2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第8日・§1 - | トップページ | ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第9日 ~ 第10日 - »

2012年8月29日 (水)

ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第8日・§2 -

7月13日

ダヴォス → ヤコブスホルン → シャッツアルプ → セルティック → ヴァイスブルー → ダヴォス

 

* → セルティックへ

8番のポストバスで、昼食の予約がしてあるセルティック村へ。

(本来であれば、ヤコブスホルンからセルティック・デルフリまで3時間強のハイキング後、昼食のはずだった。

50分ほどで到着。

 

* セルティック (標高1560m)

Dscn7406_2



* 昼食

Dscn7401

Dscn7402

Dscn7405

ビーフコンソメスープ  アルペンマカロニ・アップルソース添え  フルーツとアイスクリーム

 

エーデルワイスのホルダー

Dscn7403001


カタログの表紙デザインがカワイイ♪

 

 

 

 

 

 

お天気も次第に良くなってきたので周辺を散策する。

Dscn7411_2

Dscn7413


牛たちものんびり。

アルプの中の搾乳場・・

さぞや美味しいミルクだろう。

 

 

 

 

田園風景が美しい♪

ヤコブスホルンからハイキングして来たかったなあ。。 と、今更ながら思う。

 

 

* → プラッツ → ドルフ

8番のポストバスでプラッツへ戻る。                                                      

ここでフリータイム。

ブランドショップが並ぶプラッツでショッピングに向かう人たちと分かれ

ベルニナアルプスの見納め・・ と、4番のポストバスでドルフへ帰り

ヴァイスブルー展望台へ上ることにする。

(ダヴォスカード、目いっぱい使う!

 

* → ヴァイスブルー展望台へ

ケーブルカーでヴァイスブルー → 中間駅で乗り換え

 

* ヴァイスブルー展望台 (標高2662m)

ダヴォス北側にある一番高い展望台。

Dscn7419

午前中は霧の中だったヤコブスホルンの山々、谷が綺麗に見える。

しかし、反対側のベルニナアルプス方面は・・・

Dscn7416


すっかり霧の中

 

赤ちゃんを抱っこしたお母さんとカワイイ坊や

展望台で働く(保守点検?)パパに会いに来たらしい。

 

 

 

心は残るがケーブルカーで下り

Dscn7422_3

 

何人かでホテル近くの parsenn 停留所からポストバスに乗りプラッツ方面へ。

Dscn7435_2

                                                         

目的地は リンツ (Lindt)

停留所の名前は『「○○○』 と聞いたが、どうにも車内アナウンスが聞き取れない。

左側に目を凝らし・・ (セルティックからの帰路、店周辺を確認しておいたので

 

Lindt 発見!

 

すかさず降車ブザーを ピンポーン♪

 

日本の夏にチョコレートは無理だろうねえ、、、と各人の意見は一致し

ナッツがぎっしりのタルトを買う。

リサイクルエコバックの Karlen Swiss のショップを覗いたり

パン屋さん(スイスのパン、なにしろ美味しい!)を物色したりしてホテルまで歩いて帰る。

 

* スイス最後の夜

自由夕食

部屋(2階・日本式に言えば3階)のバルコニーのテーブルに

朝食の折、ちょいと失敬しておいたパンとリンゴ

(リンゴはエントランス・ホールのワゴンに、「 いつでもどうぞ♪」という感じで盛られている。

COOPで調達のヨーグルトに持参のプルーン

お湯を沸かして持参の春雨スープを作り

紅茶を入れ、毎日が感動、感激のスイスの旅を振り返る。

 

Dscn7433_2
バルコニーの目の前の小さな教会

手前の花(ゼラニュウムとペチュニア・・だったかな)

各部屋のバルコニーには花々のプランターが設置されている。

 

ホテルやレストランに限らず、どの窓辺にも花が飾られていて、本当に綺麗~

 

 

楽しい夜。

けど、今日で最後かと思うと、ちょっぴり寂しく感傷的に・・・・

« ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第8日・§1 - | トップページ | ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第9日 ~ 第10日 - »

2012年・スイス(2)」カテゴリの記事

コメント

繋がりませんでした!
ホテルしかり、民家しかり、ベランダに小ぎれいに花を飾ってあって、白い壁がその花の色をよく見せていて、好感触です、茶屋でも、やりたいのですが、風が強くて落下が心配で飾れません。
2000m前後の高所を行き来していて、高山病とか大丈夫でしたか?
こっちは、楽しく見させて・読ませていただいていますが・・・と急に標高の高さが気になりました。
今日も、ありがとうございました・ダンケシェン、使えますか?

★yamaojiさん

お山の茶屋、グリーンがいっぱいな感じがします。
ベランダの手すりに引っ掛けるタイプのプランターだったら落下率は少ないかも。
風よりも突然のスコールが心配。
スイスでは雨が降るとカバーをかぶせているんです。
どこへ行っても窓辺が綺麗に飾られていて、ホント感心しました。

2500m前後のハイキング。一番高いところで3000mちょっと。
出発前、特に高山病に関する注意はありませんでした。
チベットだと必ず注意事項としてあります。
スイスで高山病になったって話、聞いたことないですね。
山の成り立ちが違うのかもしれませんね。
森林限界も違うようです。

ダンケ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第8日・§1 - | トップページ | ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第9日 ~ 第10日 - »