2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第7日・§1 - | トップページ | ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第8日・§1 - »

2012年8月26日 (日)

ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第7日・§2 -

7月12日

サンモリッツ → グアルダ → アルデッツ → シュクオル → ダヴォス

 

* → シュクオルへ (on ツアーバス

* シュクオル (標高1244m)

Dscn7369_5

温泉と環境療法の中心地。

(胃腸、代謝、循環、腎臓、膀胱機能障害に効果があるそう

 ウンターエンガディン地方の中で一番広々と明るく開けた谷の斜面に広がる町。

森と岩尾根が続く絶好の環境、風をさえぎる高地性風土・・・

保養地としての評価は高い。

 

何人かの人 エンガディン・スパ・シュクオル へ。

私も当初、スイスの温泉ってどんなものか・・ と水着も用意していたが

スグラフィット装飾の町並みを歩いてみたい気持ちのほうが強くなり、温泉はパス。

 

残りは、スグラフィット装飾の美しい家々が集まる通りを抜け

Dscn7359002_2

Dscn7360_4

Dscn7361_2

イン川に架かる木造の屋根のある橋を渡り・・ 

(映画「マディソン郡の橋」を思い出す

Dscn7364_2

急坂を上って下りて、もう一つの橋の上から屋根つき木造の橋を望む。

Dscn7368_2

 

さてさて、飲泉のお味は・・・・

Dscn7358_2


 右が普通の、といっても氷河からの水

 左が飲泉                         

 

 

・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ウゥゥゥ ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ウゥゥゥ ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ウゥゥゥ 

そうねえ・・ 

身体には良さそうなお味、、、 とでも。

 

 

 

 

 

 

 

* → ダヴォスへ (on ツアーバス

スーシェ → フリュエラ峠(標高2383m)

Dscn7371

Dscn7373_4                                

 

* ダヴォス (標高1560m)

山々に挟まれた谷間のリゾート地。

プラッツとドルフの2地区に分かれており

ハイキングやサイクリング、スキー等々、雄大な自然の中で楽しむことができる。

毎年1月、ダヴォス会議(正式呼称「世界経済フォーラム年次会議」が開催されることでも知られる。

 

今年のダヴォス会議

 * 俳優の渡辺謙が招かれ、各国から寄せられた東日本大震災の被災地支援への感謝と立ち上がる決意を語り

   原子力から再生エネルギーへの転換を訴えた。  スピーチ全文

 * 野田首相の ビデオメッセージ

 

* 夕食

Dscn7375001

Dscn7376_4

Dscn7377_2

前菜  サーモンのグリル(野菜付け合せ  アップルケーキ

« ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第7日・§1 - | トップページ | ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第8日・§1 - »

2012年・スイス(2)」カテゴリの記事

コメント

ドイプイ村の店があるところで、1200mですよ!
体に良さそうなお味・・・もんのすごく興味があります、怖いもの見たさのように
今回のご旅行のお写真、どれもどっかで見たことあるようで、ほんありがとうございました。
平らなところがあまりない、坂のある町・坂の町・山の斜面に・山肌に・・・こういった感じ好きです。

★yamaojiさん

シュクオルとドイプイの標高は同じくらいなんですね。
緯度の違いで木々や町の雰囲気は違うけれど、山はやはりいいですね。
飲泉の味、舌にピリッとくるような・・・ 良薬口に苦し~
温泉には必ずあるはずの温泉玉子はありませんでした(笑

ホント、美しい町並みで夢のような毎日でした。
食事も美味しいし、サイコー!
まだまだ続くよー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第7日・§1 - | トップページ | ベルザスカの谷とエンガディンハイキング - 第8日・§1 - »