2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月25日 (火)

朝の挨拶

                                                        

馬頭観音さまに朝のご挨拶                                                                                                    

Photo_6

                            

                             

                           

                               

  今日も一日、良い日でありますよう・・・  

                                

                               

                                                                                                                        

寒くなりましたねぇ、、、                                 

このところの朝の散歩で交わす挨拶です。

そういえば、昨日(24日)は、二十四節気の「霜降」でした。                     

で、TV(TBS)の天気予報(森田さん)が言うことに                            

今日から「晩秋」です。この日から「立冬」の前の日までを「晩秋」と言います。          

へぇ~ そーなんだ~ 知らなんだ~                                    

で、ウイキペディアを見てみたら

「霜降」ではなく「寒露」から、となっている。                              

どっちが正しいの?                                           

今年の「寒露」は10月9日。

10月の初めから「晩秋」と言うには、ちょっと違和感がある。

気分的にも、ここはやはり、森田さんの説を採りたい。                       

                      

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。 ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

                                                       

                 金子みすヾ

 Photo_8

             誰にも言わずに

             おきましょう。

                                                                     

             朝のお庭の

             すみっこで、

             花がほろりと

             泣いたこと。

                                                                     

             もしも噂が

             ひろがって、

             蜂のお耳へ

             はいったら、

                                                                    

             わるいことでも

             したように、

             蜜をかえしに

             ゆくでしょう。                                                 

                                                       

                

露と聞いて、金子みすヾの詩が思い浮かびました。

とても自然で優しい言葉・・

それでいて、読むものに深い意味を感じさせます。

彼女の心そのもの。                                           

                                                        

2011年10月23日 (日)

タラバガニ ≠ 蟹

                                                                                                                                                            

ジャジャーーーーーーーーン!

が来ました。がッ!

それも チョーデカイ のが北海道から。

Photo

こんな デッカイ のを送ってくれるなんて、世の中には「奇特な人」がいるもんですねえ・・・

Photo_2

身はぎっしりと詰まっております。

                                                                                                                                                         

それで思い出したのが、「蟹一匹付き」という文句に釣られて行った温泉一泊ツアーのこと。

確かに、お膳には蟹が一匹・・・

ウン?

にゃにゃにゃんと・・・

いつの冷凍だかしらないが、身はジャリジャリ~のスッカスカーーーなのであります。

お安いツアーだったので、「やっぱり値段は値段なりなんだねぇ」と納得をしはしたものの

こんなもの出して恥ずかしくないのかねぇ・・ と、思ったりもしたのだった。

                                                                        

cancer scorpius cancer scorpius cancer scorpius 

タラバガニは「キングクラブ(カニの王様)」と言われているが、カニ科ではなくてヤドカリ科なんだそう。

一対の鋏、三対の歩く脚(前掛け部分に二対の小さな脚)、柔らかい腹部・・ カニ属(一対の鋏、四対の脚)と違うところです。

鱈とほぼ同じ漁場に生息しているところから「タラバガニ」の名があり

北海道沿岸から千島を経てカムチャッカ、ベーリング海からアラスカ沿岸に分布。

成熟するまでに10年もかかり、寿命は30年。

水深20m~400m、水温1℃から3℃の海底に棲み、甲羅は20㎝以上、脚を伸ばすと1m以上になる。

                                                                             

遊離アミノ酸が多く含まれ、濃厚な旨味がある。

その言葉どおり、まことに うまぁ~♪ でありました。

                                                                           

Photo_3

 

  

   どうせボクチン関係ないし、、、、、

                        

                                                 

2011年10月17日 (月)

お年頃、それぞれ

                                                                                                                                     

10月って、こんなに忙しかったっけ?

季節の変わり目は、何かと気忙しいことは気忙しいけれど・・・

段取りが悪くなったのか?

いや待て、コレが例のアレか?

ふと自覚する・・ というか、させられる 

年だなあ ってこと?

                                                                                                         

 ビミョー

                                                                                                                                                

そういえば、穂高が10歳になりました。

会う人毎に、「ずい分顔が白くなったね」と言われる。

Photo

まだまだ足取り軽く、元気いっぱい!

とは言うものの、以前の腕白ぶりは何処へやら

見よ!

静かに佇み 何をか想ふ この哲学的な姿・・・

しかし本当のところは

向こうの草叢に猫がいて

あちらは ウーッ と、毛を逆立てて挑発しているのに

こちら なんだなんだ~ の図。

オトナだなあ ってこと?

                                                                                                                                                                                         

 ビミョー

                                                                                                                                                                                     

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

半分は眠った状態で聞いている「ラジオ深夜便」

ちょと前、黛まどか ・・だったと思う・・ 

言葉は心の支え、生きる力 と話していた。

その前後が、どんな話だったか覚えがない ・・ということは、眠っていた、ということです・・ 

確かに、言葉には力がある。                                                                          

というわけで

さあ、今日も明るく!元気に!張り切って!

と、前向きな言葉を口にしよう。

                                                        

2011年10月 5日 (水)

ⅹⅹ心 ≠ 秋の空

                                                                                

金木犀・・ 秋の匂い。

Photo_2

朝霧が降る日

雨模様の、なんだかハッキリしない日

そんな日は特に香ります。

梔子とかスイカズラといった香る花

匂い袋もそうだけれど

大気がしっとりとした日に、より一層香る。

                                                                    

秋の空 -- うろこ雲

Photo_3

                                                                 

いかにも を思わせる。 

しかしこの雲、巻積雲は一年中見られる雲だそうで

低気圧が迫ってきていて、お天気が悪くなる前兆なんだって。

日本の秋は台風や移動性低気圧が多い。

なので、特に多く見るような気がするんだって。

うろこ雲 いわし雲 ひつじ雲

秋の象徴的な雲だとされ、秋の季語になっています。                                      

                                                                                                                                                  

昨日。

空はどこまでも高く、青い空に薄い雲。

Photo_5

気持ちいい日だなあ♪                                            

穂高も、これこのとおり。秋のお日さまを満喫。

Photo_7

うろこ雲が見えてきて・・・

Photo_8

                                                                            今日は朝から冷たい雨。

雲は正直・・ と思ったが、それにしても寒いわあ~

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »