2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ

2020年9月12日 (土)

大気不安定

9月になってもまだまだ暑いある日の空。

積乱雲にカッカと照る太陽・・

やれやれ 😥 💦 夏色だ。

Dsc_0078

と思いきや・・

お山の方を見ると秋を感じさせる空と雲。

Dsc_0079 

まったくオカシナ日だった。

 

そして今日。

朝方から雨が降り、明日明後日も雨模様のようだ。

天気予報の気温を見ると・・ まだまだ暑い日が続くらしい。

再び やれやれ 😥 💦

Img_0123

Img_0124

 

そんなこんなの日々・・

別にもう当たらなくてもいいや、と思っていたシャープマスクが当たった。

税込み3938円(本体2980円 + 送料600円

Img_0097

一枚あたり80円というところ、、、はあ、、、これがねえ、、、、、

ドラッグストアにも様々な仕様お値段のマスクが並ぶようになり、

あんなにマスクマスクと大騒ぎしていたのは一体全体何だったんだろうねぇ、、、、

 

2020年9月 4日 (金)

8月のこと

暑い暑い8月だった。

雨続きの7月、雨も夕立も降らない8月・・

 

セミの抜け殻を数える夏の終わり、、、

と言っていいのかどうかがは分からぬが・・・。

Img_0048

とりあえず8月は終わる。

Img_0030_20200802111401

 

 

📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖

Img_0046

Img_0080

Img_0082

Img_0084

 

 

2020年9月 1日 (火)

史跡散歩「石川組製糸」

8月29日(土)

高麗群偉人伝「石川組製糸と創業者・石川幾太郎」の体験イベントに参加Iさんと)する。

参加者24名・スタッフ3名

A・B・Cの3班に分かれ、9時15分入間市駅出発。

 

* 石川洋行事務所・楽蔵

石川組製糸本店工場内にあった事務所棟を昭和17年に現在の場所に移築。

蔵は大正7年に建てられた3階建ての土蔵。

(幾太郎の二男権吉が中国での繭の買い付けで利益を得て建てたと伝わる。

事務所棟内・・ ご当主(石川洋子さん)のご案内で室内を拝見し色々お話を伺う。

(ご自宅として住まわれているが我々のために開放してくださった。

Dsc_0031

Dsc_0032

 ↓ 十字架の台は鉄道のレールで作られているとのことだった。

Dsc_0035001

 

* 武蔵豊岡教会

Dsc_0047

Dsc_0042

W.M.ヴォーリズ設計した大正12年5月6日献堂の教会堂。

石川組同族会が土地と建設費(総建設費24105円) の一部1万円を提供した。

寺社風の格子天井・・

設計図は吹き抜け天井になっていたが諸事情(逸話を聞いたが長くなるので割愛)あり、

格子天井への設計変更を何回も依頼したが返事がないので承諾したものと・・・。

実は、返事しないのは承諾ではない!

今更ながら彼我の違いを知ったことだった。

 

* 旧石川組製糸西洋館(国登録有形文化財)

Dsc_0077

Dsc_0053

前回、2018年5月に行ったときは1階部分のみの公開だったが、

 ↓ 前回のもの

Img_6653

Img_6655

Img_6656

Img_6657

今回は2階も公開され、入間市職員による丁寧な解説で巡る。

 ↓ 応接室(1階)・折り上げ小組格天井

Dsc_0068

 ↓ 食堂(1階)・幾何学模様を配したパネル天井で折り上げ部分透かし彫りが施されている。

Dsc_0058

Dsc_0067001  

  ↓ 流水の欄間(川越の名工・野本義明作)

Dsc_0055

Dsc_0071

 ↓ 大広間(2階)四君子(蘭・梅・竹・菊)モチーフのステンドグラス

Dsc_0054

      ↑      ↑        ↑       ↑ 

     蘭       梅         竹       菊

菊・・ どう見ても菊には見えない。

    市職員の方もおっしゃっていたが、お茶の花と実に見える。

    (狭山茶どころだけに・・・?

 

12時半ころ、西洋館前で自由解散。

暑いしお腹は空くし、何と言っても一刻も早く座りたい。

入間市駅のラーメン屋さんで やれやれ 😥 💦 と、一息つく。

久しぶりに熱々のラーメンを食べる。

 

行きの駅改札でのこと。

PASUMOをタッチするもパタンと両脇から扉状のもの(?)が出てきて通せんぼ。

今一度試してみるが同じことである。

おかしいなあ、、、、、

駅事務所に入り、「通れないんですけど、、、、」

駅員さんいわく「最近、いつ使いましたか?6ヶ月使わないとブロックされるんですよ、、、」

ということは、コロナ騒ぎが始まった2月から電車に乗っていないということか。

半年も電車の乗って出かけていなかったのか、、、、、

妙に感慨深い(?)ものがあったのであった。     

 

 

2020年8月22日 (土)

月下美人

雨続きの7月が終わり梅雨明け(8月1日)した途端に、お日様が ☀ ☀ ☀ カッカと照る。

夕立も降らず、暑い暑い~ 💦 の毎日だ。

 

月下美人・・

異常気象の所為だか何だか知らないが、今年はたくさん蕾がついた。

(2鉢で10個くらい

Img_0063

 あれよあれよという間に膨らんで・・

Img_0065 

Img_0066

まず3個咲いた。

Img_0078

Dsc_0001

Dsc_0005

翌朝にはこのような姿になりにけり~

Dsc_0010

その夜、次の花が咲く。

Dsc_0012

Dsc_0013001

花の命は短くてナントヤラ~というが、二夜限りの饗宴でありました。

 

明日は「処暑」

この暑さは・・ はてさてどうなりますやら。

 

 

2020年8月 2日 (日)

7月のこと

梅雨とはいえ ☔ ☔ ☔ ☔ ☔ ☔ の7月・・

紫陽花は綺麗だったけれど。

Img_9993

Img_9999

 

📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖 📖

 

Img_9995

Img_9998

Img_9992

Img_0004

Img_0020

 

📖 「聞き書き 南相馬」

   新型コロナ騒ぎで忘れがち(?)東日本大震災・・ 被災者の困難はまだまだ終わらない。

📖   林真理子はやっぱり凄い!

📖   朝井まかても!

📖  「火定」

  奈良時代に大流行した天然痘。

  現在只今の新型コロナによる世の中の混乱振り・・ 

  今だからこそ読みたい本である。

  新型コロナもきっと克服できるだろう。

 

 

...。oо○**○ ...。oо○**○ ...。oо○**○ ...。oо○**○ ...。oо○**○

Img_0052

8月1日(土)

やっとのことで梅雨明け。

8月の声を聞き、梅雨前線も「長々とお邪魔しました」と去って行った模様。

 

2020年7月26日 (日)

いつになったら、、、

一昨々日、7月23日(木)

今日も今日とて朝っぱらからお馴染みの ☁ ☁ どんより~な空模様。

でもまあ 降っていないだけでも良し!として散歩に出る。

Img_0026

峠道から東の方向を見ると・・

雲間に薄い薄い薄ーーーーーーい光が見える。

Img_0011

でも、すぐに元の通りの ☁ ☁ どんより~な空に戻ってしまった  😢 である。

Img_0010 

このところ獣害被害が多発!

鹿か猪の通り道ができている。

Img_0008

鹿かな?

Img_0021

Img_0022

カタツムリさん、危うく難を逃れた模様。

踏みつぶされなくてよかったね~♪

Img_0024

こちら、人間様の通り道。

Img_0015

 

一昨日、7月24日(金)

峠を上り、ふと東を見ると・・

水色の空がほんの少し見える。

Img_0023

これは期待できる!

と、思いきや・・

豪雨 ☔ ☔ ☔ ☔ とまではいかないが 大雨 だ。

川の水があっという間に増える。

Img_0035

Img_0033

Img_0034

 

  そして今日、7月26日(日)

青い空が広がったので、やれ嬉しや🎵 と、大洗濯をする。

Img_0042001

するとまた東の方から  ☁ ☁ 雲が湧いてきて、おまけに ⚡ ⚡ ⚡ 雷まで鳴り始め・・

お決まりの ☔ ☔ である。

Img_0043

しかし、この雨は長くは降らず2時過ぎには止んで、今は鳥や虫の鳴く声が聞こえる。

とは言っても、どんより~な空に変わりはないが。

 

とかなんとか言ってるうちに、またまた雨が降り出した。

とかなんとかしているうちに雨は止み、蝉の声が聞こえてきた。

 

いつになったら「梅雨明け」という言葉が聞けるのだろう。

もうすぐ8月だというのに、、、 ねぇ、、、、???

 

天の神様・・

~\( ̄^ ̄)/~ わしゃ知らん、、、 とな?

 

 

«異常事態