2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2018年4月18日 (水)

あっという間の春

我が家は花盛り・・

Img_6582

Img_6590_3

Img_6616_2

Img_6617

Img_6619

Img_6620

 

陽気に誘われて dog ワンコが sign05 お土産背負って里帰り sign04 dash heart04

Img_6626

 

スミレもサクラもキョネンまでと同じにキレイに咲いてるね~ good

Img_6622002

Img_6623_2

 

早々と藤の花が咲き始め・・

Img_6625

サクランボの木の花も散り始め・・

Img_6630
                                                             

雨が降って、暑かったり寒かったりの春も終わり・・

 

また来るね~ paperdog ワンコは sign05 お土産背負って帰っていきました sign04 dash ( ^ω^)・・・ とさ。

Img_6628_2

 

2018年4月 5日 (木)

お花見 ◆ 桜・・桜吹雪・・

4月1日(日)sun

cherryblossom 福生・熊川堤(多摩川の堤防)

福生市一番の桜の名所。

2.5kmの桜並木 cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom

Img_6583

Img_6586

Img_6588

Img_6584

例の三婆・・

各町内会の出店にて beer riceball フランクフルトソーセージetc.... を調達し、

シートを広げ、大いに駄弁る。

(花より団子・・ coldsweats01

4時過ぎ撤収 → 拝島駅 → 「おおしば(焼き鳥)」 → 8時半解散。

 

◆ 4月4日(水)sun

cherryblossom 立川 → shoe shoe shoe shoe shoe → 国立

年金月の例の会の散策。(参加者・男5人、女3人)

 

* 根川緑道

日野橋手前までの区 間は古い根川をそのま生かす。

根川 改修時(昭和10年頃)に植樹された桜が川を覆い、散り始めた花びらが花筏となる。

Img_6594

Img_6596

Img_6599

Img_6600

 

* ハケ上 → 貝殻坂橋 → 貝殻坂 → 国立へ入る。

Img_6601

Img_6602

 

* ママ下湧水

以前はワサビ田が広がっていた。

ハケ下の樹林に沿って、水と風と樹木の心地よさを感じることのできる散策道が続いている。

「ママ」「ハケ」とは・・ 段丘崖のことを表す古代語。

Img_6603

 

* 大学通り

Img_6609

Img_6612


 ウコン桜

 

 

 

 

 

 

Img_6608


 北半球の幹は反時計回りにねじれる・・

 とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンホールのデザインは、昔懐かしい国立駅の三角屋根駅舎。

Img_6613

街灯の飾りは、三角屋根駅舎 ・・ 桜 ・・ 三角屋根駅舎 ・・ 桜 ・・ 三角屋根駅舎 ・・ 桜 ・・

Img_6614

Img_6615


                                                       

おまけ・・

Img_6610


 百恵さんの家

 いまはだれも住んでいないらしいが・・

 

 

 

 

 

途中、ジョナサンで昼食をとり国立駅3時頃解散。

5時前に帰宅す。

(数名は居酒屋にて打ち上げ beer bottle beer

 

今年の春は一気に暖かくなり(5月の気候)、桜もあっという間に満開。

葉桜の入学式・・

新一年生は、ちょっぴり残念かな。

 

2018年3月29日 (木)

お花見 皇居乾通り ~ 目黒川 ~ 隅田川

cherryblossom 3月26日(月)sun

都内の桜、3月17日に開花・・ 24日に満開 cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* ♪

というわけで、お花見に出かける。

 

cherryblossom 皇居乾通り一般公開

東京駅丸の内口より坂下門へ向かう。

Img_6546

思ったほど混んでおらず・・

(というか、警備が行き届いていて、皆、粛々整然と進むわけです。

所持品、身体の検査を受け・・

Img_6548

坂下門内へ・・

Img_6549

Img_6551_2


宮殿

 

 

 

 

 

Img_6553

Img_6555_2


道灌堀・山吹の花

 

 

 

 

 

Img_6556

Img_6557

乾門より出る。

Img_6560

 

北の丸公園から日本武道館へ向かう。

(明治大学の卒業式があったようだ。
                                                             

 

cherryblossom 目黒川

Img_6563

Img_6564

Img_6565

Img_6566

 

cherryblossom 隅田川

日の出桟橋 - ship ship ship - 吾妻橋

Img_6573

Img_6574001

Img_6576_2


アサヒビールのビルに映る東京スカイツリー

                                  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吾妻橋で下船し墨堤を歩く。

Img_6579

Img_6580

Img_6578

 

気持ちの良い一日だった。

2018年3月 8日 (木)

お雛さま

3月3日

Img_6529

Img_6532001

Img_6533

Img_6534


                                                         

この季節になると 一応 お雛さまを飾る。

毎年のこと・・・

 

この日の朝、鶯の初鳴きを聴く。

 

寒い冬だったが季節は順当に巡って来てくれる。

(野菜の高騰は、まだまだ続くようだが・・・

2018年2月24日 (土)

JIYU GAKUEN MYOUNICHIKAN

2月14日(水) sun

 

「あのまちこのまちウオーキング」を離れ、重要文化財・自由学園明日館 へ。

 

* 明日館とは

Img_6451

 

* ホール

Img_6456

Img_6459

Img_6455

Img_6449

 

* 食堂

Img_6462

Img_6464

 

* 記念室

Img_6452

Img_6453

Img_6454

 

* 講堂

Img_6465

Img_6468

Img_6470_2

Img_6469


耐震補強工事の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時から明日館スタッフによる建物ガイド(喫茶付き600円・見学のみ400円)が開催されており、

建物のこと、フランク・ロイド・ライト、遠藤新のことなどを織り交ぜながら館内を案内してくださいます。

 

喫茶付きの場合、ホールで コーヒー紅茶 と クッキーケーキ をいただくことができます。

Img_6450

夜間見学(毎月第3金曜日の18:00~21:00・お酒付き1000円)では、暖炉が炊かれる(冬季)そうです。

Img_6461

 

明日館は、建物は使ってこそ維持保存できるとの考えから、

使いながら文化財価値を保存する「動態保存」のモデルとして運営されています。

そのため、次の3項目を大きなテーマとして修理工事が行われました。

①オリジナルの復元(ホールの窓枠・屋根の銅板葺きなど)

②恒久性を高めるための工夫(鉄骨による構造補強・雨漏り対策など)

③活用のための改善(冷暖房設備・照明設備・トイレなど)   ----- とのこと。

 

 

2018年2月22日 (木)

あのまちこのまち

2月14日(水) sun

市主催の「巣鴨から池袋を歩く」に参加する。

(当初、2月2日を申し込んでいたが雪のため中止になり14日に変更。 

 

JR巣鴨駅 → shoe → とげぬき地蔵 → shoe → 染井霊園 → shoe → 慈眼寺 → shoe → 本妙寺

shoe → 総禅寺 → shoe → 妙行寺 → shoe → 都電荒川線・新庚申塚駅 → train → 大塚駅

shoe → 雑司ヶ谷霊園 → shoe → 大鳥神社 → shoe → 雑司ヶ谷鬼子母神

 

* JR巣鴨駅正面口 10時スタートdash dash dash                                                        

Img_6423

 

* とげぬき地蔵(高岩寺)

巣鴨地蔵通り商店街の途中には、

病や心の棘を抜くということで多くの参詣者が訪れる高岩寺の『とげぬき地蔵』がある。

江戸の侍・田付又四郎が、

夢枕に立った僧のお告げどおりに地蔵の印を紙に写し川に流したところ、

妻の大病が回復したという言い伝えがあり、

今も御影(おみかげ)を求めて遠方から訪ねる人も少なくない。

Img_6424_2

Img_6425

Img_6426_2


 『洗い観音』

 病気の回復を祈り、身体の悪いところを洗う。

                                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

* 染井霊園

明治5年に開設された墓域6万7000㎡の都営共同墓地。

二葉亭四迷、 高村光雲・光太郎・智恵子、岡倉天心、若槻礼次郎ら著名人が数多く眠る。

cherryblossom ソメイヨシノ cherryblossom の名所としても知られる。

Img_6427_2

Img_6428_2


* 慈眼寺

芥川龍之介、谷崎潤一郎、小林平八郎(吉良方の勇士)らの墓がある。

谷崎潤一郎の墓は二つ存在し、

京都市左京区の法然院と、ここ慈眼寺にある両親の墓に分骨された。

『安楽寿院功誉文林徳潤居士』と刻まれた墓で、芥川龍之介の墓と背中合わせとなっている。 

Img_6429_2

Img_6430001_2

 

* 本妙寺

明治44年に本郷から移転。

明暦3年の大火(振袖火事)の火元といわれる.

(本妙寺の隣の老中阿部忠明の屋敷が火元という説もある。

明暦の大火の供養塔、遠山金四郎(江戸町奉行)、千葉周作(北辰一刀流の開祖)、本因坊代々の墓などがある。

Img_6431

Img_6432

Img_6433

 

* 総禅寺

Img_6434

明治末、現在地に移転。

徳川幕府の庇護を受け、五代将軍綱吉から赤門を賜り、以後『赤門寺』と呼ばれて親しまれた。

手塚治虫の墓がある。

 

* 妙行寺

明治42年、四谷から移転。

お岩様(東海道四谷怪談)の墓がある。

Img_6437001

Img_6435

Img_6436


* 都電荒川線

Img_6439

Img_6438

 

* 雑司ヶ谷霊園

明治5年に開設され、7年に共同墓地となる。

夏目漱石、永井荷風、竹久夢二、サトウハチロー、江戸家猫八、大川橋蔵、小泉八雲ら多くの著名人が眠る。

Img_6444

Img_6440

Img_6442

Img_6443

Img_6445

 

* 大鳥神社

正徳2年、出雲から鷺大明神を勘請したのが始まり。酉の市で賑わう。

Img_6446

Img_6447

 

* 雑司ヶ谷鬼子母神堂

昭和35年、東京都有形文化財指定。

昭和51年から54年にかけ、江戸時代の姿に復する解体復元の大修理が行われた。

平成28年7月、国指定重要文化財となる。

Img_6448

 

 

グループと別れ、自由学園・明日館へ向かう。                          

 

 

«ฅU•ﻌ•Uฅ の屋根に雪降り積む