・・

Img_5595

遠目にも何かを踏みつけているのが分かる。

竜かなんかかしら、、、

と思いきや、これがなんと大蛇でスウェーデンを表しているという。

ニックき(憎い)スウェーデンめっ!というわけか、、、、、━━((゜Д゜Uu))━━ ヒェェェーーーーー

Img_5594001

 

 

       続く・・・。

« ロシア世界遺産紀行 - 第3日・其の2 - | トップページ | ロシア世界遺産紀行 - 第4日・其の2 - »

国外旅・ロシア(1)」カテゴリの記事

コメント

寝台車ね~~~こっちにきて当然のように乗ってませんが、

日本にいた時だって、寝台車・・・記憶にあるのが、
家族で、東北の祭りを見に行ったときに、
上野から乗ったような・・・もう定かでありません・・

アテンダントのユニホーム姿、OKです、

意識して、野菜中心なんですか?
旅行の楽しみ、いや醍醐味は、yamaojiは、
朝からでも、ご当地のものをガッツリいただく・・・
普段朝食を摂らないyamaojiですが、このときとばかり、
もーれつにいただきます・・・・・いやしいです、

今日も、ご馳走様でした、

PS;AZさん、相変わらずスタイルいいですね   by yamaoji.

★yamaojiさん

今、日本の寝台特急は人気でなかなか取れないらしいです。
私も何十年前、カニ族で東北や北海道に行ったとき以来です。
耳元でのガタンゴトン、何とも言えぬ旅情・・・
アテンダントの制服、オシャレですよね。

野菜中心というわけではないのですが、朝から重いものはちょっとね、、、
ロシアのパンケーキ(クレープみたいなの)は、どこのも美味しかったです。
yamaojiさん、10枚くらいはペロリかもね(笑

AZ、横から見ると、内臓があるのかしら?と思うほどです。
よく食べ、よく飲むんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシア世界遺産紀行 - 第3日・其の2 - | トップページ | ロシア世界遺産紀行 - 第4日・其の2 - »