2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« No Stamp Please | トップページ | イエスの足跡を辿る - Ⅴ »

2011年7月31日 (日)

「見るな」のタブー

旧約聖書

アブラハムの時代、人々は数々の罪を犯し堕落した生活を送っていた。
そのため神の怒りに触れ、神は人々を滅亡させようとした。

正しい者であったロトとその家族に

逃れて自分の命を救いなさい。何があっても振り返ってはならぬ。


と、神は言った。

しかしロトの妻は、この言いつけを破り振り返ってしまったため「塩柱」になってしまった。


78b79d4e.jpg


← ロトの妻の塩柱
  (左側の細い柱
 

 

ロトの妻は何故、神の言葉を破って後を振り返ったのか・・・

置いてきたものへの未練か
それとも、後に残された人たちへの気がかりか



古今東西 
見てはいけない と言われたら、余計に見たくなってしまうのが人間である。

『見るなのタブー』 というのがあるらしい。


ソドムの山沿いを走る。

49cbf369.jpg


死海の底がヨルダン側から押され隆起したもので
亀裂や洞窟は、その死海の塩が雨によって溶け出した跡。

 

ロトの塩柱のところで、「洞窟には入らないように」と注意がある。
でなくても、なんだか怖くて入る気にはならない。
(外国人(西欧人)の男性2人連れが入って行った。

本当に塩の山で、塩が露出した部分はキラキラ光っている。
「山を削ってはいけない」とのことだが、硬くて削ることもできない。
岩塩採取失敗!


69010f3d.jpgソドムのリンゴ(嘘つきリンゴ)

見た目は青リンゴ
中は綿毛と種でフカフカしている。
食べられない。
(用途・・ 不明

 

 
ddc2a8fb.jpg


ヨルダン川西岸
(死海の向こうはヨルダン



                                                                  


 
この辺り、バスは写真ストップ無しでひた走る。

ツアーバスのドライバーはアラブ人だった。
そのほうが何かと
//////  らしい。

« No Stamp Please | トップページ | イエスの足跡を辿る - Ⅴ »

2011年・イスラエル(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« No Stamp Please | トップページ | イエスの足跡を辿る - Ⅴ »