2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月26日 (火)

State Guest House Akasaka Palase

8月25日

迎賓館赤坂離宮 参観に当選する。

 

clip迎賓館赤坂離宮は、明治42年(1909年)に東宮御所として建設された、日本最初の西洋風宮殿建築です。  

  戦後、皇室から行政に移管され、政府の施設として利用されていましたが、わが国の国際社会への復帰に伴い、  

  外国の賓客を国として国際儀礼を尽くして接遇する施設の必要性が高まったため、 

  昭和43年(1968年)から5年余の歳月をかけて旧赤坂離宮の改修が行われ、現在の迎賓館が完成しました。 

 
  赤坂離宮は、当時のわが国の建築、美術、工芸界の総力を結集した建造物であり、
 

  明治期の建築界における本格的な近代洋風建築の到達点を示しています。 

  わが国の建築を代表するものの一つとして、文化史的意義の特に深い建築物であることから、 

  平成21年12月(2009年)に本館、正門、東西衛舎、主庭噴水池、主庭階段が重要文化財、国宝に指定されました。

 

 

西門より入り・・

Img_1584

受付を済ませ・・

Img_1565

入館バッジとパンフレットを受け取り・・

Img_1571

いざ、入館。

Img_1570

 

 

日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築である由。

館内撮影は一切禁止である。

その豪華絢爛さは・・ 

政府インターネットテレビ「迎賓館赤坂離宮」 を、ため息と共にご覧ください。

正門から本館正面玄関へと進み、まるで賓客になったかのような錯覚を覚えること間違いなし!

 

 

Img_1564

Img_1583

Img_1579

Img_1578

Img_1581

 

Img_1573

Img_1574

Img_1576

Img_1577001

 

Img_1580

 

 

今年は開館40周年ということで、例年は非公開の「東の間」を参観することができたのは幸運だった。

 

年間の維持費は・・ ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ どうなの?

などと頭に浮かぶところが、どう転んでも「下々」である証拠なり~

 

2014年8月24日 (日)

魔法の言葉

昨日(23日・土曜日)の「花子とアン」

 

「ごきげんよう」が似合う人間と似合わない人間がいるという部長に、花子は言います。

 

  「ごきげんよう」は、様々な祈りがこめられた言葉

  人生は上手くいくときばかりではない。

  病気になったり、何をやっても上手くいかないときがある。

  どうかお健やかに・・ お幸せに・・ という祈りです。

 

人生は上手くいくに越したことはないけれど、そうそう上手くはいかない。

悩んだり、失敗したり、悔しい思いをしたり、何もかも投げ出したくなったり・・

それでもこうして日々、生きてゆく。

 

  雨 潸々(さんさん)と この身に落ちて

  わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして

  人は哀しい 哀しいものですね

  それでも過去達は 優しく睫毛に憩う

  人生って 不思議なものですね~♪

 

 

 

沢木耕太郎の 「流星ひとつ」 を読んで、人生って・・ と、思った次第。

 

 

                                                            B0201617_10242877_2

                               

 

 

 

 @スペイン・ヴァレンシア北駅

 

 

 

 

        ごきげんよう・・ さようなら~

 

2014年8月16日 (土)

京都御苑散策

8月6日

12時過ぎ、京都御所の参観を終える。

 

さて。

ランチは昨夜のお店(楽膳)へ行こうか・・

と、思ったが・・・ なんだか疲れて今すぐにでもどこかに座りたい。

というわけで、御苑内の中立売休所の「ウドンと生姜の炊き込みご飯」

Img_1508

 

* 京都御苑

clip 京都御苑は、江戸時代二百もの宮家や公家の邸宅が立ち並ぶ町でした。

  明治になって都が東京に移り、これら邸宅は取り除かれ、公園として整備され市民へ開放されました。

  戦後は国民公園として位置づけられ、御所と一体となった景観を維持しつつ、

  散策や休養等の場として親しまれています。 

  現在苑内には百年を越える樹林が育ち、旧公家屋敷跡や庭園等歴史的遺構が点在し、

  古都の中心で特別な空間となっています。

 

御所は宮内庁、迎賓館は内閣府、御苑は環境省の管轄であるというのを始めて知る。

幾つになっても知らないことがいっぱいだ・・   ( ̄σ ̄;)

 

 

閑院宮(かんいんのみや)邸跡が参観できるというので行ってみる。

Img_1509

clip 閑院宮は、四世襲親王家の一つで、江戸時代中期に東山天皇の皇子(直仁親王)が創設した宮家。

  閑院宮の宮号は、平安時代の清和天皇の皇子(貞元親王)が閑院を号したことに由来するといわれている。

  2代直仁親王の皇子、祐宮が後桃園天皇の崩御に伴い践祚(せんそ・即位のこと)して以来、

  閑院宮系の血統が現在の皇統となっている。

 

歴代天皇の系図を前にしての職員の方の説明に・・ (´ρ`)ヘェ~ ・・・ 。o○ 。o○。o○

 

 

御苑内を歩く。

 

 

 

御所には 六つの門 がある。

外側から拝見。

・ 建礼門

Img_1514_2

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 宣秋門

Img_1518_2

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 皇后門

Img_1517

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 建春門

Img_1453_2

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 朔平門

Img_1454

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 参観者が入る清所門

Img_1464

 

 

清水谷家の椋の木 (京都御所の南西角にある

Img_1513

 

猿が辻

clip 東北角は鬼門とされ、築地塀の角を欠いて日吉山王社の神のお使いの猿を祀っています。

Img_1516

 

 

縣井戸(あがたのいど)

clip 一条家の屋敷があったところで、昭憲皇太后の産湯に用いられたと伝えられている。

 

Img_1519

 

広々とした苑内

Img_1510

 

 

蛤御門

clip 現在の京都御苑の外郭にある九つの門のうちの一つで、本来の正式名称は「新在家御門(しんざいけごもん)」

  天明8年1月30日(1788年3月7日)に発生した天明の大火で御所が炎上した折、

  滅多に開くことのなかった門が、このときだけは開いた。

  固く閉じた蛤が火に炙られ口を開くことになぞらえて「蛤御門」と呼ばれるようになった。

 

Img_1512

 

この門から出て御苑を後にする。

 

地下鉄で京都駅に戻り、預けていた荷物を受け取るべくホテルへ。

やれやれお疲れさま。

 

上りの新幹線ホームへ。

なにやら大勢の人が身を乗り出してカメラを構えている。

なにごと?

おっ、あれに見えるは「ドクターイエロー」ではあーりませんかっ!

ラッキーーーーーー♪

Img_1521

clip ドクターイエローとは・・

  新幹線区間において、線路のゆがみ具合や架線の状態・信号電流の状況などを検測しながら走行し、

  新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するための事業用車両の愛称である。

  運行は10日に1回程度の頻度であり、走行時刻は非公開である。

  運が良くなければ見られないため、鉄道ファンを中心に縁起物ような扱いをされる。

 

特に鉄道ファンでなくとも、「ドクターイエローを見たら良いことがある」というのは知っている。

なにか良いこと、あるかなあ・・・ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* happy02

 

 

================================================

8月16日

今夜は 五山送り火 だ。

 

Img_1530

                                                            

日本列島 rainrainrain マークがずらりと並ぶ。

京都の空はどんなかな?

2014年8月14日 (木)

京都御所参観

8月6日

昨日(8月5日)、京都迎賓館参観後、今出川門に向かう途中、「京都御所参観受付」という矢印を発見。

宮内庁京都事務所という建物があり、参観受付をしているという。

土・日曜日、国民の祝日・休日、年末年始、行事等の実施のため支障のある日以外は参観できるらしい。

春と秋に一般公開されるのは知っていたが、普段も参観できるとは知らなかった。

事前申し込みが必要で、窓口受付は希望日の前日までとのこと。

(さすがに今日の今日というわけにはいかないのである。

翌日(すなわち6日)の11時の標準参観コース(約1時間)を予約し、許可証を発行してもらう。

 

----------------------------------------------------------------

 

 

清所門から入り・・

Img_1464

 

参観者受付で許可証を渡し、パンフレットを貰って参観者休所へ。

各所に宮内庁(皇宮警察?)人が立っているが、威圧的ではない。

Img_1465

 

11時に案内の方がみえ、各種注意事項がある。

 

 

* 宣秋門 (ぎしょうもん)

御所の成り立ち等々の説明があり、いざ出発~ dash

Img_1469

 

 

* 御車寄

Img_1471                                                        

clip昇殿を許された者が正式に参内するときの玄関であり、屋根は檜皮葺で優雅な反りをなしている。

 

 

* 諸大夫の間 (しょだいぶのま)

Img_1477

clip正式な用向きで参内したときの控え所にあてられる。

 東から格の高い順に三室(「虎の間」「鶴の間」「桜の間」)が並ぶ。

  諸大夫の間は本来「桜の間」を指すが、普通にはこの一棟三間の総称として用いられている。 

Img_1473_2


* 虎の間

   公卿の間ともいう。岸岱筆。

 

 

 

 

Img_1474


* 鶴の間

 殿上の間ともいう。狩野永岳筆。

 

 

 

 

Img_1475


* 桜の間

  諸大夫の間ともいう。原在照筆。

 

 

 

 

 

* 紫宸殿

Img_1480

Img_1483

clip 即位礼などの重要な儀式を執り行う最も格式の高い正殿。

    大正天皇・昭和天皇の即位礼もここで行われた。

  紫宸殿母屋中央、鳳凰を頂く天皇の御座「高御座、その東に鶯鳥を頂く皇后の「御帳台が置かれている。

Img_1485

clip 階段脇には、東に左近の桜、西に右近の橘があり、

 南面には白砂の南庭が広がり、建物と同様に庭も重要な役割を果たしている。

 

 

* 清涼殿

Img_1492

clip 紫宸殿の背後の北西部に東面して建ち、別棟として御常御殿が建てられるまでの永い間、

  天皇の日常の緒生活の場として使用されていた。

  清涼殿の東側に広がる東庭は白砂敷きで、正面に呉竹、南寄り軒下近くに漢竹(かわたけ)が籬に囲まれて植えてある。

 

   

* 小御所・蹴鞠の庭

Img_1497

clip 紫宸殿の北東、御池庭に面して建つ。

  諸種の儀式に用いられ、天皇が将軍や諸侯と対面される場所ともされた。

  小御所と御学問所の間の四角い庭を鞠懸、また蹴鞠の庭という。

 

 

* 御学問所

Img_1500

clip 必ずしも学問のためだけの御殿ではなく、臣下と対面される行事などにも用いられた。

 

 

* 御池庭

Img_1495_2

clip 前面に洲浜があり、その中に飛石を配して船着きに導いている。右手にゆったりと弧を描いた欅橋が架かる。

 

 

* 御常御殿

Img_1503

clip 御学問所の北に位置し、京都御所の中で最も大きな御殿で、内部は十五室の書院造り。

  現在の御常御殿(安政2年・1855年再建)は、実用性を重んじ機能的な造り。

  剣璽を奉安する「剣璽の間」など格式のある間も備えられている。

 

これより奥(北側)は奥向きの御殿といわれ、入域禁止となっている。

 

 

台風11号の影響か、雨が降ったかと思ったらパーッと晴れて青空が見えたり・・

玉砂利を踏んで1時間余、京都御所の魅力を満喫する。

 

英語による案内もあるため外国人参観者もいっぱい。

Img_1506

 

                                                                

2014年8月12日 (火)

京都の夜は更けて・・

8月5日

何年振りかの京都・・

夕闇迫る頃、まずは駅ビルの空中通路へ行ってみる。

                            

Img_1456

 

台風11号の影響なのか、意外と涼しい。

 

とりあえず駅ビル内(10階だか11階)の何てことない店で軽く食べ・・

夜も更けた頃、外に出る。

 

と・・ そこには悪名高き(?)京都タワーが、

(私自身は、新幹線から京都タワーが見えると、ああ京都に来たなあと思え、ちっとも悪いとは思わないのだが・・・

蝋燭をイメージしたという、そのとおりのお姿で佇んでおられるのだった。

Img_1459

 

大階段のイルミネーション

(金魚と鮎だろうか・・・?

Img_1458

 

さて。

何処という当てもなく歩き、そろそろ疲れてきたなあ、、、、、

あきらめかけた頃、ちょっといい感じのお店発見!

Photo

 

店内はカウンターとテーブル席が4つ(だったかな?)

お酒の種類が豊富で、食事も美味しい。

その上、お値段も手頃。

ご主人も女将さんも いい感じ~♪

 

Img_1460

 

(カウンター席)で一人静かに飲んでいた男性が「湯葉パスタ」を注文。

飲んだ後の〆はいつも「湯葉パスタ」らしく、

美味しいですよ、食べてみますか? と、二口分ほど皿にとってくれる。

これがまた、なんともチョーまいう~♪

ランチも美味しいですよ、機会があれば是非! と、爽やかに去っていった。

 

 

我々と入れ違いに2人連れの外国人が出て行った。

その後、陽気な3人組がご来店。

(この辺り、外国人バックパッカー向けの旅館がたくさんあるらしい。

Img_1461_2


 後姿・カナダ  

 右・イギリス  

 左・オーストラリア

 

 

 

 

 

  YOUは なにしに NIPPONへ? 

 

2014年8月11日 (月)

京都迎賓館参観

8月5日

受付時間、12時から14時までの回に当選。

(申し込み時,時間指定はできない。

10時の「のぞみ」に乗り、お昼過ぎ京都着。

駅前のホテルに荷物を預け、地下鉄で今出川へ。

 

蝉時雨の京都御所 (・・ と言っているが、正確には「京都御苑」・・) 内にある「京都迎賓館」の南門へ。

 

物々しくも穏やかな受付で入館証とパンフレットを受け取り、カメラ以外のものをロッカーに預け・・

Img_1450   

 

 

なぜ此処が撮影禁止となっているのか分からぬ地下通路を上る。

 

* 正面玄関

Img_1427

clip 海外からのお客様は、車列を組んでこの正面玄関から入ってきます。

    そのままこの正面玄関に停車し、迎賓館長が玄関でお迎えして館内に入ります。

  正面の扉には、樹齢700年の欅の一枚板を使用しています。

  また、お客様をお迎えする際は、正面に屛風を置き、その前に生け花をしつらえ歓迎の心を表します。

Img_1428                                    

 

 

* 聚楽の間

Img_1429

clip 聚楽の間は、ロビーとして位置付けされる空間です。

   晩餐会や大臣会合などが行われる際に、随員の待合とするなど多目的に利用されます。

  「京指物」の技能と有職織物を用いた安楽椅子が並びます。

  鮮やかな赤色の座面は、他の部屋と異なり自然光が入らない聚楽の間の特徴を活かしたものです。

  部屋名の「聚楽」は、16世紀に京都に造営された邸宅・聚楽第(じゅらくてい)でよく知られていますが

  「楽」(心が安らかで楽しいこと)を集める(「聚」の字は寄り集まること)といった意味があります。

  転じて、人が集まった都もさします。

 

 

* 夕映えの間

Img_1431

Img_1430                                                            

clip 夕映えの間は、

  大臣会合などの会議や立礼式のお茶のおもてなし、晩餐会の待合としても使用されています。

  東西の壁面は、

   日本画家の箱崎陸奥昌(はこざきむつまさ)氏の下絵を基に綴れ織りの技法を用いて製作された織物で、

  それぞれ縦2.3メートル、横8.6メートルです。

  東側の作品は、京都の東にそびえる比叡山を月が照らす様を描いた「比叡夕映え」

  西側の作品は、京都の西に連なる愛宕山に夕陽が沈む様を描いた「愛宕山夕照」です。

  東西の壁面は可動式になっており、部屋を三分割して使用することができます。

 

 

* 藤の間

Img_1432                                                                

clip 藤の間は、京都迎賓館で最も大きな部屋で、洋食の晩餐会や歓迎式典の会場として使用されています。

  櫛形にテーブルを並べた宮中晩餐方式でおよそ60名、円卓を並べた場合にはおよそ120名の会食が可能です。

  壁面装飾は、日本画家の鹿見喜陌(しかみきよみち)氏の下絵を基に綴織りの技法を用いて製作された織物で、

  縦3.1メートル、横16.6メートルです。

  藤の間の舞台では、舞・能や琴の演奏、雅楽などが披露され、訪れた方々へ日本の文化を紹介しています。

Img_1441

Img_1438

Img_1437

Img_1439


clip 舞台扉 (截金) 

    人間国宝の故 江里佐代子氏の作

Img_1440_2


clip 釘隠 (錺金物)

 

 

 

 

 

 

* 桐の間

Img_1444                                                               

clip 桐の間は、和食を提供する「和の晩餐室」です。

   最大24名までの会食が可能なこの部屋では、京料理でおもてなしいたします。 

 食事中に、芸妓さんや舞妓さんによる舞や琴の演奏が行われ、宴席に彩を添えています。 

 釘隠しや襖の唐紙など各所に「五七の桐」が見られますが、

  これは、明治時代より日本国政府の紋章として使用されているものです。

  京都迎賓館の紋章でもあります

 

   clip 座卓 (漆) 全長12メートル、漆の一枚仕上げ。

 clip 座椅子 (蒔絵) 座椅子の背面に蒔絵で「五七の桐」が描かれている。

   Img_1444001

 clip 畳 畳表の材料であるイグサをこの迎賓館のために栽培し、「中継表(なかつぎおもて」の技法により製作。

 

 

* 琵琶の間   (画像なし

clip 立礼式の呈茶を行う部屋として、また随行者が賓客を待つ際の待合室として使用されます。

  奥の琵琶床には「楽琵琶」が置かれています。奥中央に置かれているのは「神楽鈴」です。

 

 

* 庭園

Img_1447

Img_1433

clip 京都迎賓館の設計コンセプトである「現代和風」と「庭屋一如」とは、

  外観は伝統的日本建築ですが、構造は鉄筋コンクリート造りであり、

  賓客が快適に御滞在いただけるように最新の技術を活用した建築となっています。(=「現代和風」)。

  また、庭園と建物が一体となって調和するように設計しています(=「庭屋一如」)。

  つまり、賓客が建物の中からも庭園の景色が楽しめるようになっています。

 

Img_1448


clip 和船

     海外からの賓客に、

    日本の文化「舟遊び」を楽しんでいただきます。

 

 

 

      clip 敷地面積 20.140㎡

      clip 建築面積 約8.000㎡ 

      clip 延床面積 約16.000㎡ (地上1階、地下1階)

 

京都迎賓館の建設にあたっては、11種類の伝統技能者の技を活用。

館内には、14種類の伝統的技能を活用した多くの調度品を配置 ・・ とのこと。

 

BSプレミアムで、その建設行程(匠の技)を観て、実際に拝観したいものだという思いが実現。

この夏、最大の喜びである。

 

  |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

  ※ 「clip ------- 」は、京都迎賓館参観者に配布されたパンフレットによる。

2014年8月 4日 (月)

世も末

道沿いの無人販売小屋に、こんな張り紙が・・・

140804_064010

140804_063943

 

柔らかすぎずも硬すぎもしない手作りコンニャク

ちゃんと茹でてある筍や蕨

(発泡スチロールの箱に保冷剤を入れて売られている。

 

一週間ほど前からブルーベリーが始まった。

昼前には「完売」となるので、目当てのものがあるときは7時頃には行かないと・・

(毎日あるわけではない。

それが今朝、こういうことになっていた。

 

 

街道沿いにある無人販売小屋には一時、防犯カメラ作動中という紙が貼られていた。

(実際に作動していたかどうかは分からないが・・・

聞くところによると、

川遊びに行く途中の連中 ・・あえてこの言葉を使う・・ が、代金を払わず dash dash dash

ぎゃあぎゃあと派手ななりしやがって(おっと失礼!)

200円、300円が惜しいのかーーーッ \(*`∧´)/ \(*`∧´)/ \(*`∧´)/

 

全く持って 世も末 と思った次第!

 

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。

 

(・ω・) へいへい、おっしゃるとおり!

Img_1422

(・ω・) で、この暑さ・・ なんとかなんねぇ?

Img_1418

 

2014年8月 1日 (金)

キューリのQチャン漬

お隣さんが、育ちすぎた(お化け)胡瓜を貰ってくれないか・・ と。

Img_1402

というのも、ある時・・

育ちすぎた胡瓜を薄味に煮て葛をひき冷やして食べたら、これが案外美味しかったわけです。

「冬瓜」とまではいかないが、なかなかいけるわよgood

すると、〇〇さんとこじゃ「こんな胡瓜も食べるらしい」と、次から次へと・・・

        (;´▽`A、、、、、

 

さて、どうしたものか、、、、、

「ばーさんがじーさんに作る食卓」「ぱりぱりキュウリのしょうゆ漬け」 の記事。

おっ、これはっ!

で、早速、、、、

Img_1403

Img_1404

Img_1406

Img_1410

Img_1411

作り始めて2日後.

Img_1399_2


出来上がってみれば・・

チョー特大のお化け胡瓜数本が・・

たったのこれだけかい? 

 o(;△;)o

 

 

 

 

しかしまあ、これが、なんと本家本元を凌ぐ(?)出来栄え!

あまりにも上手くできたので得意満面、お隣さんにおすそ分けしたところ・・

これは美味い!

作り方を教えてといわれたので、これこれこーよ。冷凍もOKだってよ・・ と、事細かに。

 

以後、胡瓜は来なくなったのである。

  ヽ(○´3`)ノ フッ...

 

 

 

欲しいときには、ちっとも来ない・・ 

H3

H

 

   dogpencil これ、世の理なり!

 

 

今日は早や8月1日、あと一週間もすれば立秋だ。

とはいえ、暑さはまだまだこれから。

この暑さ・・ 今日はどこまで行くのやら~ wobbly wobbly wobbly

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »