2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

あの日と同じ流れの岸

今日は早や、6月も最後の日だ。

2012年も半分過ぎて、その過ぎてしまった半年分はいったい何処へ行ったのか・・・・

時間は誰にでも平等に与えられていると言うが

あっという間に、どんどこどんどこ日々が過ぎて行ってしまう。

物事の段取りをつけるのが下手くそになったのを実感する今日この頃。

 

カレンダーを見れば、明日は 半夏生 だ。

季節はめぐり また夏が来て あの日と同じ 流れの岸~♪

いつの間にやらもう なんだね。

 

1

このところ、梅雨明けしたのか? と思うような爽やかな日が続き

(その分、アレしたりコレしたりと色々忙しいわけだが

半夏生も涼しげに揺れている。

 

Dscn7031

Dscn7030

カシワバアジサイも今を盛りと咲いて・・

梅雨時に見る白は清々しい。

2012年6月24日 (日)

梅雨の晴れ間の一日

昨日(24日) 救世軍清瀬病院召天者合同記念会に参列。

一昨年、初めて参列して以来、2年ぶりに深い森の中に佇む病院に行った。

(昨年はイスラエルへ旅行中だった

 

式はホスピス病棟にあるチャペルではなく

森の中にある教会(救世軍では会堂と呼んでいる)で行われる。

 

一昨年 と同じチャプレンが司式され

7

参列者、病院関係者全員が献花

B

式後、庭にて交わりの時がもたれた。

A

 

彼らは、もはや飢えることも渇くこともなく

太陽も、どのような暑さも、彼らを襲うことはない。

玉座の中央におられる子羊が

彼らの牧者となり、命の水の泉へ導き

神が彼らの目から涙をことごとくぬぐわれるからである。

     聖書(ヨハネの黙示録7章16~17節)

 

心が洗われた一日

本当に清々しい気持ちになり、より善く生きねばと改めて思うのだった。

 

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。                            

2

3 

1

タイサンボクの花が咲くと、いよいよ本格的梅雨だなあと思う。

雨に濡れた葉の緑とのコントラストも鮮やかで美しい。

梅雨時に咲く白い花

クチナシもそうだが、短期間のうちに褐色に変化してしまうのがちょっと残念。

2012年6月17日 (日)

花の命は、、、 結構長い

diamond東西南北、蕾が顔を出し

1

diamondまず南向きの花が咲き

2

diamondその2日後、大きくふくらんだ北向きの蕾が開き

3

diamondそのまた二日後、西向きの花が開き

4

 

diamondそして南北の花がしょんぼりになった今日

                                                                                                    5_2 

小さかった東向きの蕾

その南北の花の生命を引き継いだのか

グングン膨らんで

同じくらい大きな花が咲きました。

(←手前の花がソレ

                                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨入りし

空模様はイマイチだったけれど

苞がパカッと割れて

4個の蕾が顔を出し

東西南北

4つ目の花が咲くまで咲くまで約10日・・・

 

ラリラリラリラ~♪

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »