2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

ロシア世界遺産紀行 - 第3日・其の2 -

7月10日(月) sun 16℃

 

ホテル bus → 水中翼船乗船場 ship → キジ島 shoe shoe shoeship → ペテロザヴォーツク

train …━━━train …━━━ train …━━━ → サンクトペテルブルク

 

Img_5527001


ピョートル大帝の大きな銅像   

「スウェーデンと戦う大砲を造る工場を建てよ」のポーズ。

(実際のピョートル大帝も身長は2mあったとか 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→ キジ島へ   

 

11時15分発の水中翼船に乗り、約67km離れているキジ島へ。

Img_5531

1時間15分の乗船(この間にサンドイッチ・リンゴ・ヨーグルトetc...BOXランチ)後、島に到着。

下船時、首から下げるナンバーカードのようなもの(これがないと帰りの船に乗れない)を渡される。

帰りの船は、16時45分発。

1日1便のみ(この日は2隻)の運行で、島内滞在は5時間である。

Img_5535

                                                          

キジ島

オネガ湖に500余りある島々の中で最大(長さ6km、最大幅1.5km)の島。

キジとは・・「偶像崇拝者の祭りをするところ」という意味。

島全体が野外歴史建築民族博物館となっている。

Img_5568

Img_5567

 

* プレオブランジェンスカヤ教会 (1714年再建)

22個の葱坊主型ドームがピラミッドの形に重なる木造教会。

釘は全く使わず、斧で白楊の木を削り複雑に組み上げられている。

現在修復中で(2020年には終了予定。あくまで「予定」とのこと・・)残念な(?)姿・・

だがしかし、、、

修復中の骨組みなど、そうそう見られるものではない・・ とプラス思考に切り替える。

Img_5538

Img_5569

Img_5539001

Kiji001


修復なれば、このような姿に・・

 

 

 

 

 

 

Img_5570


                            

* ポクロフスカヤ教会 (1764年創建)

(プレオブランジェンスカヤ教会の左側の建物)

Img_5544

18世紀のイコン。

菩提樹の木に、白墨と糊で地塗りした下地にテンペラで描かれている。

(青色は中近東からのラピスラズリで、貴重だったのか青色は少ない。

Img_5540

Img_5543_2


3人の修道士による東方教会の聖歌・・

(なんと清らかな歌声 lovely

 

 

 

 

 

* 富農の家

Img_5548

1階は生活の場。

Img_5550

Img_5553

Img_5549

2階には来客用の部屋があり、窓際の角にはイコンが飾られている。

Img_5556

Img_5555

Img_5554

屋根裏(?)は船を作ったりする工房になっている。

(白川郷の合掌造りの屋根裏に似ている。

Img_5558

外には菜園が広がり、湖のそばにはバーニャ小屋(サウナ)がある。

 

* 中農の家

Img_5559

彫刻をする男性。

鑿を見せながら「この鑿はヤポーニヤ」と得意そう(?)だった。

(「和風総本家」が聞いたら泣いて喜ぶだろうね。

Img_5561

Img_5560

  

* 大天使ミカエルの礼拝堂

Img_5565

鐘楼には大小の鐘があり、女性が両手を駆使して鐘を鳴らすのを聞く。

素晴らしい、、、 lovely

 

* ラザロ復活教会

Img_5566
                                                            

あっという間に時間が経ち、再び水中翼船に乗りペテロザヴォーツクへ。

Img_5572


                                                        

* 市民公園

大きな歯車、不良品の大砲、溶鉱炉、線路などなど、工場にあったものが展示されている。

Img_5573

デルザーヴィン像(ペテロザヴォーツクの初代知事。詩人でプーチンの先生だったとか・・)

Img_5574

毛皮の帽子を手に持つレーニン像もあった。

 

* 夕食 @FREGA

Img_5575

Img_5576

Img_5577

delicious サーモンとアボカドのサラダ delicious スズキとリゾット風 delicious コケモモのムース delicious チャイ

 

22時45分発の寝台列車にてサンクトペテルブルクへ ‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

 

 

2017年7月30日 (日)

ロシア世界遺産紀行 - 第3日・其の1 -

Доброе утро

 

7月10日(月) sun 16℃

 

ホテル bus → 水中翼船乗船場 ship → キジ島 shoe shoe shoe  → ペテロザヴォーツク → train●→ サンクトペテルブルク

 

出発まで時間があったので、朝食前に2時間ほど街をぶらぶら shoe dash

 

まず、モスコフスキー駅へ・・

Img_5523

駅舎の横に、直接ホームに行くことができる石段があったので上って行くと・・

ずいぶんカッコいい電車が止まっており、旅行客らしい人が続々と乗り込んで行くところだった。

Img_5503

Img_5502

 

街はまだ、ひっそりとしており(6時過ぎだったかな?)・・

Img_5507

Img_5506

Img_5505

 

地図を見ながらオネガ湖まで歩く。

Img_5517

Img_5515

Img_5513_2


 石の上に願い事のモニュメント。

 (お金持ちになれますように・・・ かな?

 

 

 

 

Img_5518_2


女学生たちは花壇の手入れ・・

 

 

 

 

 

 

Img_5512

Img_5520

Img_5521

Img_5522

 

* 朝食

Img_5525

 

 

 

     続く・・・。

2017年7月29日 (土)

ロシア世界遺産紀行 - 第2日・其の2 -

7月9日(日) cloudsun 16℃

 

ホテル bus → カレリア共和国(ペテロザヴォーツク)

 

ペテロザヴォーツク

フィンランドと国境を接するロシア連邦カレリア共和国(オネガ湖、ラドガ湖など、森と湖の国)の首都。

人口密度は1k㎡に4人・・・ Σ((oÅO艸*)

 

* 国立博物館 

Img_5437

Img_5435_2


 博物館前広場に立つレーニン像 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民族衣装を着た博物館内専任ガイドの案内で見学。

Img_5438

 

オネガ湖付近で発見されたBC3世紀の岩絵・石器・土器・・

カレリア地方の伝統的なアクセサリー、14~15世紀の衣服・・

ペテロザヴォーツク(ピョートルの工場という意味)の歴史・・

ロマノフ王朝時代の生活にまつわるもの・・

フィンランド民族叙事詩「カレワラ」についての資料や楽器・・

などなど、興味深いものが多々あった。

Img_5440

Img_5441

Img_5444

Img_5445

Img_5446

Img_5448

Img_5449

 

 

hotel PARKU INN PETROZAVODSK

Img_5524

Img_5451_2


夕方6時過ぎ、

部屋から見えるペテロザヴォーツク駅。

                                

 

 

 

 

 

*夕食 @ホテル内レストラン

Img_5452

Img_5492

Img_5453

delicious チキンサラダ delicious ポーク(トマト・胡瓜・ぱぷりか・マッシュポテト添え) 

delicious フルーツサラダとアイスクリーム delicious チャイ

 

カレリア地方のフォークロアダンスが始まり・・

Img_5456

Img_5496

Img_5490

我々も一緒に・・

Img_5467 


  capricornus 山羊さん capricornus 山羊さんダンス

 

 

 

 

 

Img_5485
                                   

 

あんたがたどこさ~的ダンス

 

 

 

 

 

調子が出てくると曲調が早くなり、もう大変 (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.  

だけど・・・ 楽しい( ^ω^)・・・o(*^▽^*)o (*≧m≦*)

 

大汗かいて、、、、大移動の疲れも吹っ飛び、、、、、

 

Img_5450

 

 

Спокойной ночи  (-ω-)Zzzz...。oо○...。oо○...。oо○ 

 

2017年7月28日 (金)

ロシア世界遺産紀行 - 第2日・其の1 -

Доброе утро

 

7月9日(日) cloudsun 16℃

 

ホテル bus → カレリア共和国(ペテロザヴォーツク)

 

* 朝食 delicious

Img_5413

 

 

→ ペテロザヴォーツクへ

 

アレキサンドルネフスキー橋を渡り・・                                                       

Img_5415
                                                             

ヨーロッパで3番目の街 何で3番目かは忘れた、、、 (;´д`)トホホ… というサンクトペテルブルクグを離れ・・

Img_5416001


カレリア共和国へ向かって430kmの大移動!

走っても走っても松、白樺、白楊の林が、どこまでも続く。

Img_5418

 

2時間ほど走り、シャシストロイ町(ラドガ湖のそば)のドライブインでトイレ休憩。

その後、2時間弱走り昼食。

 

* 昼食 @STARAYA SLOBODA

Img_5421

Img_5422

delicious キャベツのスープ delicious コールスロー delicious チキンソテー(ポテト添え) delicious チャイ

 

Img_5423

Img_5424

Img_5428

Img_5427

Img_5426_2


 アレキサンドルスヴィール修道院

 

 

 

 

 

 

食後、またまた2時間ほど走り・・

Img_5431

 

プリーザ村のカフェでトイレ休憩。

Img_5433

Img_5434

 

 

   続く・・・。

 

2017年7月27日 (木)

ロシア世界遺産紀行 - 第1日 -

ロシア連邦 Russian Federation

ロシア連邦

spc

旧ソ連の崩壊に伴い、帝政ロシアの国旗が復活したもの。

スラブ三原色と呼ばれる「白・青・赤」の3色を横に三等分に配列。

 
 白・・ 高貴と率直の白ロシア人
 
 青・・ 名誉と純潔の小ロシア人
 
 赤・・ 愛と勇気の大ロシア人
 
 
 

7月8日(土)

成田 airplane → モスクワ airplane → サンクトペテルブルグ

 

* 12:40 SU263 成田出発



Img_5404001
                                                         

Img_5407
                                                         

アエロフロートの乗務員は不愛想とか、機内食は不味いとか噂に聞いていたが、

別に不愛想でも(余分な笑顔はないが・・・)なく、不味くも(パンは不味い)なかった。

ただアルコールがワインだけ(beerは有料)というのは、、、 どうなの?

 

* 16:00 モスクワ(シェレメチェヴォ空港)到着  時差-6時間

 

予定より40分遅れで出発したのに10分早く到着。

成田~モスクワ間の飛行時間は10時間10分とのことだが、

9時間20分でシベリア上空をひとっ飛び~ ━━((゜Д゜Uu))━━ ヒィーーーーー!

Img_5405

1時間弱も早く飛んで、時間も燃油も大幅エコ!?

アエロフロート・ロシア航空、恐るべし!

 

* 18:45 SU26 モスクワ(シェレメチェヴォ空港)出発

 

* 19:40 サンクトペテルブルク到着

Img_5408

モスクワを25分遅れで出発したが時間通りに到着。

 

 

→ ホテルへ

 

夜8時過ぎだが、まだまだ明るい。

バス車窓より見る古い時代の建物・・ 1階は店舗、上は住宅(アパート?)。

上階の窓が大きくとられた部分は、芸術家たちのアトリエ(現在も)とのことだった。

Img_5409

 

鉄道駅。

重厚な建物、駅名はモスコフスキー?

Img_5410

 

 

hotel PARK IN NEVSKY

日本時間の翌日午前3時頃到着、、、 やれやれお疲れさま~ (。´・_・`)フゥ~=3

Img_5411

 

Спокойной ночи  (-ω-)Zzzz...。oо○...。oо○...。oо○ 

 

2017年7月26日 (水)

いつの間にやら・・・

梅雨明けしたらしい。

Img_6144


7月だ。

というか、間もなく7月も終わりだ。

高く低く飛んでいたツバメが去り・・

Img_5395

明け方や夕方に、ホトトギスが トーキョートッキョキョカキョク と高い声で鳴くのを聞く。

 

それでなくても暑いのに、ますます暑い8月が目の前だ。

 

Img_6141

Img_6146

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »