2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ブルガリア紀行(プライベート・バラ祭り) - 第6日 ∽2 - | トップページ | ブルガリア紀行(プライベート・バラ祭り) - 第7日 ∽2 - »

2016年7月13日 (水)

ブルガリア紀行(プライベート・バラ祭り) - 第7日 ∽1 -

Добър ден

 

5月30日(月)

プロブディフ → バチコボ shoe shoe shoe  → プロブディフ shoe shoe shoe → ソフィア

 

* 朝食

Img_4492                           

 

今日も sun sun sun

Img_4491_2

 

hotel RANADA PLOVDIV TORIMONTIUM を気分よく出発~

Img_4490

 

 

→ バチコボへ bus dash (プロブディフから30km

 

* バチコボ僧院

リラの僧院に次ぐブルガリア第2の僧院。

1083年、ビサンチン軍の司令官を務めたバクリアニ家の2人の兄弟(グルジア出身)が、

ビサンチン皇帝から与えられた土地に修道院を創設。

14世紀に火災で焼失したが、1601年に再建。

教会堂入り口の壁画は1841年、ザハリ・ゾクラク(リラの僧院の壁画を描いた)によって描かれた。

Img_4495

Img_4499

Img_4505

聖母教会の内部はフレスコ画で埋め尽くされ、

金箔を施したイコノスタシス(18世紀)が煌びやか、かつ荘厳。

Img_4501_2

Img_4506

Photo_2_3


 聖母のイコン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4502

Img_4504_2                           

Img_4508_2


 聖ニコライ教会

 

 

 

 

 

 

Img_4513


 僧院の敷地内では、

 自家製のジャム、ピクルスなどが売られている。

 

 

 

 

Img_4515


 参道には露店が並ぶ。

 が・・・ 暇そうだった。

 僧院を出てすぐ(坂道の一番上)の露店でハーブソルトを買う。

 

 

 

 

 

    続く・・・・

« ブルガリア紀行(プライベート・バラ祭り) - 第6日 ∽2 - | トップページ | ブルガリア紀行(プライベート・バラ祭り) - 第7日 ∽2 - »

2016年・ブルガリア(2)」カテゴリの記事

コメント

今日は、静粛・厳かに、って感じですね!
よく、ユーロ圏などの教会で、ジャムとか売っていますよね、
戦火のときの非常食用・・・なってところの話を聞いたことがありました、
今日も、ありがとうございました・・・     by yamaoji.

★yamaojiさん

日本でもクッキーなんかを売っていますね。
戦火の時の非常食・・・ 様々な時代に翻弄された国々ならでは、ですね。

小学生の子供たちが先生に引率されて大勢来ていました。
皆静かに見学し、イコンに祈っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルガリア紀行(プライベート・バラ祭り) - 第6日 ∽2 - | トップページ | ブルガリア紀行(プライベート・バラ祭り) - 第7日 ∽2 - »