2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月28日 (金)

江戸東京たてもの園

10月19日(水)

年金月恒例の「三水会」

この会は、年金月の第三水曜日(第三水曜日は15日より前になることはない)に集まろうと始まった会である。

高校を卒業して半世紀余・・・

大方は古希を迎えた爺婆が、毎度あーでもないこーでもないと・・・

今回は小金井公園の 「江戸東京たてもの園」 散策。

武蔵小金井駅に男7人女7人の計14人の昔ワカモノが集合。

その昔、開かずの踏切で悪名高かった駅も、とっくの昔に高架駅となり、

なんとまあ小奇麗な駅周辺となりにけり~ eye sweat01

 

Img_4864

 

徒歩にて玉川上水べりを歩き小金井公園へ向かう。

第三水曜日はシルバーデーで65歳以上は無料とのこと。

(まあここは、都立小金井公園内の施設であるからして通常でも200円であるが・・・

 

園内には復元された建物が点在しており、

基本的にそのどれも出入り自由で外見のみならず、中の造りも堪能できる。

(主だった建物にはボランティアガイドが常駐。

 

Img_4863

Img_4855

Img_4856_2


高橋是清暗殺の間

 

 

 

 

 

 

 

Img_4854

Img_4850

Img_4851



Img_4858

Img_4860

Img_4861

Img_4859

 

爺連は、その後の飲み会が楽しみで建物には気もそぞろ。

 

いい加減のところで駅近くの居酒屋へ移動。

飲み会はパスの女子・・

飲み会から参加の男子・・

例によって例のごとく盛り上がり、9時過ぎに散会。

 

江戸東京たてもの園を見て回るのに3時間余りでは無理。

春になったらゆっくり一日かけて回りたいと思う。

2016年10月22日 (土)

料理教室

10月18日(火) 

日本語クラブの料理教室があった。

学習者がそれぞれの国の料理、日本人スタッフは「栗ご飯」と「すいとん」を作った。

Img_4844


* 具だくさんのすいとん

Img_4840


* 餃子(中国)

水餃子と焼き餃子

Img_4834

Img_4839

 

* チキンアプリターザ ギナタン (フィリピン)

Img_4836


* チキンとポークのアドボ フルーツサラダ(フィリピン)

Img_4837

 

* OZビーフステーキ 生春巻き(オーストラリア・ベトナム系オーストラリア)

Img_4841

 

テーブルいっぱいの御馳走が並ぶ。

外国人の学習者たちは自国の料理を手際よく作り、いつもながら感心する。

さて我々日本人が外国に行き、

なにか日本料理を作って・・ と言われたとき、このようにササッと何か作れるだろうか・・・                                                          

Img_4842

Img_4843         

 

机での勉強とはまた違うが、日本語の良い勉強になったと思う。

楽しい一日だった。

  

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;: ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

久しぶりに奇麗な夕焼けを見る。

Img_4848

2016年10月20日 (木)

久方振りの青空

すっきりと季節が入れかわってくれない今年の秋・・

朝晩、寒いくらいの日があったかと思えば、バカに生暖かかったり・・・

日中も暑いくらいの日があったり・・・

 

今日は久しぶりに青い空が広がった。

(気温が高く爽やかな秋の日とは言えないが

Img_4822

Img_4824

 

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:* ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:* ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

のんきなトーサン・・ すっかりご老体 dog sweat01

Img_4832

 

2016年10月16日 (日)

素直なもの

ふと思い立ち、以前のブログを覗いてみる。
 
2010年10月13日 の日記より
 
 
 
ねこじゃらしススキの初穂犬の尻尾素直なものに秋の風吹く
 
             -- 上田由美子(徳島市 10月11日 「朝日歌壇」


428d58c6.jpg
354ea3f6.jpg2f2bc5fa.jpg















       
           素直なもの・・ 
     ネコジャラシ ススキの初穂 犬の尻尾

      「犬の尻尾」っていうのがいいなあ。


     嬉しさ、喜びが素直に表れる犬の尻尾。
         素直に表れる感情・・・
          
          だから、好き!


(*・ω・)ノ (*・ω・)ノ (*・ω・)ノ (*・ω・)ノ (*・ω・)ノ (*・ω・)ノ 


 

犬は尻尾を振るから嫌いだったんです。自分は尻尾を振れない人間なんで。
庭にウズラでも放し飼いにしようと思ったら家族に反対されて、犬になりました。
初代のロッキーで、おしめをする老犬介護を経験しました。
それを乗り越えると、どんどん犬好きになって。
人間なら尻尾を振ったのに冷たくされたら、「この野郎」と怒るでしょう。
犬は「来なくてもいい」と言われても尻尾を振り続けます。なんて偉いやつだと。
2代目は目の前で車にひかれ、助からなかった。
2代とも柴犬のオスでハイパーな[癖の強い]犬だったので3代目は雌に。
名前も、ろっきぃと平仮名にしました。
乳母犬に育てられたお嬢さん犬で自分を人間と思っているようです。
ミッキーは近くのシベリアンハスキーの犬小屋にいたんです。
子犬を一緒に飼っているのかと思ったら勝手に住んでたそうです。
1か月ぐらいでいなくなり、今度は駅の工事現場の秋田犬のところに居候してました。
捕まえようとしたら、すごいジャンプ力で庭の塀を越えて逃げられました。
保健所に捕まえてもらったんです。
ついのすみかだとは思っていないようで、大嫌いな雷が鳴ると逃げ出しました。
一晩中探し回ったけど見つからなくて、朝帰ってきました。どこかで震えていたんでしょうね。
落語家になる目的で来た弟子は、なってくれないと困るから叱る。
犬は、いい犬になってほしいと思わないから小言は言わない。
客が来るとうるさく吠えるのがミッキーなんです。そのままでいてくれるのがうれしい。
犬は塩気がだめなので、醤油なしの卵ご飯や納豆を一緒に食べます。
犬がいなかったら、何のために朝食を食べるのかわからないくらい寂しいでしょうね。


三遊亭円丈
  

 1944年生まれ、名古屋市出身。
 落語家。古典落語の名手、円生の弟子。独創的な新作落語で支持を得ている。
 ろっきぃは柴犬のメス、10歳。ミッキーは雑種のメス、推定9歳。


10月7日 朝日新聞 「かぞくの肖像」より

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »