2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ロシア世界遺産紀行 - 第7日・其の2 - | トップページ | ロシア世界遺産紀行 - 第8日・其の1 - »

2017年8月12日 (土)

ロシア世界遺産紀行 - 第7日・其の3 -

7月14日(金) cloud sun 23℃

 

スズダリ shoe shoe shoebus → ボゴリューボヴォ shoebus → ウラジミール shoe shoe shoebus → モスクワ

 

* 昼食 @農家レストラン

Img_5911


ユリヤさんのお宅

 

 

 

 

 

Img_5909

Img_5910

Img_5904

Img_5905

Img_5907

Img_5908

delicious サラダ(ピクルス・トマト・キャベツ・ニンジンetc....) delicious キノコとヌードルのスープ 

delicious ポーク・マッシュポテト delicious リンゴのピロシキ delicious ハーブティー delicious リンゴジャム

子供たち(男の子と女の子)がお料理を運んできてくれる。

(ロシア料理・・ どれも美味しくいただけたが、このお昼が一番美味しかった。

 

bus → ボゴリューボヴォへ

 

シベリア鉄道のボゴリューボヴォ駅の跨線橋を渡る。

殆ど列車を見ることはないというが、長い長い長ーーーーーーーーい貨物列車の通過に遭遇。

Photo_2


ウラジオストク方向から・・

 

 

 

 

 

Photo


モスクワ方向へ。

 

 

 

 

 

跨線橋の上から見えるバガリュープスキー公の宮殿と修道院。

Img_5914

Img_5916


遠くに見えるポクロヴァ・ナ・ネルリ教会をめざし、草原の中を20分ほど歩く。

Img_5917

Img_5923

                              

* ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会

(女子修道院で「神様の好きなところ」という意味。

Img_5924001

その優雅なたたずまいから「白鳥の教会」「白衣の花嫁」と称される。

 

bus → ウラジミールへ (モスクワの北東170km)

  pencil 「黄金の環」を代表する町。

    ウラジミール・スズダリ公国の首都として栄えたが、1238年、モンゴル軍によって町は破壊された。

    それ以降、ロシアの支配権はモスクワに移っていった。

 

* ウスペンスキー大聖堂

城門、聖堂とも白い石灰岩でできている。

12世紀、府主教座 がモスクワに移るまではロシアの大聖堂の最高位にあった。

(エカテリーナ2世の寄付により修復。

天井アーチに、アンドレイ・ルブリョフ(ロシアで最も尊敬されるイコン画家)によるフレスコ画「最後の審判」

奇跡を起こした「ウラジミールの聖母」 も、ここに置かれていた。

Img_5930

Img_5931

Img_5935


ウラジミール公の騎馬像

                             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

* 聖ドミトリエフスキー寺院

白い石灰岩の外壁一面に美しいレリーフ。

Img_5937

 

 

bus → モスクワへ

 

Img_5948

 

 

* 夕食 @SUVOROV

Img_5943

Img_5944

Img_5945

delicious シーザーサラダ delicious ポークストロガノフ delicious アプリコットパイ delicious チャイ

 

hotel HOLIDAY INN SUSCEVSKY

Img_5947                                 

 

 

Спокойной ночи  (-ω-)Zzzz...。○...。oо○...。oо○ 

« ロシア世界遺産紀行 - 第7日・其の2 - | トップページ | ロシア世界遺産紀行 - 第8日・其の1 - »

国外旅・ロシア(2)」カテゴリの記事

コメント

ロシア隣国北欧までに、

ユリアという名の女性が多いと感じてましたが????

テーブルクロスに並べられた、フォーク・スプーン・・・

って大きく・重い感じのものでしたか?

yamaoji重くて大きいフォーク・ナイフ等が大好きなんです、

だから、箸もなるべく太く・長い箸を使うようにしています・・・へんなこだわり・・

家内の弟の奥さんが今インタースクールの給食の仕事をしています、

で、売れ残ったマッシュポテトを袋いっぱい持ってきてくれます、

これ、大好きなんです、で、1回で食べ切れなかったら、

次の日に、コロッケにします・・・

白鳥の教会・白衣の花嫁・・・素敵なネーミングですね、

今日も、ありがとうございました、  by yamaoji.

★yamaojiさん

クラブに来ていたウクライナ人もユリアさんでした。
近所のジャーマンシェパードもユリア(JURIA)
北欧、東欧に多いのかな?

フォークやナイフ
銀製ではないと思うけれど重厚なものでした。
ピクルスが美味しかったです。
添えられた大量のマッシュポテト、どこへ行っても量が多すぎ・・
コロッケ・・いいですね♪
ミートソースと重ね焼き、オムレツ、、、、 名コックyamaojiさんの腕の見せどころね。

ネルリ川に映る姿も美しいらしいのですが、
この日は風があり、さざ波がたっていてあまりよく映りませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシア世界遺産紀行 - 第7日・其の2 - | トップページ | ロシア世界遺産紀行 - 第8日・其の1 - »